#01-14. Sankara Hotel&Spa屋久島08_Sayonara Yakushima…


[屋久島空港出発直後]

「Sankara Hotel&Spa屋久島」編、いよいよ最終回だ…

 

3月中旬より始まった「Sankara Hotel&Spa屋久島」編も今日で最後となる。

その間に、海外にでかけただけでなく、国内も合わせて5Hotel7泊もした。
記事を細かく書くということは、これから訪れる人にとってはいろいろと役に立つがブログネタが増えていくばかりなので困ったもんだ。
まっ、頑張ってupしていくとしよう。

 


充実した「食」「住」「体験」が経験できたここサンカラととうとうお別れの時がやってきた。

通常、昼12時にチェックアウトなのだが、”Sankara Hotel&Spa屋久島”サイドの配慮で無料にて16時迄レイトチェックアウトの対応をしてくれた。
その上で、ホテルを出発するときは”到着時”と同じく、多くのスタッフが”見送り”にきてくれたのである。

そういう「歓迎」と「見送り」の仕方は理想のひとつだということはわかってはいるが、実践できているホテルは数少ないと思う。
今回の滞在では、本当に何からなにまでお世話になりっぱなしだったが、全てにおいて高い満足度を得られたのは言うまでもない。

本心で言うのだが、サンカラとってもえ~よ、是非一度は訪問してほしい。
ゼッタイ訪問の価値アリだ。(笑)

 

私にとって、日々生活をしている居住地からすると唯一アクセスの悪さだけが悲しい現実なのだが、以前の記事で紹介したように京都訪問と併せて、ここサンカラを再び訪れてみたい。

直行便が出ている「伊丹空港」と「福岡空港」周辺にお住まいの方は本当に羨ましい。

 
実は、今年の年末年始の予定を国内で過ごすか海外で過ごすかはまだ決めていない為、有力な候補のひとつとなっている。

今年の年始のハナシに遡るのだが、タッチの差で「ANA初日の出フライト with Premium Class」に参加できなかった。
申込をしたとき、「キャンセル待ち1人目となります」だと…(‘;ω;`)
結局、一人もキャンセルすることなく、実現できんかった。

これが心残りだ。
故に、海外脱出を除けば「大阪」「京都」「屋久島」「北海道」は最有力候補だ。

 

話しは一気にサンカラに戻るのだが、(笑)
帰りも行き同様Toyotaの最高級ワゴンで空港まで送って頂く。
それにしても、こういった送迎サービスは本当に有り難い。
総合的にここまで満足度の高いホテルはなかなかないだろうな、きっと。

 

 

屋久島空港にて…

車で20分ほど走ると、屋久島空港に到着する。
バトラーのku○○ya○○さんとはチェックインカウンターでとうとうお別れをし、搭乗手続きを済ませ、いよいよ飛行機に乗り込む。
行き同様、飛行機までは歩いて進む。
豪華な空港とはかけ離れているが、私はこういった空港が結構好きだ。

 

以前、Hawaii島に遊びに行ったとき、Kona International AirPortで直接歩いて飛行機に直接乗り込むのとまったく同じだ。

 

屋久島空港はこんな感じ(↑)。

屋久島空港を飛び立ち、しばらくは屋久島上空を飛ぶ。
屋久島最後の1枚だ。

サンカラスタッフの多くの「心遣い」、素敵なホテルでの「滞在」、縄文杉を始めとする素晴らしい「大自然」に触れ、最高のひとときを過ごすことができたわけだ。

ありがとう、屋久島…
Sayonara Yakushima…

 

お気に入りの1枚…

最後の最後に素敵な景色を拝めることができかなり満足。(^-^)v

 

 

そして、かろうじて間に合ったという程度だが、ギリギリ「日の入り」をカメラに収めることができた。
以下の動画(↓)は「(かろうじての)日の入り」を収めたもの。

 

(↓)オマケとして、飛行機に乗れば誰でも見れる光景なのだが、「雲もくもく」の映像…

こういう感じ(↑)だ~いスキ!!

 

 

本当に、またこの地に降り立とうと誓ったわけである。
「Sankara Hotel&Spa屋久島」(続編)…いつになるかわからんがお楽しみに。

 

 

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい

 


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)