#9-48. The Ritz Carlton, Dubai International Financial Centreで始まる素敵なおもてなし..(2)

 LoungeでCheck-in.. ってトコが全く書かれていなかったネ。(笑)

 

 

 

 まぁ、ここThe Ritz Carlton DIFCでも厚遇を受けているわけだが、Hotel到着後に飯島さんが迎えに来てくれて挨拶後そのままLoungeへ..

 

 ここ(↑)はLoungeに入ったスグのトコロ..
 奥のドア(入口)から来ました。(;^_^A
 中央の女性はラウンジの受付の方で、Concierge的な機能も持ち合わせている。
 滞在中はモチロン、ビジネス絡みの相談から文書の印刷まで多岐に渡り活躍してくれます。

 まぁ、「困ったときは彼女に相談!」が基本デス。(笑)

 

 特筆すべきはラウンジに用意してあったfood。(笑)
 いろんなものがあったよぉ。

 

 めっちゃ美味しそうなパン~!!
 ワッフルみたいなサンドイッチも..

 そして..

 この時間は軽食も用意されています!

 更に..

 

 スイーツやChampagneやWineのおつまみや何種類かのチーズ..
 (^_^)∠※PAN!

 更に..

 紅茶・珈琲のお供のクッキー・ビスケット類もバッチリ!!
 流石ドバイの金融街ど真ん中にあるここDIFCは旅行客重視というよりもビジネス客が気軽に利用でき、居心地のよさを深く考えられ構成されているように感じました。

 でも、そういった肝心のところは写さずラウンジの食べ物ばかり写していましたが..(笑)

 

 さて、ここではCheck-inを行いましたが、次にセールスマネージャーの飯島さんが昼食に招待してくれるということで「Blue Rain..」という北タイ料理が楽しめるRestaurantに移動。

 タイ料理は正直初めてでしたから、とても楽しみに感じます。

 グラブラウンジからの移動の際、途中2頭のお馬さんがお出迎えしてくれました。
 ( ̄^ ̄)ゞコンニチハ

 

 生後半年~1年くらいの大きさで、(人間の)子どもだったら余裕で乗れる大きさです。
 確か期間限定の展示って言ってたようにオモイマスから、もう無いのかなぁ..
 (;^_^A

 

 この先に、Blue Rainがあります。

 

 

Blue Rain…

 夜になると雰囲気がまた一転します。


[夜の写真はホムペより借りています。m(__)m]

 ね! 素敵でしょ?

 

 今回は飯島さんが事前にBlue Rainのシェフにハナシをしてくれてあったようで、通常のランチを一部アレンジして素敵な料理をServeしてくれることになりました。

 (ρ_;)

 

 

 まずは飲み物ですが、当然アルコール類は×!!
 ソフトドリンクです。(笑)

 banana sunraise、cocodjamo、mango pineapple等様々なものがありましたが、タイ料理をいただけるという事でタイの人たちが好んで飲むものはどれかと尋ね..

 「honey cucumbers..」という飲み物をチョイスさせて頂きます。(↓)

 

 さて、ランチが始まります。
 (;^_^A

 

 まずは、

 Appetizersとしての「tod man kung」..
 一言でいうと、海老のフライですが一口食べてわかったことがあります。

 「あれ? この味.. 日本食に近い..」とね!

 

 続けてSoupですが、「gang jues woonsen kai sap」..

 う~ん.. おかしい。
 何でこんな美味しいの?
 ってオモッテシマイマス..

 爆発的な美味しさ.. って感じではなく、なんかこう身体にしみこんだいつもの味というか..
 美味しいんですけど、「懐かしい..(ρ_;)」って身体が喜ぶオイシサ..

 どんな料理だったかというと、鳥をメインとし野菜の旨みも引き出したスープにglass noodleが入っています..
 glass noodleって春雨でいいんだよね?
 でもオカシイ.. 同じアジア(東/東南アジア)の料理として考えれば極自然なことなのかもしれないけどあまりにもしっくりし過ぎるんだよね。
 どうしてなんだろう?

 

 って考えていたら、Exective ChefのRon Pietruszkaさんが挨拶に来てくれました。

 

 色々話を聞いていると、Ronさんの料理は日本に広く精通しているんだって。(笑)
 日本で料理の勉強もしたっていってたかな..
 だからこんな美味しいんだ。(笑)

 同じアジアだけど、日本とタイは結構離れてるから色々と味付けの仕方や感覚が違うんだろうと予想してたけど、メチャメチャ美味しかったです。(笑)

 正直言うとね、イチバン最初に出てきたキュウリのドリンクは味も匂いもキュウリなんで、「うん、そのまんま!」って思ってたけどAppetizers.. Soup.. で大掛かりな方向転換。(笑)

 派手さはまったくないのですが、ここは日本?っていう懐かしさを感じました。(笑)
 私の身体は長年この味を感じていた..
 そう長い年月を経て、今まで食べてきた味じゃん。(笑) ってね!

 
 韓国、スペインとドバイの流れでしたし、暫く一切日本料理を頂いていませんでしたからドストライクでした。(笑)

 

 続けてmain courseに移ります。

 

 これがシェフ自慢の料理..
 オムライスのように見えますよね!
 周りを包んでいるものは薄焼きタマゴなんですけど、よく見るとメッシュのようになっています。
 色合いも素敵で、なかなかインパクトありました。
 どうしても海外でとる食事はフレンチフルコースが基本になっているのでそれに比べると派手さはあまりないのですが、口の中に運ぶとスッゴイ感動です。

 

 中に包まれているのは米粉からつくられた麺だったと思います。
 正直いうとね~.. 日本人がつくったタイ料理!!って誰もが思うくらい日本人好みの味だね。(笑)

 日本人でこれ嫌いっていう人ゼッタイいないと思うよ、うんそう言い切ってもダイジョウブ!
 うん、マチガイナク美味しい。(笑)

 こういう表現は失礼になっちゃうかな~.. ドバイに来て、日本の料理が恋しくなったらここに来てごらん。
 ゼッタイ間違いないゾ!!
 d( ̄  ̄)

 

 Ronさんが日本の料理を学んだというのは別に、もしタイの料理の味というか味覚の基本が本当にこの通りだったらゼッタイに行きたいよね!

 タイ航空のFirst Classも乗ってみたいとオモッテタンダ。
 d( ̄  ̄)

 

 さて、ランチコースはAED110(Dh110)なので、決して高くないしBlueRainアリです。
 Ronさん.. 日本の料理に精通しすぎ。(笑)

 シンガポールのAndreのシェフ.. アンドレ・チャンさんも日本でフレンチの鉄人の下で多くを学んだっていってたけど、美味しかったな~。
 (。´ω`。)

 
 飯島さんはこうも伝えてくれたな、「ここは金融街の中心(ど真ん中)ですし、多くのビジネスマンが利用しているのですがもっと多くの人にこの味を知ってほしいんですけどね。毎日とるランチとしては(金額が)高いのかもしれませんけど、一度食べにきていただけたらきっと皆さんとりこになるくらいオススメの料理(=Restaurant)なんですけどね!」って。
 (。´ω`。)

 

 うん、わかるわかる。(笑)
 

 

 続けて、デザートと紅茶をイタダキました。 
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 紅茶は数多くの中からお好みのものを選ぶことができます。(↓)

 この紅茶は何をチョイスしたのか思い出せません。(笑)
 すみません.. m(__)m

 でも、色合いきれいですよね!

 

 そして、最後に出てきたデザートがこちら..(↓)

 黄色いものはマンゴーです。
 甘党のワタシはこれ確実にアリ!です。
 日本でも食べたいなぁ.. ってオモイマス。(笑)
 でも、ワタシのホームタウンにタイ料理ってあったかな.. ちと探してみるか。(笑)

 んで、左のシチューみたいのはココナッツミルクと幾らかのフルーツを楽しめます。
 真ん中のおにぎりのようなお団子はね、粘り気の強いお餅のようなもの..
 もち米を使ってるって言ってたっけ?
 正直いうとね、(キュウリのドリンクは外させてイタダイテ..)それ以外はドストライク!!!

 どうも海外にいくと豪華なフルコースばかりになってしまうんですが、今度ドバイに来たとき忘れずここにこなきゃっていうポジションのRestaurantです。
 うん、なかなかオススメ..
 d( ̄  ̄)

 是非、覚えておいて下さい!
 Afternoon Teaやフレンチのコースに胃が疲れてきたかな~.. ってときは特にいいと思うヨ!


Trackback URL

  1. kirara
    2013 年 10 月 28 日 01:49 | #1

    Yuzoさん、こんばんは♪
    こちらのリッツカールトンのラウンジも、とても居心地よさそうですね!
    置かれているお料理も、バラエティーに富んでいて美味しそう v(^~^*)

    そしてオススメのレストラン、行ってみたいです~~
    「身体が喜ぶオイシサ」・・・   このスープ、すごく気になります♪

    ところで、10月も終わりですので、横松さんにお礼のメールをと思っていたのですが、
    来年の2月までいらっしゃるのですか? 喜んでいらっしゃるゲストさん、多いでしょうね!!
    kiraraも、それまでにまた香港に行けたらイイなぁ (^▽^)ノ

    それから、Yuzoさんはカメラは何を使われていますか?
    いつも景色やお料理等、お写真が素敵なので・・・ でもきっと腕が良いからですよね☆
    今年もいろいろな所のクリスマスイルミを観に行くと思うので、カメラを買いたいなと思って♪
    でも、一眼レフかしら?  夜景は特にブレやすく難しいですよね(><

  2. Yuzo
    2013 年 10 月 28 日 19:29 | #2

    kiraraさん、こんばんは。

     DIFCは確実にリゾート系ではなく、ビジネス系のHotelなのでラクジュアリー感を抑えた設計をしているのだと思いますが、私はとても素敵に感じましたよ。
     軽食やスイーツは欠かさず頂きました。(笑)
     とても大きなチョコクッキーも頂きましたし..d( ̄  ̄)

     はい、BlueRainについては正直☆付フレンチフルコースの大きな感動はありません。
     その辺で言えば、なかなか凝っている.. という感じです。
     ただ、書きましたようにマチガイナク日本人好みの味付けですね!
     まだ経験はありませんが、本場のタイ料理もこんな感じだったらタイ航空かCathay Pacificで通っちゃうゾ!!
     っていう思いがあります。

     Ron Pietruszkaシェフの味は私が自信を持ってオススメできますよ。
     d( ̄  ̄)
     
     爆発的な美味しさではなく.. お袋の味でもなく.. なんというか、本当に「身体に染み込んでくる美味しさ」なんです。
     機会がありましたら是非どうぞ。
     私はDubaiに行くときここ利用すること多くなるとオモイマス!
     雰囲気も、味も、価格もシゴトのハナシをしながら軽く食事をっていうのはここアリですね!(笑)

     さて、ご質問いただいたカメラですが私はCanon Powershot S100を使っています。
     特長は「広角24mm」「F2.0レンズ」です。
     私の場合景色をよく写しますし、また照明を落とした暗く落ち着いた中で料理を写すのでF2.0レンズは欠かせません。
     また、F2.0レンズは光を多く集めてくれるので、手ブレもほとんど起きません。
     一眼ではありませんけど、コンパクトデジタルカメラであれば私の一押しデス!!
     後継の機種がS120で人気が高いようです。
     この機種はwifi機能が標準でついているので、撮影したものをスマホやタブレットで簡単に確認(転送)できるそうなので私も買い換えようかな~とオモッテイマス。(笑)

     参考にして下さい。m(__)m
     

  3. kirara
    2013 年 10 月 30 日 13:31 | #3

    Yuzoさん、こんにちは♪
    じつはkiraraもCanon (かなり前に買ったものですが・・・) なんですよ~
    だからCanonにしようか迷っていたので、すごく嬉しいですヽ(^o^)丿

    早くカメラを買い替えたいので、今週末にでもカメラ屋さんに行ってきますね!
    ありがとうございますm(_”_)m

  4. Yuzo
    2013 年 10 月 30 日 16:09 | #4

    kiraraさま.. d( ̄  ̄)

     こんにちは、yamanakaさんに推薦いただいたcanonですが、とても使い勝手がよくしっくりとしています。
     それにしても、kiraraさんはアクティブですね!
     「今週末、さぁ買いに行ってこよう!」ですか.. (;^_^A

     でも、旅行大好きのkiraraさんなので、確かに頷けます。(笑)

     ブログ毎日訪問しているので、是非ブログ内で何を買ったのか教えてください。
     私も次の機種を買うときの参考にしたいと思います。

     イチオウ! S120を購入するとオモイマスケド..(笑)

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)