#02-22. Peninsula Rolls-Royce Phantom…

最高級のChauffeur Serviceがここにある…

前回の記事でペニンシュラの素晴らしい部屋を紹介したが、やはりペニンシュラグリーンで彩られたRolls-Royce Phantomによる送迎サービスも是非経験してほしいものだ。
ホテルのChauffeurServiceといえば、通常ベンツかBMWが多い。

しかし先日の韓国訪問時には、違う体験ができた。
宿泊したLotte Hotel Seoulへの送迎には韓国Hundaiの最高級車EQUUSが手配されていて、時には(自国の)国産車が優先してチョイスされることもある。(Amexに依頼をかけた手配では、EQUUS以外の選択肢がなかったとのこと…)

国やホテルによって違いがあるからそれはそれで楽しめる。(笑)

 


[Hundai EQUUS: 画像は拝借m(__)m]

費用は車種や距離にもよるのだが、日本円で片道1万ちょっと~数万で利用できるので是非オススメしたい。

 

今回、空港まではこの画像(↓)のようにペニンシュラグリーンのRolls-Royce Phantomを利用することができた。
ペニンシュラ香港でも、申込(予約)状況によってはベンツになることもあるようだ。
申込時にちゃんとRolls-Royce Phantom…としっかりとリクエストと確認をした方が良さそうだ。

 

 

あと数時間後にはこのロールスロイスによるAirport Transfer Serviceを利用し、Peninsula HongKongを後にする。
そう、いよいよ香港の旅も終わりに近づいてきたわけだ。

 

Rolls-Royce Phantomの乗り心地の記事はまた別の日にするが、Mr. Ya○○○○氏によるホテルツアーによって今回の滞在が一層素晴らしいものとなった。
(敬称’Mr.’を使い、語尾に’氏’をつけるのは文法上間違いなのだが、そこはご愛嬌ということで…m(__)m)

 

ホテルツアーといっては少々失礼だと思うが、Peninsula HongKongのstaffであり日本人總監でもあるMr. Ya○○○○氏直々に、ホテル施設等様々な場所を案内して頂けたわけだ。

Ya○○○○氏は、英国支配当時の趣を色濃く残すここPeninsula香港の日本人managerで、その権限は絶大…(笑)

ブログではお見せできないような様々な場所まで案内して頂けたわけだ。

 
そもそも前回紹介のThe Marco Polo SuiteやThe Garden Suiteはそう簡単に見れる部屋ではない。(と思う)

ホテルの安い部屋に宿泊し、安い料理を注文し、それでそのホテルの良し悪しを安易に評価してしまうときがある為、こういう機会はとても大切だと思っている。
また、そのホテルの奥深さや伝統・歴史などを知ることも出来るばかりか、例えば仕事の関係者と香港に滞在し、宿泊や会食をするといったケースではなぜそのホテルが選ばれたのかを気持ちを込めて説明することができる。
これって大切な要素だよ。
マジで。
モチロン、私たった一人に対しここまでしていただけるということは、大切な客人を安心してホテルに招待できるという裏づけにもなる。

だから、こういうことをしてもらえる=(私の)客人を大切に扱ってもらえるHotelという証しでもあるわけだな。

 

日本人スタッフが居てくれるというだけでも大変有り難いわけだが、正直ここまでして頂けたことに感謝の気持ちは本当に尽きない。

今思うと、なぜかわからんが” The Lobby “でのアフタヌーンティーではteaではなくcoffeeを頼んだ私のアホさからきた失敗もあり、この点は残念だったがPeninsula HongKongはやはり香港随一のHotelだということがわかる。
次回に限らず、香港に宿泊の際はペニンシュラに必ず宿泊しなければならないな。(笑)
ヘリチャーターの約束もあるし…(笑)

 

ハナシが飛んでしまったので、ここでロールスロイスに戻すと…
ペニンシュラホテル地下には、何台ものロールスロイスが置かれていた。

中には…

今もバリバリ現役のold-typeもあった。

内装は…
革張りシートの極上仕様(笑)

 

こんな感じで感動を覚えるものもあった。

 

そして、
現在メインで使用されているファントムタイプでは…

 

観音開きのdoorからは、超ゆったり空間の室内と

 

座り心地最上級のシートが用意され、座らずともその良さが伝わってくる。(笑)

 

身長182.5cmのワタシだが、足をバッチリ伸ばしてもつっかえることのない広~い室内(車内)はオススメだゾ。
空港から30分前後の距離だから、金額もそれほど高くないので是非香港に来たのであれば経験して欲しい。

 

まぁ、オマケで得意のギザギザパノラマ合成で紹介すると(笑)

こんな感じの室内だ。
素敵だよな~。(笑)

 

ところで、下の画像を見て欲しい…

 

右のオレンジの丸で囲ったところ…
これ、何だと思う?

これがご存知の方は、過去に世界のどこかでロールスロイスに乗ったことがある人だろうな!
間違いなく…

 

正解の方には、Business Classでいく香港5日間の旅にご招待します!!

 

 

なんてやってたらキリないので、(笑)
答えを言ってしまうと、

 

 

何かわかるかな?
なんと傘が収納されてんのよ。(笑)

 

外出先で予定していなかった雨が降ることがまぁたまにあるよな。
オレは基本台風すら避ける超晴れオトコなんで、旅行先で基本傘は使ったことはない。(笑)

しかし、こうしていつでも車に装備されていれば突然の雨も安心だ。

おもろいやろ?

 

こうして、バックヤードツアー in Peninsula HongKong 「Rolls-Royce Phantom編」は幕を下ろすのであった。(笑)
お楽しみ頂けたのであれば幸いデス。(笑)

 

 

 

おっ、そうそう忘れておった。
前回の記事で、24時間ButlerサービスとRolls-Royceが利用できるというハナシを書いたが、実はな買い物に行くときはもう1sizeちいさいMINI Cooperも待っているゾ。

デッカクて長~いRolls-Royce Phantomもええが、下の写真のようなPeninsula Greenで彩られたminiタイプもある。(笑)

 

カワイイやろ?
車の上のCarryBoxは、買い物時の荷物を入れておくためのもの。

スイートに宿泊の客に対し、ペニンシュラ仕様のMINIとMINIコンシェルジュ(専属ドライバー)が用意され、気軽にショッピングや観光を楽しむことができるという画期的なserviceだ。

スタイリッシュでカワイイペニンシュラグリーンで彩られたMINIとMINIコンシェルジェとともに香港の街を楽しむという新しい付加価値を提供しているペニンシュラは本当に素晴らしいよ。

 

ほんとオモロイサービスと付加価値を提供し始めているよな。

上の写真はペニンシュラ東京のwebから拝借したが、既に東京でもこのサービスは始まっておる。
ホテル仕様のカスタマイズされた’ MINI コンシェルジュ・サービス ‘ を機会があれば是非試して欲しい。

このようなサービスは他のHotelにはないからな、ペニンシュラが新たに手がける素敵なサービスだ。
他の追随を許さない、伝統あるHotelだからこそ生み出されたサービスといえるだろう。

 

 

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい

 

 


Trackback URL

  1. ma-yamanaka
    2016 年 8 月 31 日 04:57 | #1

    こんばんは!ご無沙汰しております。

    先日久しぶりにこちらのザ・ペニンシュラ香港の滞在を楽しんできました。こちらに紹介されていたMr. Ya○○○○氏にお会いできるかと楽しみにしていたのですが残念ながら会えませんでした。もしかしたら既に他のホテルに移動されているのかもしれないですね。

    結果的にはしばらくはリッツ・カールトン香港に通う事になりそうです!

    ではまた

  2. Yuzo
    2016 年 9 月 1 日 18:19 | #2

    ma-yamanakaさま.. ( ̄^ ̄)ゞコンニチハ!

     Ritz HK、そしてPeninsula Hong Kongと.. まぁほんとに羨ましい限りで何も言えません。(笑)
     今回のyamanakaさんの記事をみたらウズウズしてきてしまいました。

     以前大変お世話になったYaooooさん、もういらっしゃらなかったですか..
     長いことお勤めになっていたと思いましたがとても残念です。
     Yaooooさんは、日本に来たときは東京のamexにたまに顔を出すようです。
     PCにも伝えておきましたので、もし移られた先が分かったらブログ内で紹介させていただきます。

     やはり、この業界というかスタッフの入れ替わりが激しいですね。
     私の想像以上に大変な仕事なんだろうな..と思います。

     では、残りのコメはyamanakaさんの記事の中でお伝えします。
     いつも訪問ありがとうございます。

  3. Yaoooo
    2017 年 1 月 10 日 19:11 | #3

    Yuzo様、ご無沙汰しております。私はまだザ・ペニンシュラ香港に変わらず在籍しております。Yamanaka様にご利用いただいたときは出張か休暇の時期ににあたっていたのかもしれません。失礼いたしました。また是非お立ち寄りください。

  4. ma-yamanaka
    2017 年 1 月 13 日 22:45 | #4

    Yaoooo 様

    こんばんは。

    コメント頂きありがとうございます。次回訪問する時にはPEN香港の本当のサービスを受けることを楽しみにしながらお伺いします。

    Yuzo様 ブログ上でつないで頂きありがとうございました。

    以上です

  5. Yuzo
    2017 年 1 月 14 日 11:57 | #5

    Yaoooo様.. ( ̄^ ̄)ゞ

     本当に素晴らしいタイミングで連絡をいただきniceデス。m(_ _)m
     もうずっと前になってしまいましたけれど、その節は大変お世話になりました。
     あの頃は香港のイロハもわからず超のつくド素人で折角のAfternoon Teaでは大失態をしてしまいました。しかし、Yaooooさんのあのバックヤードツアーがあったからこそ大変満足のゆく滞在となっていますし、また訪問したいと思いました。
     記事の中でも沢山紹介できたので嬉しく、そして懐かしく思っています。

     近いうちに澳門に行かなければならない用事もある為、その時はPeninsula Hong Kongからヘリで向かわせてイタダキマス。もしくは、澳門からPeninsula Hong Kongですね。
     よろしくお願いします。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)