#11-09. Sky Shuttle : Hong Kong Heli Lounge..

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 

 

 

 年末から年始にかけて、このブログの常連の皆さまから温かいメッセージを沢山いただきましたが、未だに直接顔すら合わせたこともないにもかかわらず心潤い温まるのは何故だろうかととても不思議に思った。
 (;^_^A

 

 年末年始の1週間は俺もまったく手をつけることのできない状態であったので、何度も訪問してくれた読者には大変申し訳なかった。
 でも、こうして今年も無事新たに更新ができ嬉しくオモウ。
 それが何よりも嬉しい..

 皆さん、今年も宜しくお願いします。
 m(__)m

 

 

 さて、横松さん達の気遣いで香港島にあるSky Shuttle Heliport迄Hotel所有のベンツで送ってもらったわけだが今日の物語はここからはじまる..

 

 1年ぶりの香港訪問で、Juan Managerを始めJapanese Guest Relationsの皆さんとの再会を果たし..
 そして、改めてRitz HKのハード/ソフトの素晴らしさ、そしておもてなしの心の深さに感動したわけだ。

 今回Juanさんへのお土産は一旦スタッフに預け、Macaoから帰って来た日の夜に直接手渡しすることになった。
 忙しい中30分だけ時間をつくっていただいたわけだが..

 1年ぶりの再会とMacao/香港の旅のこと、日本のこと、そして仕事(日本の景気の話しも少々)..
 何よりもお土産に持っていった蒔絵のハナシ..

 お決まりのようだが30分のところ、結局1時間以上話しこんでしまった。(笑)
 絶対その後の予定を大きく狂わせてしまったよな。
 (;^_^A

 Juanさん、ごめんなさい。
 m(__)m

 

 このハナシは、またMacaoから戻ってきた時の為にとっておくとして..
 まずはSky ShuttleへのCheck-inだ。

 

 さて、車はチケット売り場に通ずるエレベーターまで10m程という場所に着けてくれ、初めての場所でも迷うことが無いようドライバーさんは最大限配慮してくれた。
 日本人スタッフでなくとも、Ritz HKのすべてのスタッフは細かい気遣いを怠らないトコロがすごい..

 エレベーターを出てすぐ左手に運行のタイムテーブルが表示されたディスプレイ(↑)があり..
 予定通り運行されているかをチェック..

 「scheduled(=運行通り)」がずら~.. っと並び、いよいよヘリで移動か..
 とやや興奮気味の自分に落ち着けと心の中で言い聞かす..(笑)

 このようなパネルが要所要所にある為、迷うことは多分ないだろう..
 Heliport Departure Gateへの移動もわかりやすい。
 正直かなり安心した。(笑)

 

 案内に従って進むと..

 ここでHelicopterを利用する人とTurbo Jetを利用する人が分かれます。
 写真のカウンターで名前を告げPre Check-inを行います。
 カウンターに向かって歩いてくる私を見て、カウンターの女性はコッチコッチと手招きします。
 正直なぜ私がヘリを利用するのを分かったのか分かりませんが、恐らくはこの時間に利用する日本人は私だけだったからでしょう..

 そして少々慌しい雰囲気が漂っているのを感じます。
 案の定、困った問題が発生です..

 先ほどはまったく気づかなかったのですが、こうして日本で記事化するということで画像を細かくチェックすると凄いことに気づきます。(↓)

 なんとCancelled(=運行中止)です。(笑)

 無事旅行を終え、こうして記事化できているから笑えるネタとして紹介できますが、このときは必死でした。
 だって、念願のヘリ移動ですからね。

 ここでオモシロイやり取りをしたことを思い出します。

 

 女性: 「あなたは○○様で間違いありませんか?」
 Yuzo: 「はい、その通りです。どうかしましたか?」
 女性: 「本日のフライトですが本日午前中の時点で中止となりました。現在ヘリでのマカオ移動は大変難しい状態です。」
 Yuzo: 「なんで?とっても楽しみにしていたのに..(ρ_;)」
 女性: 「現在曇りで雨も降っておりませんが、建物の外は大変強い風で.. このレベルだと危険な為ヘリを飛ばすことはできません。」

 Yuzo: 「Σ( ̄□ ̄;)マジで?」

 女性: 「申し訳ありません。今のところ14時出発までまだ少し時間がありますから、もう暫く様子をみることになっています。30分後にフライトがどうなるかの最終判断を行うことになっていますから、Loungeでお待ちいただくことはできますか?」
 Yuzo: 「わかりました。何とか飛んでくれることを期待します。(ρ_;)」

 

 女性: 「では、Loungeの場所はご存知ですか?もし初めてでしたらこちらの案内に従ってお進み下さい。Loungeで暫くの間お待ちいただけると助かります。そこで、スタッフが最終的にどうなるかをご案内させていただきます。」

 

 ということで、こちらの案内を受け取りました。(↓)


[クリックすると拡大できます。]

 ヘリでマカオに移動を考えている方は、iPhone上で画像を保存していただければ細かく見ることが可能です。お役立て下さい。
 m(__)m

 

 さて、案内を手に持って移動です。(↓)
 また同じものがSky Shuttleのweb上でも入手が可能ですから検索してみてください。

 因みに、ヘリのチケットはAmexで事前に決済してありますのでチケット購入過程の紹介はありません。
 ご注意下さい。

 さて、カウンターを過ぎ更に奥に進むと行き止まりに..

 多分またここでヘリで移動する人とターボジェットで移動する人が合流しているかとオモイマス。(笑)
 中央に見える階段を下ります。

 すると..

 

 イミグレですね。
 上の写真はe-channel専用ゲートです。
 正直分からなかったのが、私もここのe-channelを通過し、ここMacaoに向かうここのイミグレでも利用できるのかということ..

 結局、恥ずかしい思いをするのは避けるために通常の方法で出国します。(笑)

 

 イミグレを通過した後に、またここでもオモシロイことが起きます。

 ここでも私を待っていてくれたスタッフが居ます。(笑)
 この優しいそうな男性も私をガッチリマーク..
 カウンターの女性といい、この男性といい、私は簡単に見つかるようです。

 でも、多分ですけど..
 ヘリラウンジまでの案内を手に移動している日本人は私だけだからすぐ分かったんでしょうけど、でもこれってヘリの利用者は皆こうやって迎えに来てくれるのかな?
 Amexで手配をしたから?

 疑問でイッパイです。(笑)

 

 さて、彼がスーツケースを預かってくれてラウンジまで移動です。

 でも、正直言うと..
 案内もらったけど、迎えに来てくれて助かりました。
 多分、あの案内だけではたどり着くことはできなかったもしれません。(笑)

 柱の奥にエレベーターがあり、階を上がるとチェックインカウンター&セキュリティーチェック+ラウンジです。

 

 ひじょうに分かりにくいですが、ここがチェックインカウンターです。
 ヘリで移動する場合の預け入れ荷物ですが、確かmax20kgだか21kgが限度..
 もちろん超過料金を払えば大丈夫ですが、それなりにかかります。
 ※140129追記
  Helicopter搭乗にあたって、機内持ち込みはmax5kg迄預け入れ荷物許容量は7kgデス!
  訂正させていただきます。( ̄^ ̄)ゞ

 ヘリで移動する為には荷物の問題をしっかりと考慮しないといけません。
 ご注意下さい。

 

 今回ちゃんとLuggage Checkerを持ってきましたし、事前に情報を把握してありましたからバッチリです。
 d( ̄  ̄)

 私がニッセンで購入したLuggage Checkerはコイツ..(↓)

 1500円だか2000円くらいでこんな便利なものが購入できたので満足です。
 日常生活では、可愛いワンコの体重を量るのに使っています。(笑)

 

 

 チェックイン、荷物の預け入れ、セキュリティーチェックを終え..
 あとはヘリが飛ぶかどうかの最終判断を待つしかありません。
 無事飛んでくれるのを待ちます。

 チェックを抜けると、なんと素敵なラウンジが待っていたではないでしょうか..

 何とか(案内つきで)無事ラウンジまで到着することができました。
 次回の記事で、ラウンジ内の紹介とマカオへの移動に関する情報をupさせていただきます。

 新年しょっぱなの記事ですが、毎度の長い記事となってしまいました。(笑)
 今年も宜しくお願いします。
 m(__)m


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)