#9-42. How to go to Dubai mall/Burj Khalifa…

 ここがドコだか分かる人はかなりのドバイ通だね!

 さて、日が変わり..
 翌日は超過密スケジュールにしたんで朝9時頃からDubai mallで、Louis Vuitton/Armani等を調査する予定で居たのだが、早速寝坊。(笑)

 9時に起きてしまった。(笑)

 

 12:30からBurj Khalifa122階のAt.mosphereでランチの予約が入っていますから遅刻はできません。
 (;^_^A
 さっさとシャワーを浴び、着替えます。

 

 

 強く明るい日差しが差し込む中..
 頑張って出発だぁ!

 ここThe Palace Downtown DubaiからDubai mallには歩いて7~10分チョットでいけたかとオモイマス。
 しかし、Hotelから直結しているわけではないので、隣接の地下Mallを通って移動することになります。
 初めての方には、不安になるかと思いますのでその辺をチョット深く掘り下げて書いておきます。

 

 ざっくりと書くと、ルートは以下の画像上の黄色い線(但し、移動は建物の中)を通る。(↓)

 pointは「一旦Hotelの外に出て、隣のMallに入る!」.. デス。

 ご存知の通りドバイは砂漠の国ですからね、季節(雨季/乾季)によって湿度がまったく変わり過ごしやすさは異なります。
 でも、このような気候故に地下にショッピングモールをつくりエアコンをガンガン効かせています。

 燃料の石油は沢山あるわけですからその辺は快適ですね!

 

 さぁ、ずんずん地下を歩きます..

 見て下さい。
 ず~~~~っと奥までまだまだ続きます。(笑)
 このままず~~~~っと進むと..

 Guest Services Deskの手前を右に曲がります。
 ココに来るまで沢山のお店がありますよ。(笑)

 様々なイスラムの文化を学び楽しめるモノがありました。

 

 途中、売っているわけではありませんが、このようなもの(↓)もありました。(笑)

 モノホンです。(;^_^A
 金額を聞かなかったのでわかりませんが、鷲か隼かわかりませんがこの鳥ちゃんと一緒に記念撮影ができるようです。

 

 私の場合、ココは素通りでしたが1つだけ興味をそそるものがありました。
 一瞬目を疑ってしまったのですが、「えぇの?」「だって、ここイスラムの国だよ?」って疑ってしまいます。
 しか~し、私は無宗教ですから?関係ありません。

 

 一体何が売られていたのかというと..(↓)

 こういうモノは国境を越えて世界共通のようです。(笑)

 ワタシも日本に戻ってから楽しめるようにお店に入りお買い上げ~!!(笑)

 

 ウソデス!!

 心の中では.. 
 ε≡へ(。´▽`)ノワーイ!!

 これ欲し~!! って言うのが本音ですがここはぐっと我慢しました。(笑)

 

 

 こんな感じでここドバイでは楽しむこと「も」できます。
 d( ̄  ̄)

 

 さて、建物から外にでると一気に蒸し暑さが辛くなりますが、それ以上の見応えある景色が広がります。

 建物を抜けるとこのような景色が広がります。
 (。´ω`。)イイネ~!! 

 

 この2枚の写真を合成すると..

 

 こうなります。(↓)

 毎度のギザギザPanoramaですが、なかなかいい感じです。(笑)
 正面がDubai mall..

 

 そして、この立ち位置から左を見るとBurj Khalifaが眼前に広がります。(↓)

 なんかパースみたいな雰囲気がありますが、私が撮影した写真に間違いありません。
 だってよ、毎度の合成シッパイの箇所が真ん中にあるし。(笑)

 本当に迫力あります。

 

 ついでに動画でも紹介デス!

 

 こんな感じでここドバイを代表する一角に触れることができるわけです。
 d( ̄  ̄)イイネ!

 

 十分この眺めを楽しんだ後、Dubai mallの中に入ります。
 寝坊したことによって、1時間弱しかDubai mall内を楽しめません。
 (ρ_;)

 でも、大丈夫!

 イイトコロを見つけちゃいました。(笑)
 それはね..(↓)

 Cacao Sampaka..
 そう、Barcelonaで見つけたあのチョコレート専門店デス!

 「今日のオススメ!」を確認し、当然イタダキマス!

 

 そして、ガッツリ頂いた後..
 もう1店見つけました。(笑)

 ここでも当然..
 少し前の記事で、俺の腹のなかにもベツバラが存在することが証明されたので、遠慮なくイタダキマス。(笑)

 

 本当だったらこの辺を重点に紹介していきたいのだが、ここまでは前振りみたいなもの..
 今日の本題はここからデス!
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 今日は12時半にAt.mosphereに予約していますから、「At.mosphereへの行き方」を案内したいと思います。
 実はこの「行き方」が大変重要で、多くの人が困る可能性を持っています。
 

 まず、At.mosphere(Burj Khalifa122階)への行き方は3つ..

  1. TaxiでArmani Hotelに行き、正面玄関から入る方法..
  2. 自家用車(或いは、レンタカー)でBurj Khalifaの駐車場に車を停める方法..

 そして、次が最も皆さんが多く利用される可能性のある方法
  3. Dubai mallで時間を過ごし、歩いてBurj Khalifaに移動する方法 デス。
    (注)モチロン、Armani Hotel宿泊者は説明不要かとオモイマスケド、ホテル⇔Dubai mallの行き来の点で役立てていただきたいと考えています。

 

 以下の画像を見てください。

 行き方をお伝えする前に、画像左上にある橙の楕円があるかとおもいますが、私はいつもこの位置でDubai fountainを楽しんでいます。
 Dubai fountainはギネスに認定されていますが、もう少し細かく言うと「噴水の噴出す(=装置)の幅」が世界一として認定されています。

 噴水はものすごい速さで右に左に噴出し移動もしますので、正面に座ると全体を眺めるのが難しいんです。
 右を向けば左が見えない.. って感じでね!

 橙の反対側もオモシロイですね!

 至るトコロにスピーカーが設置されていますので、素敵な音楽と迫力あるFountain Showできっと満足されるとオモイマス!
 是非どうぞ!

 

 さて、人工湖手前(画像中央左) の黄色いがスタート地点です。
 次に黄色い○迄向かって下さい。
 ここには守衛さんのいる出入り口があるのですが、「Armani Hotel宿泊者」や「Restaurant等を事前に予約してあるビジター」であれば通過することができます。
 宿泊者でしたら、「ルームナンバーと名前」を告げると確認し通してくれます。
 守衛さんにルームキーを見せることでもOKデス!
 顔を覚えられたら、次からはゲートに近づくだけで鍵を開けてopenの状態で待ってくれています。(笑)

 この「ゲートを通過する」ということがとても大切で、このショートカットであればDubai mallから10分もかからずにArmani Hotelに入ることが可能。
 しかし、このルートを通らないと歩いて20~30分くらいかかる大回りのルートで正面玄関迄歩いて行かなければなりません。

 今でも思い出すとムカつくんですが..
 (♯`∧´)
 Amexのオーバーシーズアシストのアホたれが、「Dubai mallの中で直結しているので外に出ずにArmani Hotelに入ることができます」等とほざきおって..
 何度も何度も繰り返し電話し、確認したのだが結局間違っていたということが分かったときは「怒髪天を突く」状態..
 (▼▼)

 3往復もさせやがった.. 
 アイツ..o(`ω´ )o

 

 オーバーシーズアシストは全く役立たずなので皆さんお気をつけ下さい。
 (;^_^A

 ゲートさえ抜けることができればあとは簡単です。

 

 有名な..

 大理石でできた「Armani Hotel」のパネル..

 入口横には5☆Hotelの認定証もありました。(↓)

 

 ここに到着するまでの至るところで反射のしまくりですから、必然的に俺も写ってしまっとる。(笑)(↓)

 というか写したんだけどよ.. 肝心の時にブレブレ。(笑)
 まぁ、ブレブレだからこうしてモザイクかけることなくupできるんだけどな。(笑)
 この写真を見る限り、この頃はまだ腹は出ていなかったようだ..
 (^人^)

 

 昨年5月の香港訪問以来、疎かになっていた「身体を絞る」っていう作業だが、最近はようやく顔も引き締まってきたし浮腫みも格段になくなってきた。
 掛かり付けの先生も引き締まってきたと認めてくれたし..(笑)

 さぁて、もうチョイ引き締めるとすっか。(笑)
 少なくともこの写真の時よりはスリムにしたいね!

 

 こうして、無事にArmani Hotelに到着したらあとは左奥のLounge手前のエレベーターでCorporate Suite迄行ってほしい。
 2階か3階downすればよかったかな?

 今回は1階余分に進んでしまったので昨年とは異なる方法で行きました。

 

 ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコルだっけ?
 ここも映ってたね!
 まぁ、至るところが映っていたが、ほとんどがどこか把握できたでな。
 なかなか嬉しいもんがあったよ。

 さて、エスカレーターを上ると..

 

 ここに出ます。
 本来は、写真右手から出てくる予定でしたが階の指定を間違えてしまったので写真左のエスカレーターから登場。(笑)

 ここのカウンターにいる受付嬢に「12時半にAt.mosphereで予約を入れてあるYuzoデス..」と告げるとアクリルボードで遮られたゲートが開きます。
 あとは、高速エレベーターにのって移動するだけです。
 でも、ここでは階数の指定を間違えることはゼッタイにありえませんからご安心下さい。

 

 だってよ..

 階数は「123階」と「C(corporate)」の2つしかありませんから。(爆)

 

 

 123階に到着したら.. 

 螺旋階段を下り、122階に移動します。

 じきに、At.mosphereのフロントデスク(↓)があるのでここで名前を伝えればOK!!

 

 次回の記事でAt.mosphereでのランチを紹介していきますが、2階上のAt the Top展望台に行かずとも素晴らしい料理を楽しみながら、最高の景色を楽しむことができます。
 今年は昨年のように貸切は行いませんでしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 At.mosphereからの景色はこんな感じです..(↓)

 

 ここはBurj Khalifaの丁度真ん中くらいでしょうか..
 最上階は165階だっけ?
 最上階はEmaar社のCEOの部屋があるって聞きました。
 最上階からの景色はこんな感じになるそうです..(↓)

 凄い高さですね!

 これがおよそ800mの高さからの眺めになると..
 いつか訪問して実際に自分の目で拝んでみたいものです。(笑)

 d( ̄  ̄)


Trackback URL

  1. LET
    2013 年 10 月 5 日 09:19 | #1

    Yuzo 様,こんにちは。

    もともと砂漠だったところに,これだけ多くの建物が造られたのですよね。
    実際に行ってみないと実感が湧きそうにありません。
    オイルマネーのパワーに驚きます。

    鏡のようなガラス壁?に写っているYuzo さんはスマートですね。
    以前の記事で拝見した時は逞しい体型のようにお見受けしたのですが,
    だいぶ絞られたのですね。

  2. Yuzo
    2013 年 10 月 6 日 22:02 | #2

    LET 様.. ( ̄^ ̄)ゞ

     是非来年はDubaiにどうぞ。
     お書きになったように、Dubaiという国は全くの「無」の砂漠の状態からここまでにした「技術」「国家戦略」も含め、確かに「オイルマネー」の凄さを肌で感じることができる唯一の国。
     私の中では、近年急激に「無」から「有」を生み出し成長を遂げている国(=パワースポット)という意味で、地球上でここがイチバン!と考えています。

     シゴトでも、誰も手をつけてこなかった分野・内容に踏み込んで開拓していくと言う意味を含め、私のしていることはまだまだ小さなことであり、小さな存在でもあるということを素直に認識しできる素晴らしい国だとオモッテイマス。
     まだまだ努力を重ねなければいけないと素直に受け止めることができる国なので、いつきてもとてつもないエネルギーを得ることができます。

     LETさんがDubaiに行くときは是非お知らせ下さい。
     様々なアドバイスができるとオモイマスヨ!
     是非、ご訪問下さい。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)