#13-24. ALAIN DEVAHIVE TOLOSA live in Hong Kong..(1)

Alain Devahive Tolosa_001

 今回の香港旅行最大の目的がこれ..

 

 

 

 2015-2/27~3/3迄Ritz HKのOZONEにて開催されるSpecial Event「ALAIN DEVAHIVE TOLOSA live in Hong Kong」への参加。
 今回これを大変待ちわびていました。

 

 以前Ritz HKに訪問し、思い出深いJuanさん夫妻と一緒に食事をしたあの瞬間..
 今となっては私の中でとても大切な思い出のひとつ..

 あの出会いが無ければ、いまのThe Ritz Carltonとの関係はない。
 そう思いつつ、今回のイベントに参加させていただいた。

 

 恐らくRitz HKでは年に何度かこういうイベントが行われているように思う。
 特に前Hotel ManagerのJuanさんはHotel Arts BarcelonaのHMでもあったこともあり、Spainの有名シェフを前回のようにspecial guestとして招き、OZONEを会場に本格的なスペイン料理を楽しんでもらうというイベントコンセプト。

 

 今回、The Ritz Carlton HongKongではguest Chefとして「アラン・デーバーハイブ・トロサ氏(ALAIN DEVAHIVE TOLOSA)」を招き彼のSpecial menuを楽しんでもらうというイベントが開かれた..

 

 アラン氏について少々触れさせていただくと、「世界のベストレストラン50」の第1位(2002年、2006~2009年の期間)に選ばれ世界で最も予約の取れないレストランの一つとして活躍したエル・ブジの元スタッフ。ご存知の方もいるかもしれませんが、2011年に突如閉店を発表し世界中を驚かせたスペイン料理の名店「エル・ブジ」のスターシェフ「フェラン・アドリア氏」の下で10年もの間彼の右腕として活躍されていたという経歴の持ち主と聞いています。

 

 現在は、シンガポールと香港でスペイン料理ブームを巻き起こす発端となった人気店「カタルーニャ」のオーナーシェフとして活躍..

 今回私はこのような素晴らしい料理を楽しみたくて香港まで馳せ参じたということになります。
 一体どんな素晴らしい料理が待っていたのでしょうか..

 

 

 

 と、本題に行く前にいつもの脱線ネタを1つ2つ..
 以前、今年に入っての支払いのことや更に前に電気料金のコトについて触れたんだけどそのネタで追加を..

 23日にSonyの4K TVの電気料金が確定した。
 といっても、電気料金チェッカーなるものをコンセントにかませると概算を出してくれるというもんなんだけど。
 やはり画面がデカイだけあって電気を結構食ってた。
 (;^_^A

 

 冷蔵庫の方が24時間ズット動きっぱなしだから、その金額をチョイと上回る程度かな~と予想していたのだけど冷蔵庫の1.7倍かかってたのは驚いた。
 ちなみに、冷蔵庫は月297円。4K TVは515円という結果。
 TVがついているのは夜中が多いので、時間が短いはずだけどそれでもこの金額ってのは改めて画面が大きいと沢山電気を食うんだね!って思った。

 そうそう、以前エアコンの電気代のことに触れたときがあったんだけど、その時の電気代に間違いがあったので訂正をさせてもらう。

 

 エアコンの代金は、電源off時にリモコンの液晶画面に「過去30日あたりの電気料金」と「過去7日の電気料金」の2種が都度表示される。どういうタイミングで「30日あたり」と「7日あたり」が切り替えるかわからんがごちゃ混ぜになっていたようだ。

 エアコンはリモコンの他にiPhoneのアプリでon-offもできるんだけど、そこに電気料金を表示することもできたのに気付き詳細を把握できた。
 結果は以下の通り..(↓)

IMG_1779

 真冬のど寒い時に1か月あたり3,200円~3,300円程度が正解です。
 まぁ、35畳のリビングをこれ一台で温めてくれそれでこれなら上出来かもしれんな。
 感謝感謝だ。

 

 現在、自宅ではかなりの電化製品がついてるんだけど、その多くがiPhone6 plusからon-offできるようになっているのはとても便利..
 天井のLEDライトは勿論調光や白色・暖色、常夜灯などの細かな設定もiPhoneで可能。
 TVはもちろん加湿器もイケル!
 AppleTVを購入してから全く必要が無くなったが、DVDプレーヤーも操作が可能。

 おかげで机の上に沢山のリモコンが置かれるっていう現象はこれによって完全になくなった。

 何と表現したらよいかわからんが、リビングのカドっちょに変に豪華なLEDライトと寝室のシーリングファン・ライトがあるんだけど、これらはまだ設定していないケドこれも設定は可能..

 リモコンは引き出しの中にしまっておいてiPhoneひとつで多くの家電を簡単に操作できるのはとても便利だな。

 唯一iPhoneで操作できないコトが確定しているのが床暖房..
 これができたら最高なのに..
 まぁ、冬場はタイマーで朝と夜中に時間で勝手にon-offされるので必要ないって言えばそうかもしれんけど。(笑)

 

 んで、今後スマホで操作できるi Home化を更に進めるために追加で決まったのが自宅の玄関の鍵..
 これも先日注文をし、9月に発送の予定らしいんで楽しみにしているわけだ。

 アプリを立ち上げて画面をタップすることで、施錠と開錠ができるという優れモノ。
 開錠後、時間が経つと自動で施錠する機能やこのいわゆる電子keyを友人知人にLINEやメールで送ることも可能らしいぞ。
 自分の持つ電子keyは24時間365日フルで活用できるけど、相手に渡す電子keyは「今日と明日だけ」とか「開錠できる時間帯を設定」することも可能なんだって。

 だからさ、彼女ができて「先に部屋に入って待ってて」なんて言うとき、彼女には制約条件付加型の電子keyをLINEで送れば彼女のスマホでも簡単に施錠開錠できるということになる。

 基本、Wi-Fiか携帯の電波を使って通信するらしいんだけど、建物の中で電波が届かないところがあってそこが運悪く玄関という場合は近くに行けば自動で Bluetoothにて通信するらしいから結構色々と深く考えられている感じもした。
 ちなみにウチは唯一玄関だけ電波が届かないので前述の利用法になるようだけどね。(笑)

 

 そうそう、開錠施錠履歴が残り常にアプリで確認できるらしいからある意味安全かもしれないね。(過信してはイケナイケド..)

 まぁ、4月だったか?デッカイ金庫も買ったんであれをもって勝手に開けられても移動はまずできんと思うし、金庫の中に新品に交換してもらったiPhone5を入れておけば仮に持っていかれたとしても追跡できるしね。

 結構オモロイ感じになってきているな。
 俺の自宅は..(笑)
 実際にそのガジェットが手に入り、みんなにお勧めできるようであれば写真付きで紹介しようともオモットルんでこうご期待だ。

 

 

 さて、本題に戻ろう!
 世界一高い場所にあるBarであるOZONE..

 ここで世界一の料理の片鱗を経験できるということで香港まで飛んできたのだが、いったいどんな料理だったのでしょうか?

 その前に、OZONEについて先にスコシ紹介しておきます。

Alain Devahive Tolosa_002

 場所やネオンの色でまったく異なる空間となってしまいますが、こちらはエントランスから一番奥に位置する場所..

 いまOZONEでは毎夜DJによるパフォーマンスが行われています。
 正直、BarというよりはRestaurantに近いんだけどそこを更にクラブのような感じで楽しむこともできます。

Alain Devahive Tolosa_008

 

 

 カクテルやお酒を注文できるカウンターとその隣りにはバーカウンターもある。(↓)

Alain Devahive Tolosa_014

アラカルトで料理もいただくことが可能ですよ。(↓)

Alain Devahive Tolosa_006

 

 

 OZONEにもOutside Terraceがあり地上より490mの高さでお酒と景色を楽しむことができます。

Alain Devahive Tolosa_012

 この時、見ての通りの曇天..

 撮影時雨こそ降ってはいませんでしたが、30分ほどしたら雨が降り出していました。
 上の写真の右手前にはカウンターが設置され、ここでもお酒を頼むこともできます。

Alain Devahive Tolosa_013

 

 では、大分長くなってしまったのでこの辺で区切りにしますが最後に「OZONEお勧めの楽しみ方 by staff」を紹介し今日はオシマイとします。

 

 まず、お勧めカクテルから..
 数多くある中のスタッフイチオシのものが「Aria118」と「Dragontini」とのこと。
 「Aria118」は「ウォッカ、酒、ココナッツラム、パッションフルーツ、ライチ、オレンジの香りのリキュール」を加え作り上げるそうです。
 「Dragontini」は「ウォッカ、ラズベリーリキュール、ラズベリー、柚子とバジルの泡」です。

 アラカルト料理の中では、「Mini wagyu beef burger」がお勧め。
 たぶん前回来た時.. Juanさんと話をしながらつまんだコイツ(↓)だと思う。

IMG_5423

 

 ここOZONEにも数多くのワインもありますし、OZONEになくても天龍軒(Tin Lung Heen)にはあるでしょうから..
 Benson Yanにお願いすればスグ手配して持ってきてくれそうな感じです。

 世界一高い場所のBarとして、ギネスにも承認されているOZONEでいただいたALAIN DEVAHIVE TOLOSAの素晴らしい料理は次回の記事で紹介させていただくことにします。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 毎度毎度長ったらしくてスンマセン。
 m(_ _)m


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)