#10-26. The Ritz Carlton HongKong SPA ‘ESPA’で極上のひとときを..

 あ~.. Egypt行きたい~。(;´∩`)

 シゴトがいま一時的なピークを迎えているわけだが、なかなか更新する時間もとれず1週間ほど空いてしまったわけで..
 まぁ、仕方ないのだが行きたいけど行けないという葛藤と日々闘っておる。(笑)

 

 3月アタマからの1週間は無理ということで国外逃亡は諦めたが、往生際の悪いオレがいま企んでいるのはせめて3日でも休みをとって国内のどこかに行ってやろう!.. と綿密な調整をかけているわけだ。(笑)

 
 
 現時点での候補は3つ。

 毎度の「京都」でのんびりとするのもよし..
 そこで前から気になっていた「星のや京都」に行ってみるのもよいかもしれん。

 次の候補として考えているのは、大自然のなかでひたすら「ぼぉ~」っとするのもイイカモという思いから「Sankara Hotel&Spa屋久島」に久しぶりに行ってみたいなと..

 最後の候補にあるのが、なんと同じく「鹿児島」だ。
 鹿児島県霧島市.. そう、霧島連山の麓にある国内最上位レベルの宿泊施設..
 どのくらいの人がここのコトを知っているのかわからないのだが、ここにすんばらしいリゾートがあるのさ。
 その名を「天空の森」..

 毎度の小ネタということでチョイト、「天空の森」のオハナシをさせて頂きたい。
 よろしくだ!
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 詳細は天空の森のホムペ[ http://tenkunomori.net/index.html ]を確認してほしいのだが..
 ここはなかなかのもんだゾ!

 北の「あかん鶴雅別荘鄙の座」、南は「天空の森」っていうワタシの中での位置づけ..

 ホムペの写真をお借りし、m(__)m
 いくらか紹介しますが、東京ドーム13個分の広大な敷地の中にたった5つのビラがあり、個々が完全に独立しているというトコロ..

 山の頂上?にビラが建てられていることもあり、周りは全て自然..

 そのような中で全てを忘れ、数日感を過ごすという極上のひと時が味わえるわけだ。
 

 リビング棟とベッドルーム棟がそれぞれ独立していて部屋だけで180㎡が確保されているが、見ての通り周りには自然しかなく超開放感に浸れるわけだ。
 自然回帰といえばいいのだろうか..

 

 上部にリンクしたURLから入ると..

 こんな情報が出てくるでな。

 是非、都会の喧騒やひと時でもシゴトから離れ心を休めたいと願う人はここ「天空の森」の極上リゾートをオススメするゾ。
 (●´ω`●)

 

 プライベートビーチはないが写真にもあるように温泉もあるし、Spaもある。
 食事も宿泊しているビラでとることもできるし、敷地内にて無農薬有機栽培によって育てられた食材を使って朝晩の2食が用意されているってのも嬉しい。
 床は温泉をはりめぐらせた床暖房なんで、至るところに感動が山盛りじゃ。

 まず満足しない人はいないと思うゾ!

 あえて言うならば、雨が降ったら辛いかもしれん..

 この点だけは注意すべし!

 

 そうそう、敷地内のヘリポートからプライベートフライトを楽しむこともできる!
 近場で言えば、「霧島連山」周遊..
 ほんの少し離れれば現在も噴煙を撒き散らしている「桜島」の河口近くまで飛び、普通はみられないアングルで楽しむこともできる。
 少し時間と費用がかかってしまうが、屋久島までひとッ飛びすることも可能。
 ここでの楽しみ方は無限!(ではないが..) そういう比喩が相応しいように感じる。

 

 さて、本題に入るとしよう!
 Juan夫妻との素晴らしい夕食が終わり、夜中にホテル内を探険してきたわけだが、とうとう朝日が昇り新しい出来事を紹介することになる。

 今回は「The Ritz Carlton Spa ‘ESPA’」の紹介だ。

 

 

The Ritz Carlton Spa ‘ESPA’…

 Treatmentの詳細は割愛するが、まずはESPAの施設を案内して頂けたのでupしておきたい。

 SpecialをSpa-cialと表現しているここRitz HK内ESPAだが.. Hotel客室、ラウンジだけでなくやはりここも素晴らしいファシリティーが整っていた。
 贅沢且つ優雅なひと時を過ごすにはもってこいの空間だろう。

 

 まずは、ESPAエントランスから..

 

 The Ritz Carlton Spa ‘ESPA’は116th Floorに位置し、118階のpoolとともに世界一の高さにあるSpaとFitness clubだ。
 ここでもRitz HKカラーでもあるゴールドを基調とした落ち着きのある優雅な雰囲気漂うSpaだった。

 

 受付から撮影したものがコチラ(↓)..

 

 受付左手には、ここからfitness clubに移動できる秘密の?エレベーターがあります。(↓)
 (;^_^A

 この後、fitnessに向かいましたのでGymとpoolのハナシはまた後で。

 とりあえずは、Treatment roomに向かいます。
 が、お客さんのいないところなら.. ということで施設内を案内してくれることになりました。
 (^-^)v

 

 

 ここは(↓)受付の隣りの部屋で、ハンドケアというのでしょうか..
 確かネイルなどの手入れをしてくれる部屋じゃなかったかな?(とオモイマス)
 説明をして頂きましたが、すっかり忘れてしまいました。
 (;^_^A
 ごめんなさい。

 

 ワタシはオトコですから、こういうことに関する詳しい知識は持ち合わせていませんが、リッツのことですからこういった1つ1つにも力を入れているんでしょうね。
 きっと。

 

 次の部屋に移ります。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 次の部屋はすんごいです。
 もちろんワタシは一人なので利用はしませんでしたが、「Private Couple’s Suite」という極上のTreatment Roomになります。
 

 カノジョとの癒し旅で二人同時にこの部屋で施術を受ける..
 (もちろんエステティシャンのオネーサマはいるが、)となりをみると素っ裸に近い彼女がトリートメントを受けている姿を眺める..

 お~!!ε≡へ(。´▽`)ノ

 妄想のし過ぎで大分エロさが溢れ出てしまったが(笑)、こういうひと時もえぇなぁ~。
 (ρ_;)

 

 カノジョを香港につれてきたいな~.. と思うYuzoであった。(笑)

 

 さて、このカップルズ・スイートはまだまだこんなもんじゃない。
 Treatment Roomの隣りには、豪華なドレッサールームもあり~の。(↓)

 

 

 シャワールームplusジェットバスあり~の..(↓) 

 で本当に贅沢すぎます..
 (ρ_;)

 

 このカップルズ・ルームの素晴らしさはまだあります。
 Σ( ̄□ ̄;)わぉ!

 

 見て下さい。
 ジャグジーに浸かりながら、この景色を楽しむことができるんです。
 ちょっとエロティックですが、絶対にカノジョを連れてこよう!
 そして、このサプライズは絶対にイケル!と心に誓うYuzoであった。(笑)

 

 そうそうこの場でこういうコト言うのは変かもしれんが、あえて言わせてほしい。
 スパでトリートメントていうかエステうけるときってさ、オイルとかがついてもいいように下着とかはきかえるじゃん。
 女性はいいかもしれんけど、オトコのあの紙パンツっていうか不織布でできた使い捨てのパンツ..
 あれってパンツのようでパンツになってないよな。(笑)

 

 特にSpainのHotel Arts Barcelonaで滞在した時のことなんだけど、Suite room Benefitという扱いでトリートメントが受けれるわけよ。
 そん時に身につけたパンツがほぼT-バックで前逆△だから.. まっ、一応ついてます。
 でも、隠れてませ~ん。
 って感じだった。(笑)

 あれはサイコー!というか(男性用なんだけど)限りなく女性がつけるんじゃね?っていうものでかなり笑えた。
 まっ、どーでもえ~な。
 そんなハナシはよ。(笑)

 

  

 さて、暴走したので今度はfitnessへ移動します。

 

 fitnessは118th floorです。
 ここはほぼ490mの高さでスカイツリーの展望回廊よりも高い場所で泳ぐことができるんですね。

 ESPAからは受付横の秘密のエレベーターから2F上がります。

 1~2分で到着しますが、ここも雰囲気いいんです!

 この入口を入るとGymがあります。

 ドアを開け、中に入るとこんな眺めが広がります。
 

 ワタシはGymでこういったトレーニングマシーンを使うことは基本的にありませんが、最新の機種はいろいろ工夫というか機能があるんですね!
 

 だって、こうなっていました。(↓)

 なんかこんな風になってるんだったら、お気に入りの音楽を聴きながらで結構楽しいかも!
 って思ってしまいます。

 利用はしませんでしたけどね!
 (;^_^A

 

 

 最後にswimming poolです。

 

 壁面がディスプレイとなっていて、心地よい音楽が流れビーチにいるような気分です。
 でも、右を見るとここがどこなのかがスグに認識できます。(笑)

 そう490mの高さで泳いでいるのです。
 Σ( ̄□ ̄;)ひぇ~

 

 角度を変えて撮影すると、また雰囲気が異なります。(↓)

 このイス全部持って帰りたーい!
 って思ってしまいます。(笑)

 今年のGWはゆっくり利用させてもらうつもりです。
 m(__)m

 

 さて、いよいよThe Ritz Carlton HongKongの記事も終盤に近づいてきました。
 なんと、この後以前紹介した部屋とは別の部屋に移動です。

 なんとCarlton-Suiteという素晴らしいお部屋に移動となります。

 移動というのも変なオハナシですが、その辺はまぁツッコマナイデおいてください。
 そして、いよいよ台北に向かうことになります。

 台北ではな~んもしませんでした。(笑)
 ただ小籠包のお店をハシゴしただけ~。
 一応、食後の運動も兼ねて移動は全て徒歩で一切taxiは使わず..
 途中Taipei101にも寄りました。

 そのオハナシはまた今度..

 

 

 また近いうちにupしたいとオモイマス!
 では、毎度のぐんない。
 ( ̄^ ̄)ゞ


Trackback URL

  1. LET
    2013 年 2 月 8 日 18:30 | #1

    Yuzo 様,
    お世話になっております。
    ブログを拝見し,リッツカールトン香港に行ってみたくてたまらなくなっております。

    そこで,御報告いたします。
    Yuzo様 にアドバイスをいただいたおかげで, JALのマイルを使って年末年始のキャセイパシフィック航空の香港への特典航空券3名分を取得することができました。
    残念ながらビジネスクラスは埋まってしまっていましたが,直行便と同じマイル数で台北に寄る日程を組めました。ストップオーバーと言うのですよね。

    香港での宿泊は,ぜひリッツカールトンを予約したいと思っています。家内と息子を説得しなければ。
    クラブフロアにアクセスできるリーズナブルな料金の部屋が良いのですが,アメックスのコンシェルジェによれば,現時点でFHR特典のある部屋はスイートルーム(28000HKD以上)のみで,他はラックレートとのことでした。
    スイート以外の部屋でFHRの対象になる部屋が出てくるかについては分からないそうです。

    リッツカールトン香港のサイトを見てみましたが,眺望の違いが良くわかりませんでした。Yuzo 様は「Club Deluxe room」を予約されたとのことですが,お勧めの部屋はありますでしょうか?
    ホテル内のレストランについてもご存知の範囲で教えていただけるとありがたいです。

    それにしても,こちらのブログでコメントさせていたいただいたことをきっかけにして,GWの台湾や,年末の香港への旅行計画が進んでおり,不思議な感じです。

  2. Yuzo
    2013 年 2 月 9 日 01:05 | #2

    LET 様

     Ritz HK.. ほんとに素敵ですよ~。
     客室も含めた全施設だけでなく、あの素晴らしいホスピタリティーは最高です!!
     私もGWはとても楽しみにしています。
     The Ritz Carltonの記事もあと何回かで終了してしまうのですが、少しでも多くLETさんのように「Ritzに行きた~い!」と感じて頂ける方を増やしていきたいです。絶対オススメですもん。(笑)

     そうそう航空券のコトですが、JALのマイレージを利用して1周とれたのですね!
     おめでとうございます。(^_^)∠※PAN!
     いろいろと例外というか裏ルールがあって面白いですよね、教科書に載っていないこういうお勉強でしたら私は好きデス。(笑)
     多分デスケド.. 年末年始のBusiness Classは予約可能な日には無くなってしまうと考えるしかないんでしょうね。
     でも、事前に何日から手配が可能かを把握していたら確実にイケマスヨ! (m`∀´)mイッヒッヒ

     今回お話にありましたストップオーバーですが、定義的にストップオーバーとワンストップは異なる扱いなんですが、航空会社によっては、ストップオーバー≠ワンストップではなく、「=」か「≒」となるものがあります。ただ、色々とルールというか条件があって、やはりCathayが香港のフラッグシップキャリアのようにホームグラウンドで起きる現象なんです。
     この場合、ストップオーバーとして24時間を超えた扱いのときに生じる費用が「無し」もしくは「微々たる程度」が加算され、私がよく使っている2カ国3カ国訪問が安易に可能となります。
     これも小まめに調べていくと色々見えてくるものがあって、今後もどんどんupしていきたいと考えています。

     私もまだ自分の経験しながら勉強している状況ですからあまり詳しくは知りませんが、少しずつそういう裏ルールを見つけることも楽しみながら旅を楽しませてもらっています。

     さてさて、香港の宿泊についてですがご家族のご説得については100%お願いするとして..(;^_^A
     Ritz HKの方は私からHotelに近日中に連絡させて頂きます。
     イチバンはRitz HKのJGRの方と直接お電話でお話になって決めるのがよいかと思います。
     眺望として、Harbour Viewは必ずリクエストして押さえて頂くとして、金額とかは時期によって異なるようですから直接確認し、アメックス経由で再度予約してもらうのが理想かと思いますよ。

     ご承知かと思いますが、Ritz HKはおおよそ直方体になっていますので、東西南北全ての方向に部屋がありますからね。予約の際は、Harbourという名前がつく部屋は外さない方がよいと思います。
     一度でもRitz HKに行くとホムペでもわかるんですけど、初めての方はなかなかわかりませんよね。

     私の場合、Club Deluxを予約したのですがこれは知人が宿泊し、その写真を見てスゴい!って思ったんです。
     実際そこしか知りませんでしたし、その写真からするとさぞかし上位の部屋と思っていたら、クラブアクセスのできるLow End Roomでしたからビックリでした。そこから驚きのUpGradeでしたから重ねて驚きです。
     
     FHR指定の部屋については、これもLETさんがお書きになった通りなんですが、実はこれもルールがあるようです。
      
     問題なければLETさんのメアドに私の方から直接送信させて頂きたいのですがよろしいでしょうか?
     私の名前程度ですけど個人情報も含まれますから、リスクを考えてブログを介さずダイレクトがよろしいかと思います。
     ( ̄^ ̄)ゞ
     またRitz HKにおけるFHRのルール等この場でそれを書いてよいのかわかりませんので、問題なければ併せてメールのなかでコッソリとお伝えしたいと思います。(笑)
     私のアドレスがそのまま名前になっているので、重ねて自己紹介も兼ねさせて頂きますね。(笑)

     よろしいですか?
     bxで始まるメールに送信させて頂いても..

  3. LET
    2013 年 2 月 9 日 08:14 | #3

    Yuzo 様,

    この度は,大変ありがたいお申し出をいただき恐縮しております。
    せっかくですので,是非お言葉に甘えさせていただきたいと思います。

    メールをお待ちしております。
    私も方も自己紹介をさせていただきますので,よろしくお願いいたします。

    海外のホテルのスタッフと電話で直接やり取りするという発想は全くありませんでした。
    本当にいろいろ勉強になります。

    台湾も香港も中国語圏も今度が初めての旅行になります。
    さらに個人手配でもあり,家族に満足してもらうために,
    移動手段や訪問する場所など段取りをしっかりしておかなくては,と思っています。

    正直,仕事中にも頭から離れない状態です。
    その中でも,高い場所に位置し料金も高いリッツカールトン香港のことが大半を占めています(^_^;)

  4. ぴじょ
    2013 年 2 月 9 日 22:25 | #4

    Yuzo様

    相変わらずお忙しそうですね。
    3月の海外逃亡も国内になりそうとありましたが、天空の森はおととし泊まろうとしたら、平日でも満室でした。
    今、弟夫婦が鹿児島の旅を楽しんでいますが、鹿児島いいですよね。

  5. Yuzo
    2013 年 2 月 9 日 23:50 | #5

    LET 様

     先ほど直接メールを送らせて頂きました。
     記事並みに長~い「初めましてメール」です。

     驚かれないでくださいね。(笑)

     今回、私なりのButlerやHotel Conciergeの活かし方も書かせて頂きました。
     参考になれば嬉しいです。

     台湾、香港もすっごくイイトコロです。
     中国語(広東語)圏ですけど、全然英語で大丈夫ですし楽しんで頂けると思います。
     是非、今後simフリーのpoket Wi-Fiやテザリング可能な携帯電話を1つお持ちに下さい。
     一層旅の中身が濃くなって更に楽しくなりますよ。
     私はiPhoneなんですけど、map上で自分のいる現在地を把握できるのはほんと役立ちますもん。

     もう既にお仕事中にも頭から離れられない状態のようですから、いずれパッケージツアーなんて利用できなくなりますよ。(笑)
     GWも年末年始も待ちきれませんね!(笑)

     では!

  6. Yuzo
    2013 年 2 月 10 日 00:03 | #6

    ぴじょ様

     お帰りなさいませ。( ̄^ ̄)ゞ
     ぴじょさんのブログも毎日拝見させて頂きましたが、(大変な思いもされているのは承知していましたが)とても羨ましかったです。
     ラクダとの写真やBurj Al Arabを背景にした写真はと~っても懐かしかったです。(ρ_;)

     海外逃亡は結局諦めることになりまして..
     京都1泊、屋久島1泊の弾丸に決めました。(笑)
     天空の森は予約が出来るようでしたが、PCに予約してもらおうとした時この時期はまだ寒いですよぉ.. なんて、アドバイスを頂いたので急遽変更です。

     星のや京都で1泊し、伊丹空港から屋久島に直行便がでているのでSankara Hotel&Spa屋久島に再訪問してこようかと思っています。
     既に航空券、Hotelも予約終わりました。( ̄^ ̄)ゞ

     今回もいつもの弾丸ですが、楽しんでこようと思います。(笑)

     それにしても、ぴじょさんといい本当によいご縁というかよくつながりますね!
     「天空の森」や「鹿児島の旅」もコメントを読んでびっくりしました。
     ほんと、どこかのラウンジでバッタリとお会いすることがありそうです。(●´ω`●)

     その時は少しオハナシさせてください。m(__)m

  7. LET
    2013 年 2 月 10 日 15:40 | #7

    Yuzo 様,

    お忙しいところをメール下さりありがとうございました。
    貴重なお時間を費やして下さったことに申し訳ない気持ちです。

    事前にホテルのスタッフとやり取りをすることは考えていませんでした。
    今後,意識して情報をいただくようにしたいと思います。

    携帯電話については,私はガラケーしか持っていません(^_^;)
    海外での有効活用について少し勉強してみます。

    子どもが生まれてからは,初めて行く場所はパッケージツアーで,
    2回目以降は個人手配をしていました。
    今年は台北も香港も初めて行くのに個人手配なので,気を引き締めて準備をする予定です。

  8. Yuzo
    2013 年 2 月 11 日 03:14 | #8

    LET 様

     いえいえ、私も好きでしていることですからお気になさらずに。
     もう何年もパッケージツアーを利用せずAmexで個人手配ばかりですから、情報収集は自分自身で行わなければなりません。時間と手間はかかりますが、逆に今ではそういう手間を楽しむようになりました。
     出発前からそういう面でも楽しんで準備しています。
     私の場合はPCに協力して頂き、半年以上前からそういう準備をしているのでとっても楽しいです。

     Simフリーのオハナシですが、今後海外旅行の質を高める為に多分必要になるかと思いますので、少しずつ情報収集されると楽しさが増えますよ。(笑)

     折角ですから、GWの時にifc mall内のapple storeでSimフリーiPhone5を購入するのもイイカモしれません。
     (●´ω`●)
     日本に戻ってきて、今お使いのガラケーをiPhoneで使えるようにするっていうのもアリですね!

     また、今後もいろいろとお話しさせて下さい!
     私の知ることでしたら喜んでご紹介しますから。

     今後もよろしくお願いします。m(__)m

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)