#7-30. Armani Hotel Dubai_Executive Suite.Fountain view Room宿泊記(3)…

 今年のDubai旅行でも、Armani Hotelは既に予約済である。(笑)

 今年9月の訪問で、Dubaiの地を4度踏みしめることになるわけか..
 初めての訪問ではBurj Al Arabに滞在。
 ヘリコプターのチャーターフライトで都心・郊外の周遊を楽しんだのも懐かしい。
 7つ星ホテルの素晴らしさと最高レベルのButlerも体験できたし。(笑)
 この時点でもう完全にはまってしまったね。(笑)

 Al MAHARAでは貴重な体験もさせてもらったしな。
 途中岩にぶつかってしまったが、潜水艦も無事レストランまで到着できたのも楽しかった。

 

 初めてのDubaiへの移動手段としてどの航空会社を選ぶかという点は迷わずEmiratesだったわけだが、それはスイートクラスというかつて体験したことのないフライトに憧れたから。

 Incheon経由で発着しなければならないという問題もあるのだが、Airbus A380-800は日本にまだ就航していないからな。
 Airbus A380-800の素晴らしさを体験するということならばIncheon発着にしないといかん。
 それだけでなく、cost performanceの面でも多くの恩恵を受けることも出来、総合面でも素晴らしいのひと言に尽きる。

 

 Dubaiという国は本当にいい国だよ。
 物価も安いし、過ごしやすいし、20年前はほぼすべてが砂漠で覆われていたとは思えない素晴らしい国。
 気温は45℃50℃を越す日もあったが、オレは全然大丈夫。
 湿度の高い日本よりはよかったよ、あくまで個人的な考えだけどな。
 実際にBab Al YamではOut Sideでのランチを楽しませてもらった。
 楽しかったゾ。

 

 まだ私はBurj Al Arab、Armani Hotel、Raffles Hotel Dubaiしか宿泊していないが、Dubaiで中途半端なホテルでも作ろうもんならゼッタイ競争自体が成り立たんだろうからどこもかしこも高品質の滞在を格安で楽しめる。
(但し、Burj Al Arabだけは別だがな..)
 

 言い出したらキリがないな。(笑)

 何を言いたいのかというと、「行こうよ!Dubaiに!」だ。(笑)

 

 さてさて、お気に入りのArmani Hotel Dubaiであるが、今回は部屋の機能面を打ち出してみたいと思っている。
 まずは以下の写真をみてほしい。

 今回宿泊した部屋の至るところに上質な滞在につなげる様々な工夫が施されているわけだが、これはその1つ。
 タッチパネル式のディスプレイを操作することで快適度をさらに上げることが可能になる。

 ディスプレイはリビングの壁に埋め込まれていて、部屋の電話にもすべてではないが同じ機能を有している。
 室内の温度(空調)もここで操作でき、ドアの開錠もこのパネルで行う。
 画面真ん中にある’ Life Style Manager ‘ボタンはButler callボタンだと考えて頂ければよいだろう。

 一般的に電話をかけ、Butlerが居れば即会話できるし居なければCall Backとなるが、このLife Style Managerボタンを押すと担当のButler(Life Style Manager)から連絡をくれるというわけだ。
 まぁ、うっとうしい「○○だが、Butlerの××はいるか?居なければcall backして欲しい..」というやりとりを一切しなくても良いというわけだ。
 いろいろな意味で便利でもある。
 ただ、ボタンを押してどのくらいで連絡をくれるかは一切わからんことだけは難点だが、今回の滞在中に10分も15分も待たせることは一切なかったからな、なかなかのもんだったよ。
 オレは十分満足したね。(笑)

 

 ちなみに、動画でも紹介してみたい。
 操作中、ちょっとしたサプライズもあって正直びっくりしたのは事実だが。
 ネタとしても使えるので紹介したい。

 

 

 お分かり頂けたと思うが、タッチパネルをいろいろと操作をしていたところ突然部屋に届け物がきたわけだ。
 そこですかさず開錠。(笑)
 呼び鈴を押して、ものの数秒でドアが開くわけだから彼も驚いたかと思うよ。(笑)
 ちなみに届けられたものが何だったのかはナイショなんだが、ひと言で言えばナイス!
 なものだね。

 

 この他にも、部屋の至るところに操作パネルが設置され、かなり使いやすい居心地のよい部屋だったと思います。

 

 

 70㎡程の広さの部屋の為、執務室は別に用意されていませんでしたが私は旅行できているので関係在りません。
 Businessでこの部屋を利用する人の為に最低限の機能を備えたBusiness Deskも用意されていました。
 写真はピアノや電子オルガンのようにパタパタと開いていくとこういうデスクに早変わりデス。(↓)

 電源、有線LAN port、レターセットetc…
 私は使いませんでしたが、見る限り最低限のものはしっかりと押さえられていましたので安心です。

 

 部屋にはトイレが2つ用意されています。
 こちらは来客者用のトイレ。
 別に宿泊者用のトイレがあります。
 ただ基本的に、部屋に訪問者が来るというのもおかしな話で、位置づけとしてはそうなっているが一般的に両方とも宿泊者が使うらしいです。

 トイレ1つにしても、アメニティー1つ1つに拘りを持ち、細かいところまで配慮されていました。

 ハイセンスなデザインとアメニティーでこういうところでもArmaniらしさを感じることができます。
 ライトの質感/色、間接照明の使い方など設計の段階から深く考えられていたのだろうと思ってしまうほど。

 やはり思うに70㎡という狭い広さ故、空間としての高さと奥行きを強く意識させるつくり..
 ドア=壁という大胆な発想からのシンプルさの追求..
 (これは部屋に多くの機能をもたせようとすると必然的にモノが多くなるものですが、それらを壁の中に隠してしまう[=直接目に飛び込ませない]という方法をとることで精神的に圧迫を受けない居心地のよさを追求したものと勝手に思い込んでいます。)

 そう、壁からでっぱり(家電等)がでてこないような工夫を施しているということなんですね。
 凹凸を無くすことによって必然的に直方体の空間を強く感じられるようになります。

 う~ん、深く考えられています。

 

 さてさて以下の写真は前回紹介したBed Roomですが..

 

 ここでも壁を動かすと奥に部屋が隠されています。
 ここには、

  ・Walk in Closet
  ・Shower Room
  ・Bath-tub
  ・Toilet

 があります。

 

 ウォークインクローゼットは、このような感じでした。(↓)

 セキュリティーボックスやその他グッズもここに設置/用意されています。
 旅でくたびれたジャケットなどもここでプレスし、型のリメイクが可能です。
 ただ私の場合はドライクリーニングをお願いしてしまいますが..(でも、ちょっとコストが高いですね。)
 写真の左側にもモノを収納するだけのスペースはあったかと思います。
 部屋の中心にこういったクローゼットを隠し部屋として配置することで、ボストンバッグやスーツケースなどが部屋の中にだらしなく置かれることのないような配慮もされています。
 また、部屋の中心に置かれているため簡単にスーツケースからものを出すこともでき移動が極端に最小限で済みます。

 

 ここはシャワールーム(↓)..

 

 左がシャワールームの入り口を含めて撮影したもの。
 右がシャワールームの中を撮影したものですね。

 すべてにおいてハイセンスな設計で私は大好きです。

 

 そして、バスルーム(↓)..

 奥はトイレになっています。

 

 Bath-tubも広~くとられていました。

 

 Armani / PriveのBath Saltsも用意されています。
 なんかパッケージもお洒落で、結局開けることが出来ず、日本に持って帰ってきてしまいました。
 今も私の部屋に置かれています。(笑)

 

 最後にトイレ..(笑)

 と..
 その向かいにあったもの。

  

 まぁ、旅ブログも多くあるが、トイレまでしっかり紹介しているブログはそうないだろう。(笑)
 オレの品格の問題かもしれんが、

 いや~..
 Armani Hotelはトイレも紹介したくなるような素敵な部屋だったとそういう意味で解釈を是非して欲しいものだ。(笑)

 

 部屋にはいろいろなものが用意されているが、やはりこういった(↓)ものを物色中に見つけることができると嬉しいもんだよな。

 物色中と書いたが、リビングの机の上に置かれていたのでソッコー目に入ったわけだがな。(笑)
 何はともあれ、様々なところで気遣い心遣いを受けるのは悪い気がまったくせんな。

 また今年もよろしくお願いします。(笑)

 ( ̄^ ̄)ゞ


Trackback URL

  1. nozomi
    2013 年 10 月 22 日 01:04 | #1

    初めまして♡ドバイの旅行記を拝見さして頂きました。来月いくんですがアメックスから色々情報きいてラッフルズの200平米のスイートとこちらのアルマーニホテルと悩んでます。初めてのドバイですがどちらがお勧めですか?良かったら教えて下さい☻

  2. Yuzo
    2013 年 10 月 22 日 18:48 | #2

    Nozomiさま.. ( ̄^ ̄)ゞ

     はじめまして、そしてようこそ当ブログにお越しくださいました。
     コメントから考えるにNozomiさんもAmexをご利用と言うことでお仲間ですね!(笑)

     私でお役に立つのでしたら喜んで協力させていただきます。
     遠慮なくどうぞ。d( ̄  ̄)

     ご質問に対してですが、ブログで紹介しているようにどちらのHotelも本当に素晴らしかったです。
     しかし、やはり「初めて」のDubai訪問.. ということでしたら、私はArmani Hotelを今回推薦したいです。
     Raffles Dubaiについては、ご承知かと思いますがAmexのFine Hotels&Resortsに加盟していますからほぼ確実にRoom up gradeが約束されるかと思います。
     訪問日の状況にもよりましょうが、特典でもある「Early Check-in」「Late Checkout」「コンチネンタルブレックファスト」なども魅力ですが、実は上記特典は宿泊するお部屋等にもよるかと思いますが、私の場合Armani Hotelで同様の特典がついていました。(というか、付けてくれたのかもしれません。(;^_^A)
     Amexの海外旅行デスクに一度room benefitsを確認してもらってはいかがでしょうか..
     季節の特典もあるでしょうし、期間限定の特典など状況によって常に変わっていますしね。
     私は旅行の度に、宿泊するホテルの滞在期間中のRoom benefitsを確認してもらっています。
     AmexのConciergeはFHRの特典だけはモチロン把握していますけど、個々のHotelでの特典は都度確認しないとわかりません。
     私は頻繁に海外に渡航しているわけではありませんから絶対と確約できないのですが、実はSuite以上に宿泊する際の注意事項として、Amexで付帯するFHRの特典以外にも「(Amex関係なしに)その部屋に宿泊する人を対象とした特典がついている」場合があります。
     例としては、「空港でのMeet and Greet サービス」「空港からの送迎」や「滞在中(運転手つきの)車を無料で使用することができる」「30~60分のComplimentary Treatments(マッサージ・Spa)」等各Hotelによってオリジナルの特典をつけている場合があるので、是非そちらもチェックしていただければよいかもしれませんね!
     また、私がArmani Hotelに滞在時、日本人スタッフの山本さんが対応していただけたわけですが、色々話を聞くと宿泊する部屋(カテゴリ)や滞在期間にもよりますが可能な限り日本人のup gradeを行っていると言っていました。ベネフィットとして確約されていないので少々リスクもありますが、予約段階でそれなりのお部屋であればArmani Hotelでガックリくることはないかとオモイマスヨ。(。´ω`。)

     それ以上に、初めてのDubaiということで考えるとDubaiMallの水族館・ショッピング・Dubai fountain・ランチ・Afternoon Tea..等をいつでも気軽に歩いていけるArmani Hotelがやはり理想かと思います。
     At the Top展望台に昼と夜お好きな方(或いは両方)を楽しむのもよいですし、先日紹介したAt.mosphereでのランチ・ディナーもArmani Hotelなら気軽に楽しめます。

     Dubaiでは基本夜も24時くらいまで(ラマダン期間中は25~26時迄)お店がフツーに開いています。
     参考までにいうと、Raffles DubaiからDubaiMallまでtaxiで10~15分くらいの距離(金額は800円~1200円くらいかと..)にあります。
     滞在中、アクティブに行動しいっぱい思い出を作りたいのであれば、やはり必然とArmani Hotelになるかと思います。
     今回の旅行が大変満足され、2度目のときは思考を変えRaffles Dubaiで楽しむと言うのがよいかと..
     (ρ_;)

     唯一Armani Hotelの場合、Burj Khalifaにあるので金額は高く狭いですね。
     同じ金額であれば、Rafflesはほぼ倍の広さになるでしょうね!
     またArmani HotelはJGRがいますが、Raffles DubaiはButlerでの対応になります。
     これらの点だけご留意下さい。

     取り急ぎこのような感じでいかがでしょうか?
     あくまで私個人的な考えですから、参考程度まで。
     また、追加で聞きたいことがあれば遠慮なくご質問下さい。

     Dubaiはとっても素敵なところです。
     是非楽しんできてください。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)