#10-27. Carlton Suiteで贅沢なひとときを..

 

 今回の滞在を機に思ったことんだが..

 

 これからThe Ritz Carlton HongKongに宿泊する時は少なくとも2種類の部屋に泊まってみようかと思う。(笑)
 なんでかっていうとな、全部屋を制覇してみるものオモロイかもしれん.. と思ったわけだ。

 っていうか、実は既に今年の分もそうなっているんだけどね。(笑) 

 香港に到着した初日にClub Harbour Island。
 翌日からマカオで2泊..
 んで、帰ってきてDeluxe Island Suiteに1泊で既に予約を済ませた。
 まぁ、ノーマルな客室は除きクラブアクセス付の全部屋制覇を目標にしよう!! って思っとるわけだ。
 でもよ、1泊120万のThe Ritz Carlton Suiteはゼッタイムリ!!!

 これは機会があれば見学させて頂き、宿泊した気分に浸らせて頂くということでヨシにしよう。(笑)

 

 言う必要もないかと思うが、The Ritz Carltonはホント気に入った。
 極上の施設だけでなく、スタッフのおもてなしの心がホント気分いい。
 パッケージツアーで利用した場合どんな感じの対応になるのかわからないが、俺は安い素泊まり滞在より値段が高い正規料金でもいいからコッチを選ぶな。

 チョイト聞こえは悪いが、金額どうこうってよりも「満足感重視!」ってコトだな。(笑)

 

 今年のGWも楽しめると嬉しい..

 

 

 ここで書いちまうとネタバレになってしまうんだが、「出産祝い」と「お礼」、そして日本が大好きのJuanさん夫妻が「より日本(文化)を深く広く好きになってほしい」ということを含め、今オモロイ計画というか準備をしている。

 何かというとな小瓶ではあるが「日本を代表する(と言っても過言ではない)日本酒」と「漆器の杯」をお礼にもって行こうとオモットル..

 日本酒はいいものを見つけたよ。
 幸先のいい始まりだ。
 あまり詳しくは書けんが、山口県のある蔵元のものでこの日本酒について何人かに尋ねてみたところ確実に日本を代表するレベルの日本酒のようだ。
 「そもそもどこでそんな情報を仕入れた?」とか、「日本酒の頂点にあるといってもよい酒じゃないかな、それは..」とか
 お酒を販売している人にも評価を尋ねたが申し分のない高評価しか返ってこない日本酒だった。

 
 日本酒という全くもって得意な分野ではないとしてもそういうのをかぎ分ける嗅覚というか.. 我ながらエライよ。(笑) 
 Yuzoスゲー!! (^_^)∠※PAN!

 まっ、得意の自画(自我)自賛やな。(笑)

 

 まだ手元にはきていないが、暫くの間は販売店の下で管理/保管してもらいGWの出発前日に到着するようにお願いした。
 だってよ、自分ではそのつもりはなかったとしても、知識不足によるタブーを踏むことで僅かでも品質落としたくないでな。
 (^-^)v
 夫妻がワインを水のように飲む酒豪ということは以前記した体験の中で目の当たりにしたわけだが(笑)、日本酒がイケルかどうかは正直聞いておらん。
 まぁ、この点は聞かずにおくことが理想かと..
 言葉を返せば、日本酒を飲んだことのない外国人であったとしても「深い味わいと香り」が楽しめる(と思われる)ものを厳選したわけだ。
 ネットでの評価や知人によれば「日本酒とは思えないフルーティーな香りを楽しめることができるゾ!」と口を揃えていう..

 

 この最高の日本酒を日本文化を代表する漆器の杯で楽しんでもらおうと考えているのさ。
 漆器とはいっても簡単に入手できるものでなく、金・銀で文様を描いた蒔絵の杯をズバリ用意するつもりだ。
 しかも、order(特注)でな.. ♪(´ε` )

 

 こういうときもAmex Concierge Desk ‘Life Style servise’が心強いんだよ。
 以前、各部署にPCが居ると書いたが、先月末だったか早速電話してなこの件でお願いしたわけだ。
 どんなリクエストかというと「日本文化の素晴らしさが伝わる漆器(蒔絵)の杯をJuanさん夫妻に贈りたい。ホンモノの漆器を手に入れることのできる人を探して欲しい..」とな。

 ご承知かと思うのだが、「蒔絵(makie)」というのは「漆器の表面に漆で絵・文様を見事なまでに描き、乾かないうちに金などの金属粉を器面に定着させたもの(技法)」である。
 金箔づくりといえば「金沢」、そしてその金箔を加工しものを創りあげるところが「京都」である。
 京都は私の大好きな都市であるが、同じPlatinum HolderやCenturion Holderでさえ体験していない超specialな特別拝観を過去に何度も経験している私であるが、それを全てプロデュースしてくれた某F氏推薦の店を今回紹介してもらったわけだ。

 

 今日もPCとハナシをしたんだが、F氏によろしく伝えて欲しいということと以前からリクエストをあげている超超specialな特別拝観の手配を改めてお願いしておいた。
 それはな2005年の暮れのハナシなのでもう10年近く前のコトなんだが、当時総理大臣であった小泉純一郎氏がアメリカのブッシュ元大統領とローラ婦人を京都に招き、金閣を案内したことがあったの覚えてっかな?
 既知の通り金閣は足利義満が建てた3層構造の建造物で1階2階3階とすべてつくりが全く異なるのさ。
 んでっ、いまお願いしているのがその金閣の特別拝観(+内部探険付)なのさ。
 イチバン興味があんのはよ、1点のくもりと汚れどころかつなぎ目すらない全面「漆」の床と壁がすべて金箔張りの3階部分があってな.. そこを生でみたいと..

 そうブッシュ元大統領と同じメニューを体験したいとお願いしているのさ。

 

 F氏の力を持ってすれば可能なようだが、もし体験できることになったとしても残念ながら一切公開できんでな。
 ブログ中で文字による自慢のみとさせて頂こう。
 お許しあれ。m(__)m
 基本、特別拝観中一部の重要文化財は写真撮影があかんことになっとるのさ。
 でもよ、駄目なもんはガチで駄目なんだが、オモロイコトにそれでも結構撮影させてくれるのさ。(笑)

 なんでだと思う?
 まぁ、それがF氏の紹介.. っていうことでの暗黙の了解みたいなもんだ。

 ちと詳しく言うとな.. 住職さんでええんかな?
 まぁイチバン偉い方が案内してくれるんだが、「ご案内中撮影が可能な場所と出来ない場所がございますのでご注意下さい」と事前にちゃんと教えてくれる。
 そして、案内途中こうも付け加えてくれるのさ「撮影がよいか悪いかはその都度お伝えしますのでご安心下さい。撮影になりたい箇所があったとき、私が近くに居れば都度お尋ね下されば結構ですから」.. ってな。

 特別拝観ってくらいだから当然仏像を含め普段公開していないパンフレットに掲載されているような誰がどうみても感動する素晴らしいものを見せて頂けるわけだが..
 途中「関係者以外立入禁止」と書かれたところにズカズカと入って行き、他の一般見学者から「あの人たち一体なんだろう?」と不思議がられているのを知ることもまた一興..
 ことごとく「立入禁止区域」に侵入し(笑)、幅15cmくらいの南京錠を外し、ものすっごく大きな扉を開け.. って感じの特別拝観が1~2時間くらいかけて行われるわけだ。
 特にそういう特別なものと場所ではゼッタイに写真に収めておきたいと誰もが思うよな。
 でも、決まってそういうトコロは当然撮影不可だ。(笑)
 
 モチロン、そういう撮影してはいけない場所に案内される途中、「これからご案内するところでは撮影をお控え下さい..」とダメなところはちゃんと事前に教えてくれるんだが、中に入りその素晴らしいものを目の当たりにすると駄目とはわかってはいるけど撮影したくなってしまう.. (ρ_;)
 まぁ、これ常識だね!(笑)
 そこで、どうしても撮影したいと涙ウルウルでお願いすると..
 (‘;ω;`)

 住職: 「あっ、申し訳ございません。今から僅かな時間ですが席を外させて頂きますので暫くここでお待ち頂けますか?」

 と空気を読んで言ってくれた人も居た。(^-^)v

 
 「席を外すので..」なんて言う表現もまぁわざとらしいわな。(笑)
 あくまで例えの表現とわかっちゃいるが、そもそもそこに席は当然ないし、2~3分すると10m程度離れ直接見えないところから「○○さま(=俺)、十分お楽しみ頂けましたか?」とか「もうお済になりましたか?」などと声をかけてくれる。(笑)

 「もうお済になりましたか?」 (;´∩`)???

 って思うよな。(笑)

 もう分かったと思うんだが、「知らないふり」「見なかったふり」をしてくれたわけだ。(笑)

 過去にそんなサプライズもあったんだよ。
 しかも、何度もな。
 これもF氏の紹介で特別拝観させてもらったからだ。
 F氏はそれだけの人物ってワケだ。

 

 Amexのサービスの1つでもある「京都・奈良の寺社特別拝観」..

 

 Goldも含めたAmexメンバーは高台寺や圓徳院でのラウンジのみを楽しんだという人も多いかと思うが、「特別拝観」っていうレアな体験も一生思い出にのこるでな、Platinum会員はゼッタイ体験した方がえぇゾ!

 圓徳院ではこんな感じの景色を見ながらゆっくりと時間を過ごすこともできる。(↓)

 

 
 因みに前述の待遇はすべての寺社で体験できるわけではないが、既に幾つとは言えんが片手の指くらいは経験しておる。
 (^-^)v

 

 京都の寺社の枯山水の石庭は本当にスバラシイ!

 特別拝観は過去に数多く経験したで沢山写真を撮ったんだが、手元に写真はあっても公開できんものばかりなんでこの点が辛いな。
 モチロンいま紹介している写真は誰もが楽しめる場所のものなので問題はないことは付け加えておくぞ。(笑)

 

 個人的に気に入っているのがこの写真(↓)..

 

 龍は個人的に好きなんでね!
 結構撮影したんだ。(^-^)v

 建仁寺の五爪の龍なんて圧巻だよね。
 建仁寺の特別拝観もなかなか面白かったゾ!

 妙心寺も満足度高し!!

 隠れ茶室にも案内してもらったりしたなぁ..(↓)

 特別拝観.. 一体いくつ行ったんだろう?
 (つд`)?

 

 そういや、和菓子も頂いたことあったゾ!

 懐かし~な~..
 (ρ_;)

 あ~.. 早く金閣に潜入したいよ。
 (F氏はこのブログの存在は当然知らんが、)「Fさん、是非よろしくお願いします~。m(__)m」と心よりお伝えしたいですね。(笑)

 

 

Carlton Suite…

 さて、続いてCarlton Suiteの紹介です。
 本日夕方の飛行機で台北に移動するわけですが、この素晴らしいお部屋に大変短い時間でしたが案内頂きました。

 決して宿泊をしたわけではありませんのでご安心下さい。
 社会勉強/社会科見学をさせて頂いたという意味合いで捉えて欲しいです。(笑)
 (;^_^A

 

 ここCarlton Suiteは上から2番目に位置する部屋のようで何もかもが豪華..

 「次回は是非このお部屋にご宿泊下さい..」 と頼まれても躊躇してしまいます。
 でもDay useのような形で利用できるのならイチバンですね!
 確かこの部屋には24時間対応の部屋付Butler or Conciergeがつくって言ってたかな..
 あれ?別のHotelだったか?
 Peninsula HongKongは部屋付ConciergeとRolls-Royce Phantomだかcooperが滞在中いつでも自由に使えるって言ってたよな..
 それとおんなじじゃん! って思ったからたぶんそうだとオモウ..
 自信ないけど.. GWの時に確認してきます。( ̄^ ̄)ゞ

 

 まぁ、分不相応の部屋であったことはマチガイナイ..(爆)

 

 Carlton Suiteの部屋は観音開きの入口から始まります。

 

 

 扉を開け、中に入るとまず執務室があります。(↓)

 
 その先がダイニングテーブルとつながっている大きなリビングルームです。(↓)

 大きなシャンデリアに加え、大きなTVが全部で3台..
 バスルームのも入れたらこの部屋で何台のTVがあったのかな?(笑)

 

 でも残念なコトが1つありました。
 この部屋に来て、たっくさん写真を撮ったのですが、外に向かって撮影したものはことごとく逆光で満足いく写真ではありませんでした。
 ですから、数少ない写真で紹介していこうかと思います..
 (ρ_;)

 

 さて、今度は寝室に移動です。

 

 まぁ、寝室でこれだけ広いのも珍しい.. って思いましたよ。(笑)
 だってパノラマ撮影じゃないと入んないんだから。(;^_^A

 といっても、2枚を合成しても全体が収められません。(笑)

 Ritz HKのホムペにもこの部屋の写真は使われていましたが、でっかいテレビがここにもあります。(↓)

 

 見て下さい、この景色..
 マジで素晴らしいですよ、丁度この日雨は降っていませんでしたがしっかりと曇り。
 Hotelのこの部屋と同じところに丁度雲があります。(笑)
 面白いですよね~。

 

 曇っていましたけど、Ritz HKのHarbor Viewをリクエストするとこんな感じの景色を見ることができます。(↓)

 

 多分イチバンよいHarbor Viewの部屋はこの位置だと思います。
 私の部屋からも同じようにビクトリアハーバーが見えましたが、圧倒的にこの部屋の方がよいですね。(笑)

 

 というか壁一面が窓になっているこの部屋は凄すぎます。
 この部屋からみるSymphony of Lightsはまた格別かもしれません。
 いつかはこの部屋にお金をちゃんと払って宿泊してみたいです。(;^_^A

 

 あまりにも眺めが素晴らしいので窓枠が入らないように窓に近づいて撮影したものがコチラ(↓)..

 この写真(↑)を見ると、一度でも香港に遊びに行った人であれば分かるのではないでしょうか..
 Peninsula HongKongのNew Tower及びヘリポートがあんなに小さく見えます。

 
 そして以前紹介した映月樓(↓)の入る建物も写っています。

 このハリネズミくんかわいいですよね!
 また食べいこっと。(笑)

 

 続いて、バスルームになりますが..
 これまた豪華なんです。

 ダブルシンクなんですが、大きさ・豪華さのいずれも前日に宿泊した部屋とはまた別格です。

 

 バスタブはというと.. (↓)

 部屋にどぉ~ん!.. と。

 写真をみたらスグ分かりますが、バスタブの奥には扉があって全開にすると右からも前からも入浴シーンを覗くことができます。(笑)
 (●´ω`●)

 

 カノジョと一緒に来たらえ~のぉ~。
 ♪(´ε` )

 

 う~ん、でもこの部屋に連泊できるようにもうちっと稼がなあかんな。
 だってよ、今のレートで1泊55~60万くらいすんもん。

 

 ガンバって働くか。(笑)

 

 さて、続いてシャワールーム.. (↓)

 

 更に、毎度の写さなくてもいいんだけど写してしまうトイレ.. (↓)

 

 まぁ、Carlton Suiteはこんな感じの超豪華な部屋でした。

 ホントはもっと撮影したんですが、逆光だらけでとっても残念です。
 (;^_^A
 撮影だけさせてくださいって、GWの時にお願いしてみよッかなぁ..

 

 

 今回の記事はこんなところで終了です。
 週に1度くらいの更新あるいはよくて2度程度の更新頻度になっているのが心苦しいですが、3月になればスコシは落ち着くのではないかと考えています。

 そしたら頑張って週3でできる時は更新させて頂きます。
 m(__)m

 よろしくデス。


Trackback URL

  1. LET
    2013 年 2 月 13 日 18:00 | #1

    Yuzo 様,

    Juanさんご夫妻への素晴らしいプレゼントをご用意されており,それも特別注文とは。
    大変失礼かと存じますが,Yuzo さんは御多忙でいらっしゃるのにマメな方だと感心してしまいました。

    私はYuzo さんほど忙しくはないと思いますが,
    正直申し上げて,面倒くさいとか,ホテルにリフレッシュに行くのに気を遣ったら却って疲れるとか思ってしまいます(^_^;)

    また,お人柄だと思いますが,Yuzo さんの交友関係の広さにも驚きました。
    アメックス・プラチナ会員向けの特別拝観は機会があれば行ってみたいです。

  2. Yuzo
    2013 年 2 月 13 日 22:44 | #2

    LET 様

     既にお酒は押さえたことは既に書きましたが、3月頭に京都に行きますからその時にF氏に紹介頂いた漆器を扱うお店に寄らせて頂き、詳しく打ち合わせをさせて頂くことになっています。
     本日、メールを頂いたのですが、そこには「京都の漆器店として日本を代表する老舗であり、ほんとうに品質の高い漆器を取り扱っている..」 と、ありましたのでとても楽しみにしています。
     
     ブログでは、もうすぐ香港のお話が終わってしまいますが、私自身とても楽しい思い出を頂くことができました!
     そのお礼はゼッタイにしたいですし、基本こういうことするの好きなんです。
     とくにJuanさん夫妻ですから尚更デスね!( ̄^ ̄)ゞ
     多分私の旅というのはRelaxationやの~んびりというよりは、「世界中で友人知人をつくる旅」なのかもしれません。そういうトコロに時間とお金を使う(遣う)ことを制約する理由が全く見当たりませんし、そういうことをしている私自身もまたそれを楽しいと感じているんでしょうね!
     ワタシ独特のリフレッシュ法なのかもしれません。(笑)

     私自身事業を営んでいるということはご承知かと思いますが、私はシゴトでストレスを全くといってよいほど抱えません。仮にあったとしても本当に極ごく一時のコト..

     年中こんな感じで過ごしています。(笑)

     上には上がいくらでも居ますから偉そうに言えませんが、シゴト大好きニンゲンなので少なくとも1日15時間は働こうと思っています。(笑)
     ですから充実感はありますよ。
     確かに疲れは溜まりますけどストレスは全くといってよいほどないので、常に新しい「感動」と「発見」を追い求め、多分その過程で疲れから自分を癒しているのでしょうね。
     旅行は自分への「ご褒美」でもありますからね!

     シゴトも旅も「追求」していくことで自分を高めているんだなぁと思うときがよくありますから、多分これがワタシ流の「旅」なんだと思います。

     台北は本当に小籠包を食べたくて寄らせて頂いただけなので、ブログの記事としてそれほどupできないと思います。結果、じきにDubai&Barcelona編が始まることになりますが、両都市でも香港に負けず劣らず素晴らしい厚遇でした。
     私以外の他の方がもし同じ体験をされたら、行動に移すか移さないかは別として多分同じ気持ちになると思います。と~っても楽しかったですし、心から満足していますから。

     今のところシゴトはとても楽しく、お金は追い求めることをしなければ勝手についてきてくれます。私にとって深く強く追い求めるのは「満足」と「品質」..

     これが私のシゴトの仕方です。
     人生楽しく生きたいですからね!
     シゴトは人生を色濃く、豊かにするイチ手段としか考えていません。(笑)

     最後に、是非京都の特別拝観に行って下さい。ホントいいですよ。
     でも、あの楽しさはオトナしか分からないかもしれません。(笑)
     家族では難しいかも.. デス。
     お仕事で京都に寄る事があったら、是非どうぞ!
     お一人でも十分楽しめますから。(^-^)v

  3. LET
    2013 年 2 月 14 日 13:04 | #3

    Yuzo 様,

    「世界中で友人知人をつくる旅」と「楽しく仕事をする」,とても共感できます。

    ただ,私は所帯持ちでサラリーマンですので,
    1人で旅行したり,ストレスなく仕事ができる訳ではないです(^_^;)
    それでも家族にも同僚にも恵まれており,ありがたいと思っています。

    人脈作りのことで思い出しました。
    ご存知かもしれませんが,「一生モノの人脈力」というキース・フェラッジという人が書いた本があります。
    昨年12月に新装改訂版が出ています。

    http://amzn.to/X56hbB

    お読みになると仕事の参考になるのではと思った次第です。
    ただ,ほとんどの内容はYuzo さんでしたら既に実践されていることかもしれませんが。

  4. ぴじょ
    2013 年 2 月 14 日 13:17 | #4

    Yuzo 様

    LET様同様、私もYuzoさんの人柄に関心&ほれぼれしちゃってます。
    くれぐれもお身体だけは大事にしてくださいね。

    屋久島は3月の頭なんですね。
    私は、今週末、アラビック続きで落ちてしまった免疫力回復に、鹿児島の黒豚を食べに引退前のMD90に乗って奄美に行って、小型機で他の島めぐりをしようか、翌週末がエジプトで知り合った方を訪ねて米子と出雲に行くので、今週末はおとなしくしていようか考え中です。

    私はいつも突然旅ですが、YUZOさんのように計画を立てて行くと、無駄なく楽しめるのかもしれませんね。
    これからも参考にさせてくださいね。

  5. ぴじょ
    2013 年 2 月 14 日 15:02 | #5

    Yuzo様

    度々すみません。
    adminさんの所にもかきましたが、
    Yuzoさんの京都行きとadmin様のハイアットを見ていて私も行きたくなり、
    ツレの出張ついでに週末お泊りしようと思いましたが、
    出張が来週になったことと、お犬様のことを考え、急きょ箱根のハイアットに行くことにしました。
    一休ではドックフレンドリールームは満室でしたが、
    PCに電話で聞いたら普通の部屋もスイートも空いていたので、電話をしてみるものですね。
    ドックフレンドリールームは、アメックスのサービスは対象外。
    部屋は広いですが景色が悪いなどあまりよくありませんが、
    今回はお留守番ばかりのお犬様サービスと言うことで・・・(^_-)
    箱根のお湯に浸かり、黒い玉子を食べて来ようと思いまーす。!(^^)!

  6. Yuzo
    2013 年 2 月 15 日 22:45 | #6

    LET 様

     LETさんはご家族がありますから、確かに私のようにの~んびり・気ままな旅は確かに難しいかもしれませんね。(;^_^A
     でも、お話を聞いていると「いいなぁ~、毎年ハワイにしかも家族で..」(●´ω`●)
     って感じてしまっていて、最近家族での旅行に憧れがでてきてしまっています。(笑)
     是非、LETさんのブログでもGWの「飛行機」「台北」「香港」.. そして「ご家族」のお話もupしてください。
     とっても楽しみにしていますから。(^-^)v

     人脈作りのことに触れられていましたけど、その文献は全くの初めて聞くものでした。
     本当は多くの著書に触れるべきなんでしょうけど、ワタシ実は本を全く読まないんです。でも、折角ご紹介頂きましたので、早速注文しました。(笑)渡航の飛行機の中でじっくりと読んでみたいと思います。有り難うございました。

     あと、以前台北でのオススメ店についてお尋ねになっていましたが2つほど紹介させて頂きますね!
     あくまで「小籠包」のお店のお話ですから、家族会議で「了解」を得られたらどうぞ。( ̄^ ̄)ゞ
     ここ最近、台湾における人気No,1「小籠包」は「點水樓(ディエンスイロウ/テンスイロウ)」と聞いています。
     本当にワタシ.. 小籠包だけ食べて他にほとんど食べずにハシゴするつもりでいますので、小籠包以外のことはわかりません。でも、美味しいらしいですよ。(笑)
     點水樓南京店はThe Regent Taipeiからでしたら、ワタシは歩いていっちゃいますね。
     ホテルを出て南京東路一段の方に南下し、四段まで真~っ直ぐデス。
     歩いて多分20~30分くらいはかかると思いますが、2軒目(2件目)にハシゴするための軽い食後の運動として丁度よい距離だと考えています。(笑)
     あと、実はもう1つありますよ。
     そのお店はThe Regent Taipeiから多分歩いて数分くらいのはずです。だって、Hotel北側の通りを挟んで斜め前ですから。(笑)
     お店の名前は「京鼎樓(ジンディンロウ)」です。
     ここも私の小籠包の食いしん坊リストに入っているお店デス。(笑)
     ここだったら、こっそりと1人で行ってこれますよ。( ̄^ ̄)ゞ

     是非どうぞ!

  7. Yuzo
    2013 年 2 月 15 日 23:08 | #7

    ぴじょ 様

     お褒めのお言葉を頂きウキウキしてしまっています。(笑)
     スグ調子にのってしまいますのであまり褒めないで下さい。(●´ω`●)

     体はホント大切にしなくてはいけませんね。(シゴトで酷使シテマスケド..)(笑)
     好きでしていることというのか、趣味というか.. 日々楽しみや生き甲斐、充実感を得るにはシゴトがイチバン!って考えるので、どうしてもシゴトばかりしてしまいます。
     シゴトを通じてもそうですが、旅をしても色々なところで意気投合し、仲間?友人?が増えてしまいます。
     基本お節介焼きというか、喜んでもらうのがすきなんですよね。
     これでO型ですから、周りからは血液検査誰かと間違ったんじゃない?なんてよく言われています。(笑)

     あと、鹿児島は3/1~1週間でEgyptに行こうと考えていましたから、その辺で行ってきます。
     屋久島・京都の弾丸ですが、楽しんできますね!
     adminさんのところにも書きましたけど、ぴじょさんも是非東山行って欲しいです。
     ゼッタイお勧めのレストランですよ。
     中東の料理も慣れるのに時間というより期間がかかりますから、是非京都の料理を楽しんで欲しいです。
     ホントに藤口さんの料理はスゴイですよ!
     ゼッタイびっくりするかと..(;^_^A
     感動もんデス!

     今回は、カワイイお犬様をケアして頂き、みんなで楽しんできてください。
     中東の旅行時のように是非毎日upしてくださいね!
     毎日チェックしていますから。(笑)
     ワタシハ週1~2デスケド..(笑)
     楽しみにしていま~す。

  8. kirara
    2013 年 2 月 16 日 14:49 | #8

    Yuzoさん、9時間の時差の地より、こんばんは~♪
    妙に早起きな友人のシャワーの音で目が覚め、今PCに向かってま~す!!
    Yuzoさんが仰るとおり、旅行はリラクゼーションだけでなく、得る物が多いですよね(*^o^*)
    年に何回もお金と時間を費やして海外に行くなんて、旅行に魅力を感じない人にすれば理解できないことだと思いますが、旅に出ると、いつも発見があり、心が豊かになるような気がします♪
    kiraraの旅行は、Yuzoさんとは、かなりスケールが違いますが・・・(^ε ^ゞ
    それにしてもYuzoさんの香港旅行記を見ていたら、来月にでもまた香港に行きたくなったのですが、
    香港が沖縄になっちゃいました(><シュン

    ところで、台北には数年前に1度だけ、小龍包の食べ比べ旅行に友人と出かけたのですが、
    Yuzoさんがオススメとおっしゃっているお店、2軒とも行き、Blogに少しですが載せているのでビックリ!!
    随分前のBlogで写真も小さいのですが、よろしかったら見てくださいね(^_-)-☆

      http://blog.livedoor.jp/kirara0809/archives/cat_50036430.html?p=2

    お忙しいとは思いますが、これからも素敵な旅行記を紹介してくださいね~ 楽しみにしています♪
    そして、旅先で次々とおきる嬉しいサプライズ、人脈の広がりは誰でも体験できるものではないと思います・・・
    やはり、それはYuzoさんのお人柄だと思いますよ(⌒▽⌒)ノ

  9. Yuzo
    2013 年 2 月 16 日 23:31 | #9

    kiraraさま

     国境を越えた遠くの地からのコメント有り難うございます。(笑)
     9時間の時差があるっていうくらいですから、王道のイギリスですかね?
     「妙に早起きな友人のシャワーの音で..」ってくらいですから反対側はありえませんからね。
     予想するに5時過ぎから5時半くらいに目が覚めて、PCに向かいその過程で当ブログのチェック..
     そこからコメントを書き始め~、この時間に投稿! っていう感じがしっくり来るかなぁとオモッテマス。(笑)
     やはりユーロ圏、イギリス・フランス・北欧くらいでしょうかね?
     真相はいかに..(;^_^A

     ところで、また香港行こうと思ってたんですね。
     いつも思うのですが、kiraraさんは旅行の回数も多いですし、行動範囲も国内外問わず..
     謙遜して書かれていますがかなりの旅行通ですよね。
     すっごく思いました。

     旅行は自分が行きたい時に行きたいところへ行くのがイチバンですからね! 
     沖縄是非楽しんできてください。( ̄^ ̄)ゞ
     またブログ楽しみにしていますね!
     

     台北の小籠包ですけど、ほんと美味しいですよね!
     ワタシの食いしん坊リストの2店.. 既に食していましたか。(笑)
     記事見させて頂きましたけど、やられたぁ.. って感じでした。(ρ_;)
     でも大丈夫! 実はブログ用にもう1店舗残しているんです。(笑)
     また遊びに来てくださいね!
     その時に、ご存知のお店かまた教えてください。m(__)m

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)