10-23. The Ritz Carlton HongKong ‘OZONE’で素敵な夕食を..(3)

 今度こそ素敵なディナーのハナシが始まるわけで.. 

 

 

 しか~し、毎度の小ネタから.. (;^_^A

 んで、今回はなげ~ゾ!(笑)
 2話分くらいあるんで長いのが嫌な人は気にせずoff願います。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 まずは、Emiratesのチケットの購入に関連するハナシをupしたわけですが、購入した場合にゼッタイに忘れてはいけないのがMiles Accelerator(マイルアクセラレーター)のopt-in(オプトイン)だ。
 エミレーツのロングフライトだから沢山のマイルが貯まる!!
 (^_^)∠※PAN!

 と喜んでいてはいけない。
 Emiratesは他社と比較しても超太っ腹レベルのマイル加算が行われることは有名..
 One WorldやStar Alliance等の航空連合に加盟はしていないが、提携航空会社(日本ではJAL)が存在するためJALの特典航空券(そしてコードシェアのCathay Pacificの航空券)に代えることも可能だ。
 ※但し、JALへのポイント加算(移行)はできません。

 opt-inをすることで数千から1.5万milesが更に加算されるわけだから忘れたらホントもったいないと思うよ。
 但しよ、opt-inは航空券購入の月しか登録できないんで、くれぐれも忘れんようにしてほしいよな。
 

 

 前回のマイル加算のシステムがチョイトわかりにくいという話しを頂いたので、今回のフランス(Charles de Gaulle空港)往復の実例をもとに紹介していきます。

 まず、
 ・基準となるエコノミークラスを利用した場合のFrance往復で得られるマイル数=12,000miles。
 ・First Class利用で得られるCabin Bonus: 18,000miles
  ※基本miles(=エコノミー利用時に得られるmiles)の150%分の加算が原則
 ・Skywards ‘Gold’ StatusによるStatus point: 6,000 miles
  ※基本milesの50%分の加算が原則
 ・Miles Acceleratorで得られる追加のマイル数: 3,000~15,000miles
  ※今回はMiles Accelerator対象路線とならない区間があり、且つ加算マイルもとても少なかったです。
    →私の場合、DXB→CDG間しかキャンペーン対象路線に被らず.. 今回は3,000milesのみ。
  ※加算マイルに幅があるのは、乗り継ぐ便毎に加算されるマイル数が異なるため(no bonusの便もあります)

 

 最終的に、エコノミーを利用した場合の3倍以上のマイル(=合計39,000miles)が得られることになりました。
 更に、次年度のSkywards statusを決めるtear milesは30,000miles加算されました。
 これで次年度もSkywards ‘Gold’ Statusは確定で、素晴らしい航空会社+システムだと思います。
 Skywards ‘Gold’ を得た場合.. 何よりもe-gateが利用できるのもいいよね!
 Goldのcardにe-gateの機能が付帯しているでな。

 んでっ、

 もし、これがsaverタイプのエコノミーチケットの場合、5,000milesくらいしか加算されんからどう考えてもこっちの方がお得。
 私は断然今後もFirst Classを利用させて頂こうかと考えています。
 LCCは生涯乗らんと思う。(笑)
 だってよ、たった2回乗れば日本⇔香港往復、あるいは日本⇒香港⇒台北の(15~18万円相当のCathay Business Classの)チケットに交換できるわけだからな。
 超太っ腹のシステムです!!
 (^_^)∠※PAN!

 

 そうそう、Flexとして購入したチケットの有効期限ですが確認したところ1年間でした。

 

 

 さて、今回の脱線はこの辺にしておいてOZONEに入ります。
 今回頂いた料理は以下の通りになります。

 

***************
OZONE
***************

Featuring
Two Michelin Stars Guest Molecular Chef
David Munoz

**********
2008 Brut Vintage, Cava, Vilamau

**********

Black chicken crispy dumpling, marinater lobster, foie gras emulsion

Creamed black trumpets and black truffle-filled bun
Hot and sour mushroom and truffle consomme

Prawn “fried upside down” with Yuzu, soya and hot ari-oil

Tomato kim-chi, fried eggs and bacon

Braised pork belly Morocco style, suckling pig ear
Vanilla meringue, lemon puree

Wood smoked sole, milk sheep emulsion, duck and kumquat gravy

Wagyu kway-teow DiverXO edition 2012

Tosted butter-coconut-lemongrass brioche, Hibiscus, Thai chilli 

 

 

 では、始まりです。

 

 まず、初っ端「アミューズ」の写真が撮れていません。
 (ρ_;)
 前菜の中に、口の中です~っと溶けてしまうような生ハムがありましたよ。
 Juanさんの奥さんもこの生ハムには絶賛でした。
 生ハムといえば、Spainが有名ですしね!
 スタートから大砲どっかんどっかん!でイイ始まりデス。(笑)

 

 次に..


[Black chicken crispy dumpling, marinater lobster, foie gras emulsion]

 料理の内容から察するにこれがそうだと思いますけど..
 チョット自信無しです。(;´Д`A

 

 裏から見ると..

 黒いチキンなんて珍しいですよね、ロブスターの上にはこれも黒いゆで卵が乗せられています。
 下のスープというかソースに絡めて頂くのですが、「へぇ~」って感じでイタダキマス。
 席に着いた瞬間からみんなでワイワイガヤガヤと好き放題話していたのですが、ほら1品出るごとに料理の説明をうけるじゃないですか、その時だけ突然「シ~ン..」と静まり返ります。(笑)
 それだけ騒がしかったし、そのギャップも楽しかった。(●´ω`●)
 料理がサーブされるのと同時に、新しいワインがグラスに注がれ(笑).. 2杯目くらいから私の頭がフラフラし始めるようになります。(笑)

 
 

 次にでてきたのは..


[Creamed black trumpets and black truffle-filled bun]
[Hot and sour mushroom and truffle consomme]

 トリュフがイッパイの蒸しパン?でしたね!

 「ん?(▼▼) どこにトリュフがあんの?」って思った人もいるかもしれませんが、ロールパンの中に(クリーム状の黒いトランペット?と)黒トリュフがぎっしりと入っていました。

 

 スープの方は、キノコとトリュフのコンソメです。

 折角なので、パンの断面を写真に収めておきました。(↓)

 チョット見難いですけど.. 中ぎっしり詰まっています。(笑)

  

 

 既にこの時点でワインでヘロヘロになっていたので、次の1品が正しいか自信がないんですけど..


[Prawn “fried upside down” with Yuzu, soya and hot ari-oil]

 Prawnですから、エビの身を加工したものってことでしょうね。
 覚えているのは、このハムみたいなものをお箸ですくうように食べたということ。
 力を入れて持ち上げると破れてしまいそうな繊細な料理でした。

 

 この料理は、このまま頂くのではなく..

 このように(↑)ソースがアクセントとして加わります。
 ソースはマヨネーズのようにとろっとしているので結構くどいかとはじめ思いましたが、全く気になりませんでした。
 (ハムのような)エビの身?が滑らかな口当たりで、口の中に入れると「す~」っとバラバラに分かれていく.. という印象でまさに Good Job!!。

 今までに食べたことのないような触感と味ということだけを覚えています。
 (;^_^A
 

 

 


[Tomato kim-chi, fried eggs and bacon]

 これは.. ほんっとスミマセン。
 もうこの辺から味がどうだったか、全く覚えていませ~ん。(;^_^A

 でも、出てきたときに真っ赤っかでものすごーくインパクトがありました。
 トマト・キムチってありますから、真ん中の赤いのがトマトってこと??

 

 運良く、ズームした写真も撮っていたようです。
 お酒でフラフラだったのですが、その辺はちゃんと撮影してあって我ながらスゴイ!と思いました。(笑)

 

 ナイフで切った断面でもあれば良かったのですが..

 でも、これだけは覚えています。
 全然辛くなかったんです。
 見るからにホットペッパーでしょ? これ..
 正直、辛すぎて食べれないかなと思ったんですけど.. 全然イケました。
 モチロン美味しくないなんてありません。
 それ以上に、パリパリベーコンが美味しかったのは覚えてマス。(笑)

 

 

 悲しいことにこの辺から味はもう覚えていませ~ん。
 Σ( ̄□ ̄;)ナヌッ
 

 もとから食レポなんてするつもりはありませんが、もう無理~!!
 (;^_^A

 覚えているのはベロベロ状態でJuanさんたちと仕事のことや趣味の旅行のこと、大好きな食べ歩きのことをひたすら話しまくっていたということです。(笑)

 んで、そこで「次の旅行は9月で、DubaiとEgyptに行く予定なんです..」 なんて話していたところ、奥さんがSpainの素晴らしさをたっくさん語り始めました。イロイロ教えていただきましたよ。(^-^)v
 挙句の果てに..「わかりました! この後、部屋に戻ったらスグAmexに電話し、飛行機・Hotelのキャンセルしますよ。思い切って今年はSpainに行きましょう!!」って宴会?飲み会?みたいにめちゃくちゃ盛り上がったんです。

 
 そこらへんから私も輪をかけてさらに暴走..(爆)
 
 優(Suguru)さんにものすごーく通訳してもらったのを思い出しました。
 優さんの通訳を介すのですが、私とJuanさん+奥さんとの会話が超ハイペース!!(笑)
 それについてくる優さんもスゴい!
 この時点から料理よりも旅行のハナシで超盛り上がり、Juanさんは「Hotelは私にすべて任せてくれればイイヨ!」ときて、即座に奥さんが「Spainは料理がホント美味しいから、私がMichelinのお店めぐりのコースを作ってあげる」とか..
 Σ( ̄□ ̄;)マジで?

 

 初めてお会いしたにもかかわらず、めちゃくちゃ盛り上がりました。
 ワタシが美味しいものを食べるためなら、飛行機に乗ってどこでも行きますよ!ってハナシをすると..
 どこの国の料理が美味しいかってことになり、「まず日本だったら..(省略)」
 次に、昨年3月のSingaporeで訪れたAndreのハナシをまず紹介し、続いてDubaiの料理とレストランについて語りました。
 それ以外の国の料理のハナシでも盛り上がりましたし、Dubai→Maldives(Male)のFirst Classの食事が超マズカッタ.. など出てくる出てくる。(笑)

 

 第2ラウンドの始まりデス!
 カーン!!

 

 (ワタシが)「懐石料理のように日本人の繊細且つ素晴らしい味覚と視覚、嗅覚を楽しめる日本料理(特に京懐石)はまず素晴らしい!..」と。続いて、「食材とソースに工夫と知恵を廻りめぐらされ技が光るフランス料理は世界のどこに行っても美味しく食べられ大好きな料理..」と。そして、「世界イチ美味しい料理の1つされるスペイン料理はまだ本格的なコースで食べたことがないんです..」ときた後に.. 「○○○○○は調理の過程自体がシンプルすぎるからワタシは好きじゃな~い」って発言するとJuanさんも同じことを考えていたらしく、「○○○○○は・・・で..」と語りだし.. 挙句の果てに二人で意気投合の握手をガッシリと。(笑)

 二人がさらに深く通じ合った瞬間でした。(爆)

 美味しい料理を食べながら、みんなで騒ぎ笑い飲み?とても楽しいひとときでした。

 ワタシが「わかりました。そこまで言うのであれば、今年はSpainに必ず行きます!!」なんて話した時、奥さんが「約束ね!ゼッタイだよ!」なんていう場面は超盛り上がってましたしね!(笑)

 その瞬間.. 「トラスト・ミー!」なんて言いそうになったね。(笑)

 
 そういえば、あのアホなトリニンゲンは今何やっているのか.. (笑)
 日本をぐっちゃぐちゃにかき乱しただけだったように思うよ。
 いい迷惑だ。

 

 ハナシは戻るが、次の料理はというと..

 


[Braised pork belly Morocco style, suckling pig ear]
[Vanilla meringue, lemon puree]

 もう、ぜ~んぜん覚えていないんだけど、直訳すると「油でいためて煮込まれたポーク腹モロッコのスタイル」と「乳飲み子ブタ耳のバニラメレンゲ&レモン・ピューレ」ってことだろ?

 なんかカリカリ・パリパリとチップスみたいなものを食べた記憶は確かにあ~る。(笑)
 それがぶたさんのお耳ってことかな?
 この時間帯になると味はじぇ~んじぇん覚えていませ~ん。
 ♪(´ε` )

 2☆レストランの料理だし、美味しくないと感じたものは1つもなかったからとっても満足したんだけど、それ以上にハナシが盛り上がったな。(爆)
 いや~、マジで盛り上がったよ。

 ワタシのシゴトでも盛り上がったし、Juanさんの家のオハナシ、ものすご~い広いご自宅に加え自宅の家政婦さんのオハナシでも盛り上がったなぁ。
 (●´ω`●)
 詳しくは書けんけど、家政婦さんへの待遇がJuanさん夫妻にとって納得(満足)いくものでなかったってことで、家政婦さんにももっと広い部屋で家族のように暮らしてもらいたいっていうことだけで引越しまでしたんだって。
 流石Juanさんですね!

 

 第3ラウンドは日常生活についてのオハナシ~。
 ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
 ハナシの中身はめちゃくちゃプライベートの内容ばかり..
 お互いに「素」というか「生」情報をカミングアウト。
 (^-^)v
 ほんとだったらRitz HKのこと、Juanさんが以前居たSpainのHotelの話や互いにビジネスにつながる内容に展開していくのが普通だと思うんだけど、そういやほとんどっつうか、全くなかったな。(笑)

 そうそう、日本の景気のコトも話したよ。
 ワタシの経営に対する考え方や主観、この不況下の重要な経営視点なんかも話したな。
 日本はどこもかしこも活気を失ってきているから、もうずっと国内旅行なんてしなくなったってハナシもした。(笑)
 俺が偉そうに言っても仕方ないんだが、日本経済も企業も新たな局面を迎えていて、そのような全体が落ち込んでいる状況の中、(大して儲けているワケではないんだけど)なぜ私はこうやって遊んで入れるのか(笑)..etc

 
 何が大切で、何を失ってはいけないかを論じてしまったね。
 そうしたら、Juanさんの弟だったかな?
 世界的に有名なコンサルタント会社で働いているってことになって、またコンサルティングのお話でハナシが続く..(笑)
 事業規模のレベルが全く違うんだが、超面白かったよ。 

 

 この辺になるともう「無限ループ」でハナシが止まらない状態..
 元々、過去に講演も行っていたことも多く、論じたり語ったりするのは得意分野でな、終わりが見えない状態だった。

 

 2☆レストランの味が吹き飛んでしまうほど、あんなに笑いあんなに楽しい時間を過ごしたのも久しぶりかもしれん。
 (料理の味はすっかりと忘れているくせに..) Juanさんたちと話した内容は鮮明に覚えているな。(笑)
 ほんとはこのブログ上でもっともっと詳しく話したいんだけど、まっ互いにプライベートなハナシもひじょうに多く.. っていうかほとんどがそうだったんでな。公開できん部分も多くあるわけで。(笑)

 
 ナイショにさせてもらうよ。(笑)

 

 

 次の料理にいくでな..

 


[Wood smoked sole, milk sheep emulsion, duck and kumquat gravy]

 木のスモークしたミルク羊のエマルジョンとカモをキンカンのグレービーソースで頂くってことかな?
 もうこの辺になるとワインもどんどん勧められ、始めはセーブしていたのがフツーにイッパイ頂くようになってます。(笑)
 正直味どころか何を食べたのかの記憶もマッタクございません~。(笑)
 こうしてそれでもちゃんと写真に収めているところが職人魂というか、ブロガーとして自分を尊敬できるよ。(笑)
 写真の手ブレもほとんどないし。
 マジ、記憶ないもん。(^-^)v

 でも、話した内容はバッチリ覚えているんだよ。
 ビジネスマンの鏡だね!(笑)

 でも、経営者っつうか、トップセールスっつうのはこういうところから生まれるからな。
 学校生活であればまだしも、ここは「競争/弱肉強食」っていうのが基本の世界..

 一緒にシゴトをしたいと思わないヤツとはそもそも組まなくていいんだよ。
 言葉は悪いが互いに高めあえるものを持つもの同士しか組む必要がない。
 下請け会社等に丸投げっていう考え方も個人的に好かんし、みんなが俺を求めてくるわけだから俺が誰かにそれをやらしたら信頼関係も崩壊してしまう。
 故に、信頼関係が強固なものになり、シゴトが俺を離してくれんシステムがこうやって出来上がっていくわけだ。(笑)
 笑えるね!

 

 はいはい、つぎ~..


[Wagyu kway-teow DiverXO edition 2012]

 Wagyuは和牛デスね。
 味はモチロン覚えていません。
 ε≡へ(。´▽`)ノ わ~い

 ほんとごめんなさ~い。

 

 最後にデザートです。


[Tosted butter-coconut-lemongrass brioche, Hibiscus, Thai chilli ]

 料理のことについて、もう言う必要はありませんね。
 (;^_^A

 はいっ、食べたのすら覚えていませ~ん。
 m(__)m

 

 と~ってもハナシが弾みました。
 ここまでハナシが弾んだってことは料理もきっと美味しかったに違いありません。(笑)

 覚えているのは「充実したひと時を過ごした..」ってことだけ。
 (注) 話した内容は覚えてます。マジデ..(笑)

 

 でも、そういや盛り上がる会話の中で後半に差し迫った頃新たにエントリーしてきた人がいたゾ!!

 Food & Beverageのアシスタントディレクターであるロベルト(Roberto Garrone)だ。
 彼もワタシよりも1回りも2回りも大きな体をしていた。

 料理の途中で彼も参戦し、更にハナシが弾んだね。(爆)

 

 

 

 こんな感じでOZONEでの素敵なDinnerが終了しました。

 

 

 

 最後に、ロベルトも呼んで集合写真を撮りました。
 それがコレ(↓)..

 モザイク処理させて頂いてますが、この時のワタシ..
 顔真っ赤デシタ。(笑)
 且つ、顔がパンパン。
 この理由.. もっちーはわかるよな。(笑)

 

 笑顔が素敵なJuanさん、優しい奥さん、そして素晴らしい架け橋を担ってくれた優(Suguru)さんとのひとときでした。

 一生忘れることのできない夜を有り難うございます。

 

 そうそう、撮影前にRobertoからプレゼントを頂きました。
 私の手に抱えられているのがそれです。
 
 中身が何かは後で公開します。

 

 

 部屋に戻ると..
 これがまた感動でした。

 素晴らしい夜景が私を迎えてくれたのです。
 部屋は香港島viewでしたので、夜景も素晴らしかったです。

 

 素敵なお部屋をアサイン下さいました。
 Juanさんに感謝です。

 

 夜景を写真に収め、この後すぐに日本へ電話をしました。
 私のPCは当然この時間いませんから、夜間担当のConciergeに用件を伝え、明日の出社と同時に動いてもらえるようお願いします。

 いつもアメックスには何から何までお世話になっています。
 24時間対応ですから、時間のなかなか取れないワタシにはほんと合っています。

 
 でも、いまふと思ったんだけどさ、Amexのサービスにオーバーシーズ・アシストがあるんだけど俺ってほとんど使ってねーな。(笑)
 いつも日本に直接電話しちゃってるな。(笑)

 モチロン、通話料コッチ負担でネ。
 人生の一部をこうして貴重な体験を重ねていけるのもこれもAmexのお陰ですね。
 有り難うございます。m(__)m

 

 そうそう、3月発送組みと伝えられていたPlatinum cardの新サービスの案内が数日前に届いた。
 新年会費136500円っていう中途半端な値上げも含まれていたのも笑える.. (;^_^A

 
 
 そっちの記事はまた近々upします。
 でもよ、来年はAmex Gold Cardの年会費が52,500円になるんじゃね?(笑)

 

 階級、蜜墨、大茄子など様々なカードが発行される中での差別化なんだろうな..
 中途半端な値上げはやめて、プラチナの年会費を21万くらいにして完全に差別化してしまえばいいんだよ。
 ネットを見ると、AmexやConciergeのコトを文句ばっか言ってるヤツいるけど、それは自分が上手に使いこなしていない証拠..
 21万くらいの年会費だったら、そういうヤツはGoldが大茄子にすると思うし..(笑)

 ワタシは超満足してます。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 あとで気づくのですが、部屋は当然ターンダウンされていて、ベッドサイドにはミネラルウォーターとチョコが置かれていました。

 どのホテルでも行っているんですが、この辺もなんか他とは違うように感じて嬉しいですね!

 

 

 日付が変わり..
 翌日、お土産を見させて頂きました。(↓)

 とても貴重な記念となるものでした。

 

 中身は..

 

 素敵なグラスです。
 一生この思い出は忘れることが出来ませんね!

 もう少し、Ritz HKのハナシは続くのですが、私がRitz HK.. そしてJuanさんを大好きになった理由がこれでお分かり頂けますよね!
 この感動を是非皆さんにも体験して欲しいと考えています。

 The Ritz Carlton HongKong.. 超オススメのホテルデス!!

 

 今回の記事はいつもよりも更に増して長くなってしまったな。(笑)
 多分2話分はあるだろうよ。(笑)

 長くなってごめんなさい。
 m(__)m

 

 

 既に携帯小説のようになってるな.. このブログ。(笑)


Trackback URL

  1. LET
    2013 年 1 月 28 日 20:22 | #1

    Yuzo 様,こんにちは。

    それにしても,すごいとしか言いようのない御馳走ですね(^_^;)
    機会があれば是非食べてみたいです。

    3品目,ロールパンの中の,トリュフと一緒に入っていたトランペットというのは,
    黒ラッパタケというキノコのことではないでしょうか?

    http://www.bourgognissimo.com/Fleurs/3_automne/FR-4A_12.htm

    特別なコース料理をいただくことができるタイミングで宿泊されたのは,非常にラッキーでしたね。
    よろしければ,参考までに今回のお料理の値段を教えていただけますでしょうか?
    通年レストランで提供しているコースよりもはるかに高額なのだとは思いますが。

    ところで,他のお客様で,Yuzo 様と同じメニューを召しあがった方もいらっしゃるのですよね。
    Juanさんは,普段も今回のようにフレンドリーにゲストと食事をしたりされているのでしょうか?

    いろいろと素朴な疑問が出てきましたので,思い切って書かせていただきました。
    差支えない範囲で教えていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。

  2. Yuzo
    2013 年 1 月 28 日 21:52 | #2

    LET 様

     いつもコメント有り難うございます。( ̄^ ̄)ゞ
     今回の食事は2☆シェフの料理だけあってとても美味しく頂きました。Juanさん達との話に花を咲かせるにはモッテコイのものだったと思います。 

     トランペットですが、リンクに早速飛ばせて頂きましたが「なるほど~!」でした。
     有り難うございます。m(__)m
     手元の写真を超拡大してみると、確かにそういう感じのものがゴッソリ写っています。(笑)
     キクラゲみたいなものかな?と思っていましたが、これで解決です。

     今回の特別コースは本当に運がよかったと思います。
     Ritz HKが主催していたわけですから、それでJuanさんご夫婦もいらっしゃったのだと思います。
     その中で、一人でひょっこりと宿泊に来たのでお誘い頂けたのではと考えています。
     もしかすると一人で寂しそうに見えたのかもしれません。(ρ_;)

     でも、料理の金額についてはそれほど高くありませんでした。
     手元の資料を見ると..
      
    Priced at HK$1,880+10% per person for an eight courses menu paired with wines..

     と、ありますからワイン・サービス料込で2万円程度ということになります。
     Spainの良さを多くの人に知ってもらうことが目的とききましたから、それで金額も安く設定したのかもしれませんね。

     モチロン他の皆さんも同じようにワインも料理も召し上がっているはずです。

     Juanさんの事ですから、他のお客さんとお食事されることもあるのではないでしょうか。
     (;^_^A
     先日連絡をとったときに、「また一緒に食事しましょう!」って言ってました。
     そういえば、「みんなで..」とも言ってましたね。
     みんなで香港に来てくださいってことでしょうね、きっと。(笑)
     
     The Ritz Carltonのホスピタリティに加え、Ritz HKの特に日本のお客さんを大事にしたいという気持ちも本当に強く感じますし、是非皆さんに訪問してほしいと思っています。
     写真を見て頂けたらお分かりかと思いますけど、本当に人柄が顔にも周りの空気にも現れていて素敵な方でした。私の場合は多くが偶然だと思いますが、今回のこの出会いを大切にさせて頂こうと思っています。
     お知り合いの方が香港に行く際は是非お知らせ下さいと言っていましたから、もし機会があれば是非どうぞ。
     (●´ω`●)

  3. LET
    2013 年 1 月 29 日 13:05 | #3

    Yuzo 様,

    図々しい質問に対して,いろいろと教えて下さり,ありがとうございました。
    大変参考になりました。

    最後の記念写真では,皆さん良い表情をしていらっしゃいますね。
    Juanさんはマネージャとのことですが,偉ぶった感じがなく,物腰が柔らかそうな方ですね。
    奥様も控えめで華美でなく上品な方という印象です。
    自己紹介されなければマネージャとは分からないですよね。

    私も,Yuzo 様とのご縁を大切にさせていただきたいと思っています。

  4. Yuzo
    2013 年 1 月 29 日 23:25 | #4

    LET 様 ( ̄^ ̄)ゞ

     こんばんは。
     何を指して図々しいとお考えになったのか想像が出来ませんでしたが、基本このブログについては皆さんを含め個人の特定につながったり個人情報を公開したりする等につながらなければ基本openにしたいと思っています。
     今回のように料金や情報などはお尋ね頂ければ全然お伝えできますからお気になさらずに。
     (^-^)v
     私がどこかでお役に立てれることができればそれは私の本望と考えていますから。(笑) 
     

     みんなで撮った写真ですが、本当に素敵なひと時を過ごし、その貴重な時を「記録したもの」という意味で私にとっては大きな宝物という位置づけになっています。
     Juanさんは本当に人柄よく、お話を聞いていて深く魅力を感じる方でした。Ritz HKのホスピタリティーもそうですが、特に日本からのお客さんも大事にするという点に営業的な卑しさが微塵も感じられず、一人ひとりを本当に大切にしようとしていると感じることができました。

     もしかしたら読者の一部に、Ritz HKの対応に営業っぽさを色濃く感じる方もいるのかもしれませんけど、そういったものを微塵も感じませんでしたから本物かと思います。(寧ろそうお感じになった方がいたとすれば、それは私の記事の仕方が大袈裟且つ問題アリかもしれませんね。(笑))
     自惚れかも知れませんが、私はそういう点に絡む仕事をしていることもあり、人の奥底を見抜く力は高く持ち合わせていると考えています。その能力なくして今の私は存在しませんからね。
     Juanさんの考え方はホンモノ!! だから私はRitz HKを心から好きになりました。(^-^)v
     そういうRitz HKであり、JGRの皆さん、そしてstaffのTopにJuanさんがいるからこそ多くの方に訪問してほしいと感じています。ですから皆さんにRitz HKを体験してほしいと心から思っていますし、Juanさんを皆さんに紹介しこのシアワセを多くの方に経験して頂きたいと考えています。

     LETさんも書かれていましたが、ご縁はホント大切にしなければなりませんね!
     人とのかかわり方ひとつでその人の心の豊かさが大きく変わるのは間違いありませんから。
     不束者ですが今後ともよろしくお願いします。m(__)m
     

  5. kirara
    2013 年 2 月 11 日 11:33 | #5

    素晴らしいお料理ですね♪
    お食事会にご招待されたなんて、Yuzo さん、さすがですね(^_-)-☆
    リッツカールトン香港では、中華、イタリアン、アフタヌーンティーはしたけれど、こちらには
    まだ伺ったことがないから、ぜひ行ってみたいわ♪
    ところで、イタリアンでもアフタヌーンティーでも、こちらの長身のシュフさんが挨拶にいらしたのですが
    イッタイ、どちらのグランシェフさんなのかしら?? 
    それから、中央の方はSさんですか?
    ホテルのコスチューム姿のシャキシャキされたイメージと違い、とっても可愛らしい感じ~☆

    YuzoさんはGWに香港に行かれるのですか?
    今週、またまた旅行に出かけるkiraraですが、Yuzoさんのブログを見ていたら、香港にも行きたくなっちゃいました♪

  6. Yuzo
    2013 年 2 月 11 日 22:48 | #6

    Kiraraさま、( ̄^ ̄)ゞ

     お久しぶりです!
     料理スゴイでしょ。2☆シェフの料理でしたからね、とっても満足でしたけどそれ以上にハナシの方で盛り上がってしまったのとお酒が入ってしまったので残念なコトに後半の味は全然覚えていないんです。(ρ_;)

     やはりワタシはアルコールを飲んじゃいけないデスネ。(笑)

     一緒に撮ったシェフが挨拶にきたのはOZONEだけですよ。
     Afternoon Teaにも行きましたが、そういうのは特別ありませんでした。
     多分Juanさんが呼んでくれたんじゃないかな?
     そして、一緒に写っている女性はご推察の通りSさんです。
     可愛らしいですよね!今回、彼女が居なかったらすべて成り立たなかったことです。
     いろいろと感謝しています。

     あとお書きになったように今年のGWも香港(とマカオ、台北)に行きます!
     milesとAmexのpointsが貯まりに貯まってまして消費に大変コマッテマス..
     だから少なくとも香港は特典航空券で最低数回は行こうとオモッテマス。
     でも、気持ちばかりで時間が取れないのが悲しいです。
     もうRitz HKに完全にはまってシマイマシタ..(;^_^A

     それにしてもKiraraさんはレストランもどんどん制覇しているんですね。
     私以上にRitz HK通になってしまってますね。(笑)
     スゴイです。
     というか、また旅行に行くKiraraさんズルイ!!(ρ_;)
     羨まし~なぁ..

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)