#02-9. Landmark Mandarin Oriental ‘Mo-Bar’でAfternoon Teaを楽しむ…


['Mo Bar' in Landmark Mandarin Oriental]

 いや~、Mo Barのアフタヌーンティーは最高だな。
 こんなに美味しいスイーツはそうめったにあるもんじゃないゾ!!!

 

 久しぶりにHong Kong編に舞い戻ってきた。(笑)

 で、今回はタイトル通りAfternoon Teaを楽しんできたのでその記事をアップしたわけだ。

 

 さて、LMO “L900-Landmark Suite”でCheck Inを済ませ、Butlerに30分後にホテル内のMo Barにて”Afternoon Tea”を楽しみたいと伝え、今から予約を入れて欲しいと伝える。

 

 滞在中、私の担当となったButlerでもあるMs. Takahashiは本当に素晴らしく、すべてを完璧にこなしてくれた。

 

 このブログを読んでくれているかどうかはわからんが、滞在中すべてのことにおいて”素敵な滞在”へとつなげてくれたことを深くふかく感謝だ。

 

 さぁ、次回の香港はいつにしようかと悩むところ。(笑)

 

 実は、LMOに加えペニンシュラでの宿泊+ヘリチャーターも約束してしまったため、またペニンシュラにも泊まらなあかん。(笑)
 でも、Ritzからの素晴らしい夜景も堪能したいのでまた1週間ほどの旅行となるのだろうか…

 ペニンシュラのヘリポートを飛び立ち、Ritzにヘリポートがあれば香港フライトの後そのままヘリ・チェックインというのも面白いかもしれん。

 

 なんてったって、ペニンシュラとリッツカールトン香港は同じ九龍半島。
 Taxiで混んでも10分かからんだろう距離ゆえ、へりならほんの数分だろう。(笑)

 まあ、その無駄が楽しいというか、贅沢な味わいに違いない。

 

 いつものAmex Concierge Deskにヘリ・チェックインが可能か聞いてみるとしよう。

 

Mo Bar…

 チェックイン後、部屋で一息入れ早速Mo Barに出かける。

 が、肝心のMo Barの場所がわからない…

 Σ( ̄□ ̄;)ちーん

 

 Lobby Floorにあると言っていたのでとりあえずエレベーターで降りる。

 やはり、わからず…

 

 そこで、わからないときは聞くしかない!!
 ということで、フロントに駆け込む。

 丁度、Asian Beautyを兼ね備えた日本人女性らしいスタッフが居たので、「Mo Barがどこにあるか教えてもらえますか?(in 日本語)」と尋ねると、なんと彼女は日本人ではありませんでした。(笑)
 そう、彼女はMs. Vivianでした。

 (;^_^A
 Ms. Vivian ごめんね。
 最初、ホントに日本人かと思いました。(笑)

 

 ’Mo Bar’というコトバでMs. Vivianにはなんとか伝わっていたらしく、「あそこです」と教えてくれ無事Mo Barに到着。

 到着時、10名以上”待ち”の人が居ましたが、予約してくれてあったので「ビュ~ン」と10名抜き。(笑)

 

 すぐに席に着くことができた。

 

 

Order…

 アフタヌーンティーの楽しみ方は大きく2つ。

 スイーツは多分同じだと思うが、飲み物の選択で金額が多少変わってくる。
 アルコール有りと無し(JING tea in pot)の2種…

 ノンアルコールでアフタヌーンティーを楽しむ場合は、ジャスミンティー・ブラック・烏龍茶・日本茶などの中からお好みのものを選ぶことができる。(写真参照)

 

 どれが良いかわからなかったので、私はオススメがどれかを尋ねると…
 「”black”が私(staff)のイチバンのオススメです」と返ってきたのでそれをお願いすることになった。

 

 「”black”は、ここLMOのスペシャルブレンドで、すっきりとした味わいですからきっと気に入ってもらえますよ!」だそうだ。

 

 


[LMO Hong Kong Special Brend 'black'...]

 頼んだのがこの1杯(1種)なので”black”の味わいについて他との比較はできなかったが、とにかくスイーツが最高に美味い!!
 「おいおい、なんだこの美味さは。アフタヌーンティーでコレはアリか?」って、思ってしまうほどだ。

 

 LMOの”AMBER”というミシュラン2ツ星のレストランがあるのだが、そこを食事する時間がないというときは是非Mo Barだけでも利用してはどうだろう?

 

 恐らくは、AMBERのパティシエがここのスイーツを作っているのだろうな。
 素晴らしくレベルの高いスイーツだ。
 上をみたらキリがないだろうが、かなりの上位に位置すると思うゾ。

 完全に脱帽です。m(__)m

 

 味覚にはかなり自信があるので大丈夫かと思うが、このスイーツのレベルを他の人はどう思うのだろうか?
 もし私の思い(感想)と異なったとしても是非感想を教えて欲しいですね!

 

 ワゴンで運ばれてくる3段のスイーツの他にバイキングスタイルで自由に好きなだけ楽しめるスイーツもある。

 どのようなものがあったのかというと…

  ・Raspberry Cup Cake(ラズベリー・カップ・ケーキ)
  ・Lemon Cup Cake(レモン・カップ・ケーキ)
  ・Chocolate Cup Cake(チョコレート・カップ・ケーキ)
  ・Chocolate Donuts(チョコレート・ド-ナツ)
  ・Cinnamon Sugar Donuts(シナモンシュガー・ドーナツ)
 ※但し、上記のモノはふつ~です。
 もしかしたら他にもあるのかもしれないが、私が案内された席の近くにはこのようなもの(↑)が置かれていた。

 

 

Afternoon Teaを楽しむ…

 オーダーをすると、すぐに飲み物が出されるのだが、この3段の皿のワゴン?が出てくるまでに少し時間を要した。

 もしかしたら私がカップケーキやドーナツをパクパク食べているので、食べ終わるのを待ってくれていたのかもしれない。(笑)
 LMOのスタッフは本当によく気がつくんだよな。
 あれは本当に感心するよ。

 

 ココはモチロンBurj Al Arabではないが、私の顔を見るとほぼすべてのスタッフが毎回毎回声を掛けてくれた。
 しかも、名前で呼んでくれたからな。

 故に、運ぶタイミングを計ってくれたというのも十分に考えられるな。
 ここでもまたMs. Takahasiのハナシとなってしまうのだが、Ms. Takahashiは私の顔を見ると接客中でない限りほぼ全て私のところまで歩み寄り、必ず少しでも会話を交わしてくれる。

 フロントで会えば、部屋に戻る時はエレベーターに乗りドアが閉まる迄、外出する時はホテルエントランスを出て、タクシー乗り場でタクシーのドアが閉まる迄付き添ってくれる。

 なかなか凄いよココは。

 

 

 話はアフタヌーンティーに戻るが、上の写真のようにかなりの量のスイーツが出てくるので、これだけでも十分楽しめるはずだ。

 バイキング形式で自由に持ってこれるのはいくらでも食べて良いそうですが、流石に3段のスイーツは食べてしまったら追加は駄目のようだ。(笑)

 

 

 では、写真ですべてが最上位ランクのスイーツを紹介しようかと思います。

 ペニンシュラでのアフタヌーンティーはとても有名ですが、LMOのアフタヌーンティーのほうが比較するまでもなく美味しかったです。
 ペニンシュラのよさは、他に沢山あるのでしっかりと翌日以降ののペニンシュラ宿泊時の記事にバッチリ掲載させて頂くとしよう。

 とりあえずAfternoon Teaに関しては完敗です。

 ただ、もう少しで始まるペニンシュラ宿泊編ではペニンシュラ・ファンが喜びそうな素晴らしい記事を紹介できると思うので、このアフタヌーンティーについてはLMOに華を持たせて欲しい。

ペニンシュラもめちゃくちゃ素晴らしかったぞ!!!

 

 Mr. Yamaseとの出会いがペニンシュラでの宿泊を2倍も3倍も素晴らしい滞在につなげてくれたのだ。

 Mr. Yamase曰く、「マスコミ関係者以外ではバックヤードをここまでお見せした方は他にいらっしゃいません」って言ってたからな。

 

 それだけ、貴重な…
 そして素晴らしいものを沢山見せて頂いたわけだ。

 楽しみにしていて欲しい。

 

 肝心のAfternoon teaはというと…

1段目…

 

 2段目…
 本当にすべてが美味しかったのですが、この(↑)スイーツがめちゃくちゃ美味かった。
 チョコが大好きな私だからか?…

 上に乗っかってるのは”金箔”だった。(笑)

 

 ブルーベリージャムとマーマレードの量こんなにいらなくね?
 と、思いながらも3分の1くらいそれぞれ付けさせてもらった。(笑)

 

 真ん中のカップはプリンというか、ムースのスイーツというか…
 まあ、すべてが美味しかったゾ。

 LMOの’AMBAR’と’Mo Bar’は絶対オススメだな!!
 Hong Kong訪問の際は、是非お試しあれ。(笑)

 

[140414追記]
 私が書いた「真ん中の器に入っているプリンみたいなもの」って書いたことについて情報をくれた読者がいたので追記します。
 このカップに入っていたのはクロテッドクリームというものですよ.. と教えてくれました。
 ありがとうございます。m(__)m

 このブログも書き始めてもう3年.. 長いもんだ。(笑)
 こうして以前書いたものを機会あって見直すと、今では信じられんド素人的なことを 書いていたということで当時も自分のレベルが如何に低かったかがわかるな。(笑)
 まぁ、以前も書いたがma-yamanaka氏のブログにあこがれて始めたこのブログ..
 そして、ちょっと?沢山傲慢な?自己満ブログが基本となってしまっているが、情報の種類はともかく1つ1つの情報の濃さが伴うことで、同じような経験/体験を望むトラベラーに少しでも役に立てたらウレシイ..
 そう考えて現在も続けている。

 是非、読者の皆さんも気軽にコメントいただけると嬉しく思います。
 表現等大雑把というか多少傲慢さが出ているかもしれないが、根は正直で優しいニンゲンだと思っているので是非友好的にしていただけると助かります。
 d( ̄  ̄)

 間違った明記等があれば、是非どんどんコメントをいただきたいです。
 正しい記載に転化することによって、運良く?訪問していただけた方の役に立つのであれば本心で嬉しく思います。
 今後とも宜しくお願いします。

 

 

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
 また、記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。


Trackback URL

  1. Tokoの夢
    2011 年 8 月 5 日 17:40 | #1

    楽しみにしていたアフタヌーンティーの登場ですね
    本当に美しいお菓子たちです、その上お味も最上級とはすばらしいです
    3段トレイも考えられていますね、トレイからお菓子を取りにくいですからね~
    トレイからおろしてお皿ごといただけるのはいいですね
    ペニンシュラのアフタヌーンティーも楽しみにしています

  2. Yuzo
    2011 年 8 月 5 日 17:54 | #2

    Tokoさま
     こんにちは、いつもご訪問有り難うございます。m(__)m
     LMOのAfternoon Teaは本当に最高でした。
     恐らくは女性の皆さんの方が多くご存知かもしれませんけど、そこを見越してでもかなり自信を持ってお勧めできる場所です。
     機会がありましたら、是非Mo BerとAMBERどうぞ。
     
     Tokoさまのイタリア旅行記楽しみにしています。
     では、またお互いのブログで会いましょう!(笑)

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)