#02-21. Peninsula HongKong ‘ The Marco Polo Suite ‘

今回宿泊はしなかったが…

私が宿泊した’Grand DX Harbour View Corner Suite’のふたつ上のカテゴリの部屋にも案内して頂いた。

 

The Marco Polo Suite…

これまた素晴らしく是非宿泊してみたいと強く思ってしまう部屋だったが、1人ではまず泊まる事は完璧にないだろう。(笑)
この部屋の宿泊料金は、部屋でChargeされる為最大人数を超えなければ料金は変わらない。

確か費用は1泊40万か50万くらいじゃなかったかな?

故に、家族で宿泊するにはよいかもしれないが、私はまだ結婚していない為縁はなさそうだ。(笑)
Peninsula HongKongのスタッフイチオシの部屋でもある為、いつかは…そう考えてしまう。

しかし、高すぎだな…

 

webを見ると、この部屋の特徴は以下のようになっている。

部屋の広さは、今回宿泊した’Grand DX Harbour View Corner Suite’の1.6倍となる約210㎡
英国伝統とLife Styleを色濃く表したエレガントな内装に特に目が行く…
貴重な美術品やアンティークが部屋内に多く飾られている。
いずれも高そ~うな代物だ。(笑)
そして、何よりもブログトップの写真のように入り口から既にオーラが漂っている。(笑)

 

そこで、部屋に1歩踏み入れると他の部屋とは明らかに異なるつくりであった。

流石200平米を超える部屋だよ、リビングエリアとダイニングエリアでこの広さだ。(笑)

真ん中へんにある電話Boxみたいな中に明らかに高いとわかる貴重品/美術品が並べられている。
部屋中央より、いま撮影しているところを写したのがこちら(↓)。

天井がたっけ~のよ、この部屋は。
値段もたっけ~けど…(笑)

 

普通の部屋の1.5倍くらいの高さがあるんじゃないかな~。
部屋という密閉された空間を全く感じさせない素敵な部屋だよ。

 

このThe Marco polo Suiteの特徴でもある2ベッドルームスイートも素晴らしい。

同じようなつくり(フロアプラン)なので、同じ部屋を写してんの?って思ってしまうかもしれないが、別々の部屋です。
まっ、カーテンの色が違うからすぐにわかるとオモウケドな。(笑)

 

 

次にリビングエリア中央からエントランスを見るとこんな(↓)感じ。

手前左右に、

ダブルシンクやシャワールーム、トイレがある。
その奥の両サイドに先ほどのベッドルームがあるってわけだ。

 

この部屋は、私が宿泊した部屋の2つ上のカテゴリーになり、上から数えて2つめとなる。
まぁ、全てが一流だというわけだ。
オレには不向きだな。(笑)

 

 

おまけに、ダイニングエリアがここ(↓)。

天井がスッゲー高いからよ、広角レンズの2段撮影+合成でないとこの部屋は表現できないのよ。(笑)
合成が上手く出来ていなくてすいませーん。m(__)m

 

 

The Garden Suite…

そういえば、この部屋の1つ下のカテゴリーとして’ The Garden Suite ‘(本館最上階:249㎡)があってな。
この部屋にも連れて行ってもらった。
どんな部屋だったかというとこんな感じ(↓)。

上の画像はペニンシュラのホムペより画像を拝借している。

案内してもらっていたときは丁度Function Room仕様になっていてな、上の写真のようにはなっておらんかったが、部屋+Gardenの広さを体感させてもらったって言う感じだな。
この部屋だったら、泊まってもええかなとおもったよ。
ただ、上の写真のような仕様にするのにスタッフ総出で半日以上かかるって言ってたからななかなかゴージャスな部屋に違いない。
叶姉妹なんかが好んで泊まりそうな部屋だよ。

‘ The Garden Suite ‘ そして、’ The Marco Polo Suite ‘ にも共通するSuite Rom Benefitがまたスゲーのよ。

・24時間の専属Butlerサービス
・24時間のRolls-Royceサービス(モチロン運転手付き)
※モチロン他にもある

これが宿泊に自動で付帯することになる(当然無料)。

ブランドショップの店の目の前にペニンシュラグリーンで彩られたRolls-Royceを横付けし、運転手がドアを開け、颯爽とオレさまが降り皆の視線を一斉に浴びるって言う悪巧みができるようになるのさ。(笑)

24時間のButlerサービスだから、一緒に同行させ、買ったモノを偉そうに山積み持たせ、その状態で街を歩くのさ。(笑)

 

スコシだけアラブの金持ち気分を味わえるっていうことだな。
やってみてー…(笑)(笑)

 

ハナシは部屋に戻るが、リビング/ダイニングルームからはビクトリアハーバー側のガラスが全開にオープンにできてな、ガーデンテラスにはジャグジーがついてんのよ。

この部屋で、結婚式/披露宴/2次会も十分できるよな。
いや~、素敵な部屋だったよ。

 

このGarden Suiteのガーデンテラスは本館屋上のメインテラスと直結していてな、こっからSpa/Poolにもショートカットで移動できる。

 

Garden Apartment…

ここの場所に来る時はちと違うルートを通ってきたわけだが、Garden Apartment Areaがあり、ここを通ってメインテラスに向かうこともできる。

 

ガーデンスイートのガーデンテラスから、本館屋上のメインテラスを映した映像がコチラ(↓)。

 

 

新館(New tower)真ん中のガラス張りになってるとこな、Poolなのでめちゃくちゃ便利だよ。
テラス通って1分だからな。

遊び心沢山の部屋なのでここだったら泊まってもいいかなって思うよ。
あ~、早く香港行きたい~

 

 

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい

 

 


Trackback URL

  1. kirara
    2011 年 11 月 16 日 23:22 | #1

    こんばんは~ ゴージャスなお部屋にうっとりです♪
    どんな方が宿泊されるんでしょうか??
    Yuzoさんがステイされたスイートも素晴らしいけど、こちらは凄すぎますね!!!
    ふらついて、壺にぶつかったらどうしようかしら??・・・ナンテ(^^ゞ
    香港屋上はテラスになっているんですね~ ステキ☆
    kirara達がお泊りしたお部屋も写っていたから嬉しくなりました♪

  2. Yuzo
    2011 年 11 月 16 日 23:29 | #2

    Kiraraさま、こんばんは。

     The Marco Polo Suite, The Garden Suiteともに素晴らしい部屋でした。
     清水寺の舞台から飛び降りる覚悟で出せても1泊20~30万ですね…(;^_^A
     ですから、The Marco Polo Suiteは今の私には考えれません。(笑)
     でも、飛行機のFirst,Suite Classを考えれば十分アリなのかもしれませんが、躊躇してしまいます。(笑)

     ところでKiraraさん達がお泊りになったのはGarden Suiteだったということですか?
     ひえ~…としか言いようがありませんね。
     ブログでアップしているようでしたら、是非教えて下さい。
     案内の当日はFunction Room仕様でしたので、とても興味があります。
     よろしくお願いします。

  3. kirara
    2011 年 11 月 17 日 18:19 | #3

    エーッ!!!  Yuzoさんのコメントを読んで倒れそうになっちゃいましたぁ(☆0☆)ヒー!!
    kirara達がGarden Suiteに??
    残念ながら、そんなことはあり得ません(--; ・・・トホホ
    今回はJTB企画のお部屋指定なしのフリープランでしたが、
    ラッキーにも正面のデラックスコートヤードルームにしていただけて♪
    なので、Garden Suite の真下辺りなので、本館屋上の画像に窓が写っていたの~♪
    紛らわしいコメントで、期待させちゃってごめんなさい m(_”_)m
    Blogではペニンシュラのロビーラウンジ&ゲストルーム、リッツカールトンのイタリアン、
    龍景軒の飲茶ランチ、マンダリンのお部屋等を載せる予定ですからまた遊びにきてくださいね♪

  4. Yuzo
    2011 年 11 月 17 日 18:56 | #4

    To Kiraraさま…

     Kiraraさんなら十分あり得ると思いました。
     ブログをみるとそういうところによく泊まっていそうですからね。(笑)

     昨日Kiraraさんのブログに訪問させて頂いた時、香港編をタイムリーに入れると書いてありましたからとても楽しみにしています。
     ペニンシュラ、龍景軒、マンダリンなど私の香港旅行と重なることが多いので、私の偏った意見ではなくKiraraさんの記事を見れるのでとても嬉しく思っています。
     是非参考にさせて頂きます。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)