#02-23. Peninsula香港 The Roman Swimming pool…


[Peninsula HongKong Roman-Swimming Pool…]

ペニンシュラ香港に宿泊の際は、こういうところも是非楽しんで欲しい。

上の写真では(逆光で)わかりにくいかと思うが、Peninsula HongKongのプールはまた一味違う空気が流れている。
そして、プールサイドからの景色も素晴らしい。

プールの造りは’ ローマ様式で ‘ 神殿をイメージさせるかのような柱がど~んとある…

 

すべてにおいて完成度の高さがわかる。
下の画像はホムペよりコピペさせて頂いたのだが、室内からの景色がほんとうにえぇよ。

天気が快晴…
そして、室内に灯りがともされる。

すると、このような室内と景色(↑)が広がるわけだ。
現在は様々な建物も新たに加わり、写真のように全景ビクトリアハーバーというわけではないが、ほぼそれに近い状態だ。

さて、映像でも紹介をしよう。

 

 

さらにもう一つ角度を変えて…

 

 

悲しいことにいずれも逆光のため暗く映ってしまっている。
暗いところでも美味しい料理が撮影できるようにと、F2.0レンズを採用したカメラを選択したことがこういうところで仇となっていまったわけだ。
やはり、カメラを使い分けねばいかんようだ。

ハナシは変わるが、前々回の記事内の画像でもちと写っていたが、室内プールそしてフィットネスセンター[Gym](本館西ウィング屋上部分)からの景色は確かにえぇな。
現在、香港には世界最上位の位置にあるHotelであるThe Ritz Carlton HongKongがあるからな、そことは比べようがないかもしれんが、Symphony of Lightsを自室からみるという点でも位置は抜群だな。
そうそうフィットネスセンターには行っておらんので確信はないが、位置的に前々回紹介したThe Garden Suiteの反対側の位置にフィットネスセンターがあるものだと推測している。(実際に訪問時に確認して頂けると助かります。m(__)m)

 

プールから一歩外に踏み出すとメインテラス(Main terrace/Sun terrace)にアクセスが可能。
そのメインテラスはこちら(↓)。

前日雨が降り、ウッドデッキにスコシ水たまりが残っているが、夏の晴天時にはビーチチェア?が並びここで日向ぼっこができる。(笑)

画像ど真ん中(東ウィング最上階)がThe Garden Suiteだ。

 

メインテラス正面からの景色はこんな感じ(↓)。

‘香港藝術館’などの建物が昔はなかったので、景色が今よりももっとよかったと…
Ya○○○○氏は言っておったゾ。

 

ついでに、メインテラスの映像も紹介しよう。

 

プール/メインテラスを後にし、次に案内されたのはPeninsula HongKong内にある有名フレンチレストランだ。

 

 

French Restaurant Gaddi’s…

今回は、AMBERや龍景軒等に行ってしまった為利用できなかったのだが、「ここGaddi’s(ガディス)は長年利用する方がとても多いペニンシュラ自慢のレストランでもあります。」とYa○○○○氏…

「料理へのリクエスト、あるいは特別メニューへの要望にもお応えしていますので是非次回…」と言われてしまったので、次回必ず利用せねばならんな(笑)。

訪問時、丁度セッティングの最中だったので、撮影の時間を5分もらえないかとYa○○○○氏にお願いしたところ…
まさに鶴の一声(笑)

何名もいたスタッフは「ささっ」っと居なくなり、ライトも点灯(笑)
ほらっ、ご覧の通り。(笑)

 

やはり、ここまでして頂いたらまた宿泊するしかないな(笑)
渡航先の至るところで約束のしすぎだな(笑)、オレ。
まぁ、気持ちには応えていきたいので約束は果たしたい。

 

既に記事にした龍景軒では、前半は美味しかったけど、全体の評価では正直まあ美味しかったよ…と。
私の中ではせいぜい2つ星で十分かな…と。

というわけで、AMBERとどういう勝負をみせてくれるかという期待を込めて、Gaddi’s(ガディス)の特別メニュー且つ完全お任せメニューを楽しんでみたい。(笑)

 

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい。

 


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)