10-22. The Ritz Carlton HongKong ‘OZONE’で素敵な夕食を..(2)

 OZONEでの素晴らしい夕食は始まったばかり..

 

 食前酒と思われた大量のワインではあるが、やはり勘違いであることが後にわかる..(笑)
 フツーに考えれば当然だけどな。
 (;´Д`A

 

 1人7種類くらいのワインを嗜み?浴び?ながら料理を楽しむことになるのだが、今回はいつもの1人ではなく4人での夕食でハナシも弾む。
 たまにはこういう贅沢もイイ! と妙に心に染み入る何ががそこにあったわけだ。
 今回の記事は、コース料理の紹介が中心となるわけだが、特に前半はお互いの紹介やシゴトの事で盛り上がった為、貴重な料理の写真が何品か抜けている。

 おゆるしを。
 m(__)m

 

 

 さて、今回の記事に入る前に毎度の小ネタにはいるんだが、以前OZONEでJuanさん、奥さんたち、そして私の記念写真をupしたのだが、その時の奥さんのお腹には赤ちゃんがいた。

 昨年、とうとう出産されたようで..
 オメデトウゴザイマス~!!
 (^_^)∠※PAN!

 

 今回、Japanese Guest Relationsのstaffとメールをさせて頂きましたが、本当に懐かしい..
 Juanさんからは「またみんなで一緒に夕食を..」ともオハナシを頂き、シアワセのひと時を思い出す。
 Ritz HKだとあの素晴らしい滞在がまた体験できるのかと考えるとどうしても顔がニヤケテシマウ。(笑)

 既に迷惑を沢山掛けているからな、これ以上は控えなあかんな。
 (;^_^A

 

 でも、Ritzほんとにいいよ..

 同じくLMOも捨て難く、どちらも心温まる待遇で甲乙など付けれるはずもないが..
 こう考えてみてはいかがだろうか、香港島ではLMOがイチバン!
 九龍半島ではRitzがイチバン!と是非とらえてほしい。
 

 香港で日本人スタッフを4名..
 加えて日本語が話せるスタッフ1名の計5名も抱えているホテルは多分他にないんじゃないかな。
 私のようにカタコトの英語レベルのトラベラーでも安心して滞在できると思います。
 

 

 さて、もう1つネタがあるんだが、先日今年9月の旅行の航空券の代金がこのまま円安が加速し、半年後に決済でもなったらチョイ?大分?高くなりそうだったんで早速買っておくことにした.. ってネタだが、予告どおり今週火曜日に決済を済ませた。
 費用は2路線分で合計約115万円..

 ここで、航空券の種類についてスコシ話しを加えたいと思う。
 (もし、記載した情報に誤りがあれば是非指摘してほしいと考えています。よろしくお願いします。)

 

 Emirates航空を一例に紹介させて頂くと、航空券には大きく2種類あるようだ。
 前回紹介した「Saver」と「Flex」..

 前者と後者の大きな違いは「金額の高低」と「制約の有無」にある。
 多分だけど、JTBなどのパック旅行の航空券や格安航空券で売り出しているものがSaverにあたるんじゃないかな?
 確実に「金額が安い」、そして「変更等は基本きかない」からな。

 それに対し「Flex」は金額は高いが制約が完全にないもの(Flex Full Fair)から、条件が若干つくものまで3種存在する。
 今回購入したのは「Flex Full Fair」で3つのうち、最も金額も安く制約が無いものにあたります。
 Flex Full Fairは早い者勝ち!ってシステムです。
 Flex ticketの3つをそれぞれABCとすると、予約状況(席の残数)に応じてA→B→Cと変わり、金額も上がっていきます。
 因みに今回の旅行日程(Franceへの往復)でAmex Conciergeに調べてもらいましたが、AとCとでは7万円くらい差があったようです。
 路線/時期によっては15万円くらい異なる場合もありますので注意が必要..

 では、なぜ今回早めに航空券を予約だけではなく購入まで済ませたのかというと、外貨建てのチケットを購入していることから理由のイチバンは「為替の変動(円安シフト)」の影響を大きく受けるから。
 つい最近までの円高は確かに異常でした。
 昨年9月のSpainでは2泊3日楽しんだわけですが、Hotel Arts Barcelonaで宿泊した部屋は1泊税抜き約20万円で、この時のレートが1ユーロ98~100円でしたから2泊で全部コミコミ42万強(€4245.9)でした。しかし、今日のレートの約120円(€1=119.85)で換算すると税込で50.9万になります。
 10万円も跳ね上がってしまうことから、やはりこの差は大きいですよね!
 もうあの部屋は二度と宿泊できなくなってしまいます。(;^_^A

 
 為替の影響で安くチケットを購入できたり高く購入することになったりすることは十分お分かり頂けたと思います。
 しかし、France旅行はいつも通り9月初旬というのは決まっていますが詳細の日程は決まっていません。
 漠然としか日が決まっていませんがそそくさとなぜ一気に購入したのかというとFlex Ticketは「渡航先(空港)を変えなければ、日付の変更が無料で可能」という特徴を有するからです。

 故に「今年はゼッタイにFranceに行く!」というのは決めていますので、仮押さえをし細かい日程が決まった時点で変更すればよいということになります。
 このとき、購入したチケットがsaverだった場合一旦払い戻しをした上で、新たにチケットを購入し直さなければならず..
 更に払い戻す際には当然手数料が引かれます。
 場合によっては、払い戻しすら応じてもらえないこともあるでしょう。

 
 さらにこの買いなおしの時点で円安がさらに進んでいたとすれば、払い戻し手数料の負担に加え購入時より更に高い金額で買わないといけなくなるのです。
 これは正直辛いですね。

 一応、$1=95円迄進む可能性があることも考慮すると上手くいけば「今」買っておくことでMichelin☆付レストランのコースディナーが1回か2回分浮くことになります。
 食いしん坊の私にとっては見逃せない大切なpointsです。
 (;^_^A

 

 因みに、先日外貨も約50万円分両替しておきました。 
 ユーロ、香港ドル、シンガポールドル、台湾ドルの4つです。
 今年に限らず来年以降も使う通貨ですから、早めに両替しておくのもよいと考えた次第です。

 

 この他にFlexのよさはマイレージの加算率です。
 Saverの場合は、路線・価格・距離にもよりますが50~60%分しか加算ができなくなります。
 

 以前の記事で搭乗クラスごとにボーナスマイル(キャビンボーナス)が違うことを述べました。
 さらに今日の時点で私はSkywards ‘Gold’ Statusに到達していることからここでもボーナスマイルが 加わります。
 更に更にEmiratesの場合、マイルアクセラレータ(Miles Accelerator)で更に上乗せが可能です。
 Flex Full Fairでしたら、エコノミー搭乗時の加算マイレージを100とすると合計で250~350%にまで爆発的に増加しますから、恐ろしいほどマイルが貯まります。

 この素晴らしいチケットの有効期限は(詳細を調べておきますが)たしか1年くらいあるんじゃないかな?
 ※因みにチケットは11ヶ月前から予約/購入が可能です。
 ※11ヶ月前に予約をし、購入は購入期限(航空会社によって異なるようですが、およそ1~1.5ヶ月前)までに行えばよいですから、確実に渡航することが決まった時点で決済をすればよいという考えもできます。

 だから、「高いFirst Classのチケットを安い時期に買って、自分の都合で変更し沢山のボーナスマイルを獲得することが可能になる」わけです。
 大変魅力的ですよね。

 毎月海外に出かけているAdminさんやぴじょさんなどはかなり使える裏技?(セコイ手?)です。

 
 更に裏技と言えるかわかりませんが、単純に海外には片道チケットで渡航し、海外発券の航空券を往復で買い上手におりまぜると日本発着で安く航空券を入手することが可能になります。
 (ただこの方法は片道チケットのみを有し渡航した場合、入国を拒否されるなどクリアするための条件などを事前に詳しく知っておかなければならない場合がありますから十分注意が必要です。)

 

 金銭的なアプローチからの例を挙げると..

 日本発券で成田もしくは関空発着のDubai往復でEmirates Airbus A380-800のSuite Classだとすれば102~105万程度しますが、海外発券にすると70万強で往復できます。([注]金額は時期や席の残数で変わります。上記記載例は、2013.2月初旬の場合で算出しています。)
 ざっくり書けば海外に頻繁に渡航する人はこういう方法で数十万単位で金額を減らすことも可能になるわけです。
 数路線賢い購入を重ねれば、First Class1往復分くらいは節約できることになります。

 面白いですよね。

 

 さて、OZONEのDinnerの記事に入りたいのだが..
 私なりの航空券の取り扱い(予約/購入)の仕方や考え方に触れていたら、長くなってしもうたので今日はこの辺で終わりにしておきます。
 ごめんなさい。
 次回こそは本題に踏み込みます。
 (ρ_;)


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)