#11-28. 鼎泰豊(Din Tai Fung)で小籠包を楽しむ..

 Grand Hyatt Taipeiから歩いて15分程度の距離に鼎泰豊がある..

 すっかりと暗くなってしまったが、これからHotelから最も近い鼎泰豊に出かけてくる。
 今回寄らせてもらった鼎泰豊はTaipei101内の店舗..
 ガイドブックに載っているのはどちらかというと永康街の方が多いのかもしれないね。

 鼎泰豊は「ニューヨークタイムズ」で世界10大レストランに選ばれたこともある有名店。
 今回は、近場の101内でしたが流石人気店ということで多くの人が利用していました。

 

 さて、Hotel出発のところから始めましょう。

 ここGrand Hyatt TaipeiはHotelの裏が101という素晴らしい立地条件。
 初めてのTaipei訪問の方には喜ばれる場所だと思います。
 私自身も同じことを感じましたが、kiraraさんが書かれているようにロビーの豪華さや清潔感の高さから私も大変気に入りました。
 次回もここに宿泊させていただくことになるかとオモイマス。

 ここから101迄は初めての人でも15分あれば十分でしょう。
 でも..

 こんな感じでなかなか雰囲気のよい場所も多いので、写真も多く撮るでしょうから20分程度見越しておけばよいのかもしれませんね。(笑)

 あらゆる場所から101が見えます。
 青竹を確かイメージして作られたと思いましたが、なかなか素敵なランドマーク的存在だと思います。

 あっという間にTaipei101に到着..
 正面入口から2階だったかな下ります。
 人ごみも特に多いので、場所はスグにわかるとオモイマスヨ。

 ここ台北では、英語よりも日本語の方が通じることも多く、また台北に住む皆さんも私が日本人とわかるとほんとうに気軽に日本語で話しかけてくれます。

 まず、お店の入口ですが..

 写真右手で受付をします。
 行列がないときはここにいる店員さんに話しかければ、そのまま店内の席に案内してもらえるとのこと。
 私の場合は、15分ほど待ちました。
 受付を済ませると..

 銀行に行くともらえる番号が書かれた受付カードと注文票を一緒にもらえます。
 番号札の下のピンクの伝票がそうですね。

 

 ディスプレイに私の番号が表示されると私の順番になったことがわかりますので、店員さんに番号を見せると店内に案内して頂けます。

 店内に入りまず1枚目に撮った写真はコレです。(↓)

 店内は思った以上に広く、大変多くのお客さんが利用していました。

 席に着くと、まず店員さんが注文票は書き終えたか確認にきます。
 私の場合は小籠包だけなので、そのまま伝票を手渡します。
 これと同時にオイシイ小籠包の食べ方が記されたものを受け取りました。(↓)


[画像をクリックすると大きく表示されます]

 ここには以下のような内容が書かれています..

————————————————-
 (小籠包のおいしい召し上がり方.ver鼎泰豊)
 step1..
  まず、お手元の生姜の入った小皿に酢と醤油を3:1の割合で入れてください。
 step2..
  せいろに箸をのばし、一つずつ上部をつまみ皮が破れないようにそっと小皿に取ってください。
  ※時間がたつと下に敷いた布にくっついてとりづらくなりますのでご注意下さい。
 step3..
  ほどよくタレにからめてレンゲの上にのせ、生姜を少し加え、口元に運んでお召し上がり下さい。
 step4..
  しなやかな薄皮の舌ざわり、肉あんのうまみをアツアツのうちにお楽しみ下さい。
  ※いきなり口に入れると、熱い肉汁があふれ出すのでご注意下さい。
————————————————-

 とのことです。
 個人的には黒酢と醤油(↓)の割合を2:1にするなど好みによって変えていくのも面白いし、それを探るのもひとつの楽しみ方と感じました。

 小皿に酢と醤油をとり、その上に針生姜を沢山のっけてスタンバイです。(笑)

 

 小籠包が出てくるまでもう少し時間はかかりますが、この時間がイチバン待ちきれません。
 (´ρ`)

 

 暫くすると注文した3種の小籠包がでてきます。

  今回注文したのが、「小籠包」「蟹粉小籠包」「鶏肉小籠包」の3種..
 もしかしたら違うかもしれませんが

 多分、フツーの小籠包..

 

 

 おそらく、鶏肉小籠包..

 

 

 なんとなく、蟹粉小籠包..
 (;^_^A
 ホント適当です。(笑)

 

 とにかく..

 こんな感じで蓮華の上にどばぁ~!って出てくる肉汁がたまりません。
 おいしかったです。
 ( ̄^ ̄)ゞゴチソーサマデス..

  

 まずは、1店目コンプリートというところでしょうか。(笑)
 このまま別のものを追加オーダーという手もありますが、目的は小籠包のみイタダクことですからここでチェックして頂きます。

 伝票を待っている間に、小籠包をつくっているトコロを写真で撮らせてもらいました。

 

 写真を撮り、席に戻ったときに伝票を持ってきてくれました。(↓)

 

 会計は席で済ますのではなく、入口のところで行います。
 多くの人が利用しているので、スグわかるとオモイマスヨ。

 
 さぁ、2件目に向かいましょう!

 Taipei101を出る為にエスカレーターで上がるのですが、途中日本の有名な女優さんがいました。(↓)

 マジマジと眺めるわけにはいけませんが(笑)、写真を1枚だけ撮らせていただきました。(笑)
 いや~.. 本当に整ったきれいな顔立ちです。
 こういう人を美人というに違いありません。(笑)

 では、いま食べたものをスコシでも消化し、胃の中を軽くする為に歩いて2件目に移動します。
 2件目のお店までは、ここから歩いて20分強の距離でした。

 お店の名前は.. 次回のお楽しみです。(笑)


Trackback URL

  1. kakaritsuke
    2014 年 3 月 26 日 00:15 | #1

    次回は明月に1票!

  2. Yuzo
    2014 年 3 月 26 日 15:52 | #2

    センセイ! こんにちは。

     と言っても、1週間ほど前に伺いお話させて頂いていますが(笑)。
     鼎泰豊からアクセスできるお店.. と言うことで明月湯包と投じていただきましたが..
     具体的な名前で即投じていただいたところをみると、センセイもこの辺の地理は詳しそうですね。
     (;^_^A

     さて次に訪問したのはどのお店でしょうか..
     週末のお楽しみです。(笑)
     m(__)m

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)