#7-35. Burj Khalifa ‘At the Top ‘訪問記2011(2)…

 いやいや、今日は久しぶりに8時間ほど寝てしまったよ。(笑)

 嬉しい限りだ。
 睡眠ってのは大切だよな、睡眠をしっかり確保するとシゴトが捗るはかどる。(笑)

 まっ、そんなハナシは置いといてAt the Topの記事に早速移りたい。

 

 まぁ、ヨロシクだ。
 おっ! そうそう、ブログの更新が途絶えたことで「大丈夫かぁ?」「○○(オレのこと)、生きてるか~?」等メールを沢山もらったが、ちゃんと元気に生きとるので安心してくれ。(笑)

 

 さて、Armani HotelからAt the Topに行く際是非楽しんで欲しい事が1つある。
 それは、ドバイモール前の人工湖の景色だ。
 詳しくはあえて書かないので、自分の目でその良さを実際に体感してほしいと思っとる。

 

 

 以前の記事で書いたようにArmani HotelのフロントからDubai Mallに最短で向かうにはホテルを出て右に向かう。
 pointは守衛の居るゲートから出入りすることだ。
 部屋のカードキーを’見せる’とスムーズに出入りできる。
 何度か行き来すると顔パスになるので便利。(笑)

 

 さて、今回紹介したいのはRoot Rightではなく、Root Leftだ。
 まずは、ここ(↓)から始めよう。(笑)

 フロントのスタッフが常時厳しい目を光らせている。(笑)
 左側奥の入り口はArmani Loungeにつながっている。
 Level.152のAt. Mosphere Grillに行く際もこっちだ。

 

 ホテルから出て左に曲がりずっと進むと様々な景色を楽しめる。
 右に曲がったらドバイモールまで5分。
 こっちのルートであれば、15分かかるだろう。
 初めて行く人は多分途中迷うと思うから(笑)、20分みとくといいと思うゾ。

 こんな感じでスタートし..

 

 表情がめまぐるしく変わり、結構楽しめる。
 

 

 しばらく歩くと..

 

 

 ドバイモール前の人工湖にたどり着く。
 この人工湖でDubai Fountainが毎夜行われ、確か30分おきに行われるのだが、毎回異なるショーとなるので何度行っても楽しめる。

 どの位置からでもそうだが、真横にはBurj Khalifaがそびえ立ち、頂上を見上げるのも一苦労。
 まして、写真を撮るとなるとなかなか大変だ。(笑)

 

 At the Topに行く為に、Armani Hotel宿泊者用のショートカットを用意してほしいとも思うのだが、こういう楽しみ方があると考えればまぁえぇだろう。(笑)

 

 さて、途中見事に迷ったこともあり、ホテルから20分ほどでDubai Mallに到着だ。(笑)

 ここまでくればチケット売り場迄ものの数分で着く。(但し、入り口は多数あるから注意してほしいがな)
 写真の入り口からであれば、入ってすぐ左に進めば1分も経たずに見つけることができるだろう。

 わからんかったら、コイツ(↓)を探すべし。
 めちゃくちゃ目立つので大丈夫だ。(笑)

 イチオウ簡単にいうと、ここ(↑)はAt the Topに行って来た人たちが出てくるゴール地点。
 まぁ、この隣りにチケットカウンターがあるのでわかるだろう。

 

 めっちゃ派手派手しいしな。(笑)
 こんな感じでな。(↓)

 

  

At the Top, Burj Khalifa…

 さて、At the Topに行くのであれば事前にチケットを購入したほうがよいと以前の記事で述べたが、当日券を購入するのであれば上の写真右手のオバチャン?たちがいるカウンターに進もう。
 事前決済してあるのであれば、印刷したAdvance Purchase Ticketを用意し写真中央左の(白Yシャツ&黒ズボンの)おっちゃんがいるところに進む。コレ(↓)が目印だ。

 
 このカウンターでは、チケット名とパスポート名などに相違が無いか等チェックされ当日発行の入場券が渡されることになる。

 入場券はこれ。(↓)

 奥のはパンフレットみたいなやつ。
 これ(Ticket)をもって奥に進む。

 

 

 こんな感じのBurj Khalifaの模型が展示され..
 奥というか隣りには入口がある。(↓)
 ここでは、セキュリティーチェックも行われているので、余計なものは持ち込まんことだ。
  

 去年だったか?
 どっかの国の青年が、展望台の通風孔から飛び降りたからいろいろと厳しくなっているのだろう。
 一昨年来たときは、ここまでチェックが厳しくなかったように思うゾ。

 

 この奥には..

 ちとオモシロイ通路が待っておる。(笑)
 それがコレ(↓)…

 

 

 そして..

 

 いろいろなメッセージが書かれているところを過ぎると..

 

 

 いよいよだ.. と感じさせる長いエスカレーターを上っていくことになる。

 この続きは次回とさせて頂こう。(笑)
 では、

 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 おっ、そうそう。
 ブログトップの写真なんだと思う?(笑)

 


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)