#02-2. Narita International Airport, Passport Control…


[Narita International Airport, Terminal2]

いよいよ出国手続きに入る。
今回は、CXチェックインカウンターよりPassport Control(出国手続き/Security)を経て、キャセイ・ラウンジ迄の掲載だ。

成田国際空港では、ターミナル1と2の2つがあり、利用する航空会社によって利用するターミナルが決まっている。
CX(Cathay Pacific)は、Terminal2で搭乗手続きを行う。

こんなところを記事にする必要もないかと思うが、学生や初めて海外に出国を控えた読者がいるかもしれんので、まめに書いておきたい(笑)。
本音は記事を稼ぎたいだけかもしれんが。(笑)

成田国際空港(Narita International Airport)の利用は本当に久しぶりだ。
学生時代に戻るのだが、留学の為に出国した空港がここ成田国際空港だったと記憶している。

Leave Hilton for…

絶大かどうかはわからんが、Hilton HHonors Gold VIPのお陰で2段階のアップグレードを始め様々な恩恵を受けたわけだが、ホテルの画像等は割愛だ。(笑)

贅沢をすることを目的としたホテルでもなく、無理にSuiteを狙い撃ちしても意味はない。
よって今回の滞在は、確実にCXに乗る為に前日入りし、余裕をもって搭乗することが目的だ。
最近はほとんど余震も減ったが、出国日当日、しかも移動中に大きな地震に遭遇し交通機関がストップしてしまったら大打撃だからな。

それにしても2001.9.11のテロ以来、本当に日本でも厳しくなったように思う。

アメリカのように空港でのセキュリティーチェックでの全身スキャンはどうかと思うが、特にGW中に起きた出来事を絡め本当に渡航するのも大変だ。
毎日、本当にご苦労様だ。

空港ターミナル入り口での不審人物がバス(車)に乗っていないか、危険物が持込されていないかのチェックを済ますことになる。

今回はホテルの空港送迎バスを利用したわけだが、警備員がバスの中まで乗車し、パスポートと搭乗者のチェックを全員おこなった。
いつでもLVのサングラスをつけているオレ故、サングラスを外すように和やかに促され、顔写真とパスポートをチェックされる。

空港敷地内に入る際は、パスポートをさっと取り出せるようにしておくと便利だな。
名古屋のセントレアではこのようなものは一切行わんので、日本国のメインゲートに来ているんだという実感がこんなところでもあったわけだ。

Terminal 2 Departures…

バスを降り、チェックインカウンターに向かうわけだが、バスを降りた場所から10m程でターミナル入り口に着く。

バス停近くにカートがあることが多いので、積極的に使っていきたい。
なんせ楽だからな、(笑)

CXカウンターが間違いなくここにあることを確認し、いざ入っていくことになる。
まぁ、こんな写真はどうでもよいのだが、ここら辺で著者であるワタシの紹介でもしておこう。(笑)

右の写真左に写るオジサマは勿論ちが~う。

ガラスになんとなく写っているのがワタシだ。
以後、お見知りおきを…(笑) m(__)m

日常、スーツでビシッと決めていることも多いのだが、リラックスモードの時は常にジーンズを履いており、結構胡散臭い若作りをしている。
コードネームは詐欺師…(笑)

詳しいことは明かせないが、身長182.5cm。体重69.5kg(但し、このときは+1.5kg)。

iPhoneやiPadで画像を拡大されてしまうと困るのだが、まあこのくらいならよいだろう。(笑)

カッコだけつけて中身はブサイクかもしれんが、まあできるならばジャニーズ系や韓流starくらいで是非前向きに創造(想像)しておいてほしい。(笑)

写真に写りこまないように常に注意しているが、まあブログも始まったばかりだし、今回に限り簡単に自己紹介だ。

なんてったって、1980年前後にブレイクし、「コ○ットさ~ん」で一躍国民的アイドルとなったある女性はブログを通じてこの度結婚に至ったからな。

ブログも婚活アイテムとして侮れんかもしれん。(笑)

UNIQLO…

まあ、ど~でもいい話は放っておいて(笑)、Terminal2内部に潜入だ。

細かいところまで当然記憶していないが、今回「おっ!」と思ったのがチェックイン・カウンター近くのUNIQLO。
当然、旅行中の服を完璧に揃えずに当日を迎える馬鹿はいないと思うからな、正直意味あんの?なんて思いっきり思ったが、そこはどっこいなんとか利用する方法がないかと考えてみた。

まあ、有効かどうかはわからんが、とりあえず案が出たので紹介しておこう。

旅行中に使う道具類も含めちゃんとパッキングを完璧に済ませ、あとはチェックイン・カウンターで荷物を預けるだけの状態で空港入りしていると思うのだが、今回のように前日入りし、当日ホテルから空港に向かう場合を除いて、直接ここまで来るという可能性は十分にある。

利用する航空会社や時間帯にもよるが、まあ通常はそうなるだろうな。

しかし考えすぎだが、移動の行程でどしゃぶりの雨に遭遇した時やトランジットで時間がかなり空いてしまった時、ここでT-Shirtsやパンツ類を買えば、ラウンジのシャワールームですっきりとリフレッシュし、その上でマッサージを受けることができる。
マッサージ後に、軽く食事もラウンジ内で済ませ、思いっきりくつろぐことができる!!(かもしれん)

着替えたシャツ類はゴミ箱で捨ててしまえばいいというわけだ。

ちょっともったいない気もあるが、この辺は大胆にがいいだろう。
まあ、確実にボツとなる意見だが、是非有効な利用法があれば是非教えて欲しい。
m(__)m

CheckIn Counter…

CXは、機材にもよるがFirstを入れ3class制の機材とFirstのない2class制の機材が国内に配備されている。

しかし、残念なことにFirst Classのある機材は成田には配備されていない。(ρ_;)
Firstがある機材が配備されるのは羽田国際空港だけのようだ。

実は、Amex国内旅行デスクのConciergeに、Firstに搭乗する為に羽田への変更を申し出たのだが帰りのアクセスが上手くつながらず、結果元通りの成田になってしまった。

そのような中、チェックインカウンターのお姉さまが「空気」を読んでくれたのか、チェックインだけはFirst専用カウンターで行ってくれた。(笑)

長~い行列のできているエコノミー専用チェックインカウンター入口横のビジネスクラス入口より入っていったのだが、カウンターのお姉さまが待っているワタシに気づき、(使われるはずのない)Firstのカウンターに呼んでくれたというオチだ。

写真一番右のスーツケース(小)はNISSENで価格もnissen-yen程度のもの(笑)。

チェックイン作業中、ニンゲンだけでなく荷物も優先して受け取りができるように”Priority Tag”をつけてもらう。
そして、ビジネスクラスであっても更に隣りの席を気にすることなくくつろげるように”隣りの席のブロック”を優先してお願いする。
まあ今回はGWではあるが、いつも通り快諾しブロックしてくれたので嬉しい限りだ。

Lounge Invitation…

実は、今回嬉しい出来事があった。

航空券の手配をした時、CX予約担当よりこう聞かされていた。
「この度の震災の影響で、ラウンジ内の壁に亀裂が入るなどした為、現在ラウンジは閉鎖させて頂いています…」
「今回のご出発までにラウンジの復旧は間に合わないかもしれません…」とな。

事前に聞かされていた故、仕方のないことだと諦めていたが、「本日よりラウンジの利用が可能となっております…」こう聞かされ、インビテーションカードとラウンジ・ロケーションのMapを渡してくれた。(場所はわかってんだけどね…)

ゼッタイ受けなあかんのだが、出国手続きでセキュリティーチェックを受け、金属探知機で毎度のように苦戦し(笑)、ブーツのチェックを受け、無事通過する。毎度毎度面倒なことだが、命に関わることでもあるのでこればかりは有り難いと思っている。

普段より文句の多いワタシだが、ここで文句はいっちゃいかんな。

通過後、買うことなどありえない免税店の横を通り過ぎ、ラウンジに速攻向かう。

ラウンジ専用のエレベーターを使い、指定のフロアに向かう。

エレベーターの扉が開くともう目の前は、Cathay Pacific Loungeエントランスである。

この続きはまた次回。

(To be continued…)

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい


Trackback URL

  1. Tokoの夢
    2011 年 6 月 1 日 17:27 | #1

    いよいよ香港の旅がはじまりましたね。
    私も今年の旅の予定もやっと決まりましたが成田経由です。
    今までは朝に伊丹か関空を出発して乗り継ぎだったのですが、初めて前泊の予定です。
    成田空港近くに泊まりたかったのですが、前日に仕事が入ってしまい移動ができず羽田宿泊になってしまいました。
    成田へはリムジンバス利用を考えていますが、バスでもパスポート用意しておかないといけないのかな?
    ブログを読ましていただいてちょっとビックリです。
    次のラウンジや機内食なども楽しみです♪

  2. Yuzo.K
    2011 年 6 月 1 日 17:36 | #2

    Tokoさま
     成田経由は何か理由があってのことですね!
     またTokoさまのブログで拝見させて頂きます。
     前泊は、このような時期でもありますから念には念を入れておいた方が安心ですね!

     私は空港までの移動にホテルのシャトルバスを利用させて頂きましたので、リムジンバスでも同じくパスポートチェックするかと思います。
     
     本日、CXラウンジから搭乗迄の記事をアップの予定です。
     またお立ち寄り下さい。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)