#7-28. Armani Hotel Dubai_Executive Suite.Fountain view Room宿泊記(1)…

 いよいよArmani Hotel Dubaiのハナシ..

 さて、無事Dubai International Airportに着き、初Armani Hotelに宿泊となるのだがもう少し空港でのハナシをしておきたい。

 多分Business Classでももらえたかと思うけど、First Classに搭乗すると着陸の1時間ほど前にCAがFast Track passを必要とするか確認に回る。
 今までの経験上、向こうから言ってくれるときもあるが言わないともらえないときもあった。

 Fast Track PassとはT3(ターミナル3)内のイミグレを通過する際の優先カウンターを使用するためのTicketのようなものだ。
 ただ実際はあってもなくても大丈夫。
 どうしてかというと、優先カウンターの前にはFirst Classの客かどうかをチェックするオバチャンが立っている。
 First Classでなくともチケットを持っていれば使うこともできるし、チケットを持っていなくてもFirst Classに搭乗していることをタグやチケットの半券等で証明すれば素通りできる。
 現物はというとこんな感じのもの。(↓)

 iPhoneを横に置いといたからよ、大きさなんかがよくわかるんじゃないかと思う。
 2枚手元に残っていたので、表と裏で並べて写してみた。

 8-14がFast Track Counterとして機能しているようだ。

 夜中着はともかく、昼間Dubai着便の場合は助かるよなぁ。
 理想を言えばe-gateだけど申請方法とかわからんし、めんどくさそうだからこれで十分。(笑)

 First ClassとBusiness Class専用のカウンターとはいえ、利用者は結構いたぞ。

 そうだなぁ、今回は並んで15分くらいで入国って感じだ。
 まぁ、便利だと思うよ。
 無いよりは全然マシ、有り難うございます。m(__)m

 

 それほど時間をかけずに入国審査を通過し、Dubaiの空港らしい煌びやかな光景が目に入る。

 

 Dubaiはほんとキンキラキンだね。(笑)
 でも、そんなところが魅力のひとつでもあるんだけどさ。

 イミグレ通過後は、Baggage Claimを目指す。

 今回もちゃんとPriority Tag付きで速攻流れてきたので安心だ。

 実はよ、今回はこっからいつもと違うのよ。
 何がというとよ、航空券予約の段階でChauffeur Drive Serviceを申込しておいたのさ。

 Chauffeur Drive Serviceっていうのは、エミレーツが就航している主要都市で受けられる空港からの送迎サービスでこれもFirst Class(一部Business Class)搭乗者が受けられるもの。

 以前の記事で書いたことがあるが、宿泊するホテルによっては送迎サービス(+空港アシスト)が付帯するものもある為Chauffeur Drive Serviceを利用しない場合もあるが今回はブログの為に利用させてもらった。(因みに、日本ではこのサービスは受けられないそうだ。)

 

 

Chauffeur Drive Service…

 Baggage Claimで荷物を受け取った後、Chauffeur Drive Serviceカウンターを目指す。
 カウンターの場所は、入国審査の間逆..
 ず~っと奥に突き進むとそれはある。

 「ここをくぐるともう戻れないよぉ」というゲートをくぐり、先に進むと看板がやっと見つかる。

 黒くマスクしてあるのはワタシがしたのではなく、実際に黒いシートが貼られていた。
 

 この写真をみると「あ~、ここね!」ってわかる人もいるのではないか。
 上の写真の青い看板の下を抜け、右手奥がカウンターだ。

 

 パスポートを見せるとCheck-in slipを印刷してくれる。
 それがコレ。(↓)

 行き先もArmani Hotelと明記されている。
 これをもってタクシー乗り場みたいな場所に行く。
 するとエミレーツの所有するVW(だったかな)で、無料にて送ってくれるわけだ。
 当然、迎えも依頼できる。

 

 あまりよい車ではないが、空港から5分10分で到着するBurj Khalifaまでなら十分有り難い。

 

 そう今から目指すアルマーニホテルは写真中央に聳え立つBurj Khalifaにあるのだ。

 High Wayといってよいのかわからんが、最低時速80km大体時速100km程度のスピードで車は移動する。
 ものの10分程で到着だ。

 

 何度来てもなんかオーラが漂ってるよな。
 人工の建物なんだけど..(笑)

 

 ホテル正面入り口に到着すると、ドアをホテルスタッフが開けてくれる。
 開業してもう暫く経つためか、こういった些細なことも即座に対応してくれる。
 過去にアルマーニホテルに滞在をした人のブログを見ると2010年の開業当時は不慣れなことも多くあってなかなか満足できないことも多くあったようだが、そのようなことはなさそうだ。

 安心できるゾって空気が漂っている。(笑)

 

 Armani Hotelに到着したという実感が湧く..
 いよいよだ。

 

 ホテル入り口を入り、写真をパチリ..

 この写真をみて、「あっ!」って思った人はトムクルーズ主演のミッション・インポッシブルを見た人ではないだろうか。
 この光景は何度か出てきました。

 写真左手が確かチェックインカウンター?だったように思います。
 まぁ、左右にカウンターがあり、私は左側を利用しました。
 パスポートを渡し、名前をつげるとカウンターのスタッフが誰かに電話をし始めます。
 

 チェックイン時に申し出たカウンターの写真がありませんでしたので、左手ではなく右手のカウンターの写真で紹介です。
 左手のカウンターも写真と同じ感じです。

 スタッフが電話をかけているのですが、どうやらつなぎたい人がいるようですが不在のよう..
 目の前のソファーでお待ち下さいとしばし休憩です。
 5分ほど経過した頃、「こんにちは、ようこそArmani Hotelにお越し下さいました」と日本語で話しかけられます。
 驚いて見上げると日本人スタッフが出迎えてくれました。

 簡単に挨拶と世間話を交わした後、部屋に通されるのかと思っていましたがそうではなく、ラウンジに案内されました。

 「只今お部屋の用意をさせて頂いておりますので、こちらでしばらくお待ち頂けますか」..と。

 

 よくAmexのFHR指定のホテルではこのようなことがあります。
 私の場合だいたい9割くらいでしょうか..
 今回宿泊のこのArmani HotelはAmexを通じてホテルの予約を行いましたがFHR指定ホテルではありません。

 まぁ、とりあえず通されたラウンジも素敵なところでした。

 まず眺めがDubai Fountain目前の席に案内されます。
 素晴らしい特等席です。

 そして、別のスタッフが手帳のようなものを渡してくれます。
 それがこれ。(↓)

 これって一体何だと思いますか?

 実は..

 

 Menuでした。(笑)
 待っている間、何かお飲み物はいかがですか?と勧められたというわけです。

 

 そこで私が頼んだのが..

 このようなスッキリ系の飲み物を頼みました。

 

 ガラスコップの横にあるこれ(↑)は、ストローケースです。
 Armaniはストローケースですら疎かにしないわけですね。(笑)
 脱帽です。

 

 暫くすると日本人スタッフであるYamamoto氏が改めて登場し、「お部屋の用意ができました」「いまからご案内します」とフルアテンド..

 

 宿泊者専用エレベーターまで案内され、エレベーターでは38階のボタンが押されます。
 アルマーニホテルはBurj Khalifaの1~8階、そして38階~39階のSuite Roomフロアの全10階で構成されています。

 38階に行くということは、かなり期待できるのではないでしょうか。
 o(≧▽≦)o

 

 エレベーターが指定のフロアに到着です。

 少々ピンボケしてしまっていますが、少し変わった雰囲気をもつフロアです。
 Yamamoto氏についていくと、

 今回宿泊の部屋が3807号室と知らされます。

 チェックインでもたついたのは、そうです!
 毎度のアップグレードだったのです。
 前述の通り、Armani HotelはAmexのFHRではないのでとてもシアワセです。
 しかも、今回の部屋はExecutive Suite Fountain view Roomだということでかなりの好条件。
 一体何が起こったのでしょうか?

 

 室内に入り、どれだけ素晴らしい部屋なのかは一瞬でわかりました。
 嬉しい限りです。

 

 さて、どのような部屋だったのかは、次回のお楽しみとさせて頂きます。(笑)


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)