#04-9. Celebrity Chef Restaurants ‘Guy Savoy’の味を楽しむ..(3)

 3reportsとなってしまったが、Guy SavoyでのDinner記事も今回が最後になる..

 今回、Singaporeでの初ディナーにCelebrity Chef Restaurantsの1つGuy Savoyを選んだのだが..
 結論から言ってハズレはなく、アタリだね!
 入店時の大歓迎から始まり、前回の第2話までナカナカ素敵な展開できておるしな。

 余計なコトを追記しすぎということから1回の食事が3話目に突入してしまっているんだが、まぁこのブログの特長でもあるだらだら記事はご容赦して頂いて、さっさと続きを書いていきたい。

 

 しか~し、その前に(余計な)コバナシを2つほど書かせてもらいたいと思っとる。(笑)
 1つ目は「ブログ解析ソフト」のお話から..

 

 ブログのカウンター上では、嬉しいことに本日270,000カウント?PV?を達成できたんだが、実はカウンターを設けるまでに少々タイムラグがあってな、管理者が見ることが出来る解析ソフト上では嬉しいことに308,000PVを超えている。

 そのような中で見つけたネタがあるわけよ。
 チョイと寄り道させてイタダキマス。m(__)m

 解析ソフトにはこのブログにどのような検索ワードを使ってたどり着いたのか、またはどのブログにダイブしてくれたのかがわかるようになってんだが..
 少し前に目に付いたんだが「盛り付け方」「料理の表現の仕方」といった料理人(もしくはそこを目指す学生か?)と思われる人たちからのアクセスがちらほらと目に付くようになってきた。

 まぁ、どんな形でも誰かの役に立つのであれば嬉しいし、多かれ少なかれ他のブログよりも写真にはこだわっているので、ソコソコは参考になるだろう。(笑)
 料理のマクロ撮影も多いしな、それなりの知識や経験を持つ人が見たら一瞬でその辺は見抜けちまうんだろう。(笑)

 

 自由気ままに、且つ好き勝手に書いているブログが誰かしらの役に立っているのであればほんと嬉しいと思う。
 小学生の頃は、予定帳の下部にある日記とかも上手に書けず、ガッコウのセンセイにはよショッチュウ「もっと字を丁寧に書きなさい!」とか、「自分だけがわかる日記は書かないように!」などとよく言われたもんだ。
 問題児だったからな、オレ。(笑)
 まぁ、真剣味に欠けていたっつうコトだ。
 そういう人間でも今ではこうした日記もちゃんと更新して書き続けることができているからな、大分成長したってコトがわかる。(笑)

 
 ハナシは戻るが、誰かしらの役に立てているのであれば今後の励みにもなるしな、その為にも来年以降も継続して沢山美味しいものを食べに行こうかと思ってる。(爆)

 これが1つめ..

 

 

 2つめはHilton H Honorsステータスのオハナシ..

 以前、 H Honors GOLDと共にスバラシイキャンペーンのネタを記事にしたが、そのことで笑えるハナシがあんのよ。
 今年9月のDubai-Spainの旅行時、中部国際空港から仁川に飛ぶんだが、Emiratesに乗り継ぎが(到着時間から出発時間までの時間が)12時間くらいあるわけだ。

 そこで今回、滞在回数たった7回もしくは宿泊数15泊でGoldからDiamondにステータスアップするという太っ腹の企画があるので、この機を逃すわけにはいかんと..
 そう考えたわけだ。

 そそくさとリザベーションセンターに電話し予約を済ませ、その上でこのキャンペーンについて本当かどうか確認をすべく電話をしたわけだ。
 その時のオハナシです。

 

 空港ではラウンジを当然利用するので、その時間も考慮すると実質Hotelでの滞在可能な時間は6時間程度..
 まぁ、仕方がないことなんだがたったそれだけでも1泊分の金額を支払うことになるわけだ。
 しかしよ、まぁDiamondに続く道と考えればまぁアリだろうと考えていた矢先..
 修行修行とオレは意気込んでいたわけね..

 仁川空港周辺で利用できるHilton系列のホテルというと、Grand Hilton Seoul Hotelになるのだが..
 ここまで移動で50分程かかるようだ。

 まぁ、またなんとかっつうリムジンを手配、高速でぶっとばしてもらうから正味40分ほどかと思うが、それでもHotel-空港間の往復で合計1時間半~2時間は要すということになるってわけだ。

 昼の12時半に仁川に着いて、夜中の0時にDubaiに向けて出発であれば、ラウンジをハシゴして時間潰すのもキツイんで仮宿にて時間を潰すのもアリかな..と。
 しかも例の太っ腹キャンペーンもあるし、考えようによっては宿泊数を稼ぐチャ~ンス!

 ともいえる。(笑)

 

 オペレーターと幾つか情報をやりとりし予約を済ませ、予約内容が記載されたメールが登録したアドレスに受信する。
 このタイミングをみて、オペレーターの女性に聞いてみたわけよ、その太っ腹キャンペーンのことをな。(笑)

 

 Yuz「(省略)とにかく今回案内がきた企画はほんと太っ腹だね~。これってさ、7回滞在したらステータスはGoldのままで特典だけ期間限定のDiamondとか.. そういうオチはないの?」

 Ope「いいえ、本当ですよ。わずかな滞在日数でお客様の場合はGoldからDiamondにステータスが上がります。」

 Yuz「マジで?こんなハードル低かったらみんなDiamondになっちゃうじゃん。ありなのコレ?」

 Ope「はい、私もこのDiamond会員へのFast Trackキャンペーンは予約の受付をするようになってから初めてですので、最初私自身も驚きましたし多くの会員様よりお問い合わせも頂きました。これは、マチガイではありませんのでご安心下さい。」

 Yuz「スゴイナ~.. じゃぁ、来年はDiamondマチガイ無しだ。(笑)ほんとありがとう!」

 

 Ope「・・・」

 Ope「ただ、大変申し訳ありません。小さな文字で右に書かれているのですが、このfast trackキャンペーンは4/1~6/30迄の期間を対象に行われていまして..」

 Yuz「えぇ~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3」
     「じゃぁ、もう終わってんじゃん」
    Σ( ̄□ ̄;)ち~ん

 Ope「そうなります。申し訳ありません..」

 

 という会話があって、来年はDiamondは無理ということが確定(笑)(笑)

 あほくさ~
 (ρ_;)

 

 って感じです。
 おいしい話にはちゃんとオチが隠されていました。(笑)

 チャンチャン♪

 

 

 さて、本題に戻ります。
 m(__)m

 

 

 ところで、この写真(↓)何かわかると思うんだけど、
 めちゃくちゃ美味しそうじゃね?

 事実、美味しかったんだけどよ。
 このバターのとろけ具合といい、ほんとうに美味しそうです。

 まぁ、こんなところから始めたいと思います。
 ヨロシクだ。

 


Artichoke and black truffle soup,
toasted mushroom brioche and black truffle butter

 ここでも菊芋だったか?
 Artichokeが出てきた。
 スープの中に3つほど正方形のものが浮いていると思うがこれがそうだったと思う。

 真ん中の黒いのはスライスされたトリュフ..

 菊芋はイメージや実際に食べてみた触感は里芋と長芋の中間みたいな感じかな..
 マズくもないけど美味くもないって感じだね。

 あとは、まぁス~プってトコだ。(笑)

 

 


Pigeon ‘poche-roti’ in winter-spiced crust,
Golden turnips and roasted mushrooms 

  見た目(盛り付け方)も上手くできています。
 写真右上のシルバーの食器(というか、手を洗うもの..)が欲しくなりました。
 一昔前によくネタとしてあったこの水をゴクゴクってやつ(笑)、それを思い出してしまいました。

 美味しかったデス。( ̄^ ̄)ゞ

 

 


Fine cheeses

 もうお決まりですが、チーズくんたちです。
 最近ほんとチーズを頂く機会が増えました。
 フレンチの機会が増えてますね~。

 逆に日本料理を頂く機会がめっきり減ってしまっています。
 あ~、京都行きて~。

 

 チーズは3種類をチョイス..
 初めはこのカビがべっとりついているのをみたとき、こんなの食べれるわけね~よ。
 (▼▼)
 ってオモイマシタケド、不思議なことに最近はこのカビの美味しさもわかってきました。(笑)
 これを初めて食べた人.. ホントスゴイよ。
 ( ̄^ ̄)ゞ敬礼っ!

 

 あと、ナマコも..(笑)

 

 


Apple textures

 お~..
 とうとうデザートが出てきたか..
 長かったけど、いよいよ終わりに近づいたかぁ..
 ってオモイマシタケド、それはマチガイでした。(笑)

 まだまだ続きがあります。

 モチロン、美味しく頂きました。

 

 シャーベットとスプーンにのっかってるのはチーズケーキだったかな?
 すいません、はっきりと覚えていなくて.. 
 (;^_^A

 

 


chocolate orb

 コレコレ!
 写真から何かわかります?
 メニューに出てしまっているんで、バレバレですが丸いチョコレートが出てきました。

 この大きさは丁度ピンポン玉くらいです。

 これを一口でパクっ!!って言うわけではありませんよ、
 Guy Savoyでは席に出された後のひと手間があると何度も書いたのを覚えていますか?

 

 この状態から今度は熱いホットチョコレートをかけるのです。
 ホットチョコをかけた後はコチラ(↓)

 中にもイロイロと仕込まれていましたよ。
 ホント至れりつくせりデス。(笑)

 

 

 最後に、

 ガラガラ~っとテーブルまでデザートくんたちが運ばれてきました。
 「これって、いくつ頼めるんですか?」という質問に..

 「お好きなだけどうぞっ!」

 って言って頂けました。
 (^_^)∠※PAN!

 

 んで、オネガイしたのがコチラ(↓)

 

 そして~..

 

 チョコレートムース..

 

 からの~

 

 アイス~

 で本当に終了デス。
 ほんとよくこれだけ食べれたと思いました。(笑)

 

 まだ1店目しか紹介していませんが、Singaporeはこういうクオリティーの高いお店がとても多いように思います。
 味も日本人の味覚に近いですし、とても合うかと思います。

 日本人だから故のこだわりかもしれませんが、やはり世界一おいしい料理は日本食です。
 でも、そういう日本人でも美味しく頂ける国がSingaporeだと思いました。
 来年も行って来ようかと思っています。

 

 そして、最後の最後には..

 

 秘密の巻物を頂きました。
 一体ここに何が書かれているかは、是非皆さんが体験して確かめて欲しいと心から思っています。

 魅惑のSingapore!
 心からオススメしますよ!

 是非、お楽しみ下さい。
 m(__)m

 

 オシマイ


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)