#07-31. Burj Al Arab, AL MAHARAで夕食を楽しむ(1)…

 実はカノジョの誕生日プレゼントに、このダイヤモンドのネックレスを買ってあげたいと思っているのだが..

 理想とゲンジツは異なるもので、
 当然、そんな金はないので即却下であ~る。(笑)
 仮に、即金で払ったとしてもわんこにダイヤモンドの価値がわかるとは思わないので買う必要はないということだろうな、結論として。(笑)

 

 とまぁ、下らない漫談から始めてしまったわけだが、
 今回のハナシはArmani Hotelを飛び出し、Wild Wadiへ行ってきた。
 そして夜はAL MAHARAでのディナーを楽しんできたわけだ。

 

移動はLEXUS Taxiで..

 Armani Hotelで移動する際はレクサスのタクシーがお勧め。
 常にレクサスタクシーが数台待機していてくれる。
 この写真(↑)はAL MAHARAに行くときのもの。

 

 反対側だったかな?
 レクサスでない安いタクシーも居るのだが、日本円で数百円しか違わないためゼッタイにこっちがオススメだ。

 自室で海パンに着替え、Wild Wadiでは上下を脱げばそのまま飛び込めるという仕込みを済ませた上でいざ出陣じゃ。(笑)

 

 ドバイの都心からJumeirah Beach辺りまでの地理は大分把握したからな、安心して出陣できる。
 まぁ、いつも思うんだがドバイっつうとこはよ、ほんと治安がえぇよな。

 イスラム教っていうものが日本人にとって普段身近なところにないもんだからなかなか馴染めないこともあるかもしれんが、相手のお国事情等を十分理解すればそれほど大変だということはない。

 むしろDubaiは逆に、自国の考えや宗教事情を他国の観光客に押し付けようとしているのではなく、かなり寛容に対応してくれている為日本人が訪問してもまったく問題はないと思う。

 ラマダンの時などは普段よりも配慮を必要とするように感じるが、それ以外のときであれば普通に女性はノースリーブを着ているし、肌の露出も多く、日本にいるときの服装で大丈夫だ。
 公道での泥酔やキス、ホテルのプライベートビーチを除いた海水浴場でのビキニくらいではないか?
 そんな感じがする。
 これからDubaiに訪問を考えている人であれば参考にしてほしい。

 

 さて、レクサスタクシーのことなんだが流石愛する日本車だけあって乗り心地がえぇ。(笑)

 Dubaiではハワイの常識では考えられない高品質のサービスを標準で受けられるのが嬉しい。

 

 暫く車を走らせると..

 先ほどまで居たBurj Khalifaが目に入ってくる。
 (滞在時を起点に)去年はBurj Al Arabで1週間の滞在だったから、オープンしたばかりのArmani Hotelにその時は逆に憧れたわけだが、1年という時を経て再来し、滞在という夢を果たしたわけだが、正直感慨深いな。

 Dubaiというトコロにくると、パワーをもらえるッつうか頑張ろうと元気が湧き出てくる。
 そんな意味でオレの中ではパワースポット的な国になっている。

 

 さてさて、15分~20分程だろうか車を走らせるとBurj Al Arabに到着だ。

 天気も快晴、Wild Wadi日和なわけだが、この先車を進めていくのは夜で、Wild Wadiは写真丁度右にかろうじて写っている所。
 4時間後には、もう一度戻ってきてAL MAHARAへ直行となる。(笑)

 Wild WadiはBurj Al Arabに隣接した施設なのだ。

 

 Wild Wadi内には今回iPhoneを防水ケースに入れ持ち込んだわけだが、意外なことにコイツが好評でな。(笑)
 インド人だと思うが、「これどこで買ったの?」「いくら?」など5人ほどに聞かれる..

 アイフォンのウォータープルーフケースなどこういった遊び心のある商品はこちらでは珍しいそうです。
 

 まぁ、プールにカメラを持ち込むなどというのはチョットアブナイ感じもするのですが、気をつけながら撮影もしてきました。
 Wild Wadi内には様々な施設や遊び方もあり、親子であればいろいろな意味で楽しめると思いますよ。

 こんな感じで激しい流れのなかをウェイクボードというのでしょうか?多くの人が楽しんでいます。
 

 こんな感じの小さい子どもまで楽しめます。
 とても楽しそうでした。

 

 一昨年の訪問時はBurj Al Arabに宿泊していましたので、2度3度利用しました。
 また当時ラマダンの時期にどっぷり重なり、利用者がとても少なく快適に遊べたことを記憶しているのですが..
 今年は違いました。
 同じように考えてはいけませんでした。
 どこに行っても..ぐっちゃぐちゃ。
 こんなかんじ(↓)のところはまだかなりマシです。
 

 Wild Wadiはそれなりに楽しめるところです。
 Burj Al Arab、またはJumeirah Beach Hotelに宿泊の際は、宿泊特典として無料でいつでも利用できるそうですから是非お勧めしたいところですね。

 

 Wild Wadiに居ると時間が経つのがとても速い。
 あっという間に日が大分傾いていました。

 iPhoneで撮影したにしてはナカナカの上出来です。 
 お気に入りの1枚です。

 

 さて、本日はこの後AL MAHARAにてDinnerの予約をしています。
 一度Armani Hotelに戻り、Burjのドレスコードに引っかからないように変身をしなければなりません。
 帰りもTaxiで移動ですが、Taxi待ちがひじょうに多くなかなか拾えず困ったという方も誰かのブログでみましたので、余裕をもってそそくさと移動を始めます。
 

 でも、これが正解でした。

 Burj Al ArabやJumeirah Beach Hotelに宿泊でない人は、注意が必要ですよ。
 Taxi待ちで20分30分は当たり前のようにあるようです。
 今回のようにこの後にレストランなどを予約している場合は余裕をもって移動が必要です。
 と、レジのおばちゃんが言っていました。
 そうそうChargeしたDepositの返却を忘れないようにしてください。
 園内でお金の持ち運びは紛失も含め危ないですから、ビニールの時計みたいなものにチャージしてチャージした電子マネーでフード・ドリンクを購入するシステムをここでは採用しています。
 そうです、ナナコカードのような電子マネーというわけですね。
 

 デポジットの返金を忘れて、返却してしまうと後悔しか残りません!

  

Re-visit Burj Al Arab…

 さて、2時間後..
 LEXUS Taxiにて再度訪問なのですが、今度はBurj Al Arabの守衛にAL MAHARAに予約があることと名前を告げ、この先の通行を許可してもらいます。

 写真のようにこの日のBurj Al ArabのライトアップカラーはYellowでした。
 色は日によって変わります。
 時間か経つと変わるときもありました。

 後ろを振り返るとJumeirah Beach Hotelが目の前に見えます。
 この雰囲気もサイコー! 

 

  段々とBurjに近づくのですが、ホテルエントランス正面の噴水はいつ見ても絵になります。

 

  ホテルエントランスに1歩足を踏み入れると世界7つ星ホテルらしい雰囲気が漂っています。
 いつきても素敵なところだと思います。

 

 エントランス正面の噴水は動きがあって好きです。
 昨年度バージュ滞在時の記事にこの辺は詳しく載せていますから、これから滞在を予定している人はそちらをご覧下さい。

 左右の水槽もよい空気を醸し出します。

 

 さて、噴水右の上りのエスカレーターを上がると2階にロビーがあります。
 毎夜かどうかはわかりませんが、訪問時丁度生演奏をしていました。

 良かったですよ。

 

 さらにLevel2にはShopも並び、高価そうなものばかり販売しています。
 ワタシには縁がなさそうです。(笑)

 ブログトップのダイヤモンド・ネックレスもここで撮影したものです。

  この他にも..

 レストランもあります。
 この色というかこの雰囲気がワタシは大好きになりました。

 

 そして、最後に今日のDinnerをとる場所はAl Maharaです。
 ここ(↓)がレストラン入り口で、右手の受付で名前を告げると案内してくれます。

 今回はどんな料理で楽しませてくれたのでしょうか..
 それは、次回のお楽しみです。(笑)


Trackback URL

  1. Valarie N. Springer
    2012 年 4 月 5 日 14:58 | #1

    I like this blog its a master peace ! .

  2. Alyssa Charles
    2012 年 4 月 11 日 07:33 | #2

    Some really interesting points you have written. Aided me a lot, just what I was looking for : D.

  3. Henrietta C. Patten
    2012 年 4 月 16 日 22:50 | #3

    Thanks for the informative article, it was a good read and I hope its ok that I share this with some facebook friends. Thanks.

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)