#4-05. Marina Bay Sands Bay Areaを歩く(1)..

 19:40発の飛行機がSingaporeに到着したのは、定刻通り夜中の1時過ぎ..

 Singapore初上陸の今回、やや緊張気味で飛行機から降りる。
 深夜便の到着だけあって、到着便も他にあるの?って感じで空港内は閑散としていた..

 
 嬉しいことにイミグレに近いゲートを割り当ててくれたようで、PBBを出てから10分程度で入国審査エリアに到着..
 空港内は写真(↓)のようにガラガラ..

 
 カメラはF2.0レンズを使用しているので、明るく写っているのだが実際はもっと暗いゾ。

 実はよ、今回送迎サービスを申し込んでないわけよ。

 空港に迎えが来ていないなんてここ数年振替っても記憶に無いんで本当に久しぶりだ。
 そういうこともアリ、少々ドキドキしながらの始まりだ。(笑)
 (;^_^A

 

 いろいろ悩んだがこれもひとつの経験だと捉え、且つ友からの教えもあってTaxiでの移動を最終的にchoice!!
 モチロン、最初はAmexを通じて送迎を申込しておったんだが、シンガポールに何回か来ている知人がいうには「サンズ周辺のベイエリアのホテルに宿泊なら夜中だとTaxiで20分で着いてしまう。スグつくからリムジンはやめとけ、アホらしいから..」と半ば強引に説得を受け、最終的にTaxiで移動になったわけだ。

 

 Changi国際空港内のハナシに戻るんだが、なかなか雰囲気というかアジアを代表する都市の空港だけあって素晴らしいつくりになっていた。
 上の写真のように、オレの先には同じクラスで搭乗の夫婦がいるだけで、誰もおらん。(笑)

 

 イミグレ通過後に到着するのが.. 

 こんなトコロ..

 Turn Tableも見えていることからBaggage Claimだということがわかるだろう。
 流石赤道直下の国だけあって、南国(風)というかバリバリ地元そのまんまの雰囲気だネ。

 悲しいことにここから荷物が出てくるまでに15分ほど待ちぼうけをくったのだが、無事荷物も回収..

 

 荷物くん、遠い移動だったがやっと着いたゾ。
 ( ̄^ ̄)ゞ
 心なしか、ダミエのボストンがお疲れのようだね..
 もうすぐホテルに着くからあとスコシだけ頑張ってくれって感じだ。(笑)

 

 さて、こっからの問題は知人が言うように空港からホテルまで20分で着くかどうかということなんだが、結果「ちゃんと20分で着いた」。(笑)

 iPhoneのストップウォッチで時間を計ったんだが、22分。(笑)
 スゲ~

 疑ってゴメンナサイ。
 m(__)m
 あなた様の言うとおりでござんした。(笑)
 まぁ、既にたんまりと「おどさん」も上乗せして購入し、追加して渡したので文句はなかろう。(笑)

 

 深夜だけあって、Taxiは時速80~100km前後で移動だったから可能だったんだろうな。
 昼間だとヘタすると40~50分かかるかもな..
 通常は30~40分、渋滞の場合はそのくらいを目安にしてほしい。

 

 この日はシンガポール到着後、シャワーを浴び寝るだけのホテルとしてコンラッドをチョイス。
 こういうときもHilton H Honors会員は低価格で、ガッチリとアップグレードもしてくれるので役に立つよな。

 ということで、この日は寝た..(笑)

 

 ——————-
  ぐぅ~.. すぅ~.. 
  ピ~.. zzz…
 ——————-

 

 

Day2..

 

 深夜に到着し、いつものように朝食を食べずに飛ばし、昼チョイ手前まで爆睡。(笑)
 さて、シンガポール編をガンガン紹介していきたいってわけだ。

 しか~し、今回写真はいつものようにたっくさん撮りまくったわけだが1週間分の写真を振替ってもストーリーというか、記事展開のイメージが湧かんので実は困っている。

 

 訪問に伴い、数多くのブログを訪問し、情報をチェックしてきたのだが、昼間の写真がたくさんupされていて(仕方ないんだが)どれも似たか寄ったか.. 
 モチロンワタシが撮影したものも例外なく同じようなアングルからの撮影..

 
 ここでオレも同じように掲載していたら違いがでんのでな、どうしようか迷っていたというわけだ。
 実際行ってみるとわかるんだが、ベイエリアは意外と小さい。
 サンズとモールが出来た故丸1日どころか数日居たとしても回りきれん程のスポットが盛りだくさんだが、ユニバーサルスタジオ、動物園+ナイトサファリなどこういったテーマパークにもやはり足を伸ばすのは必須のようだな。

 また、クラークキーのような観光客が安心して多く集まる夜のスポットもえぇよ。
 昼間だったら、ローカルフード探訪もお奨め。
 アラブストリート、チャイナタウン、リトルインディア、カトン..
 まだ訪問回数の浅いトラベラーが夜移動するには少々不安が残る地区だが、昼間楽しむ分には絶好の場所。
 貴重な情報を提供して頂けたKyahさんが言うには、Taxiをつかまえて、カトンで美味しいと有名なレストランに連れてってよ..
 と、期待に胸を膨らませながら行き当たりバッタリのローカルフードレストラン探訪もお奨めだと。
 次回シンガポールに再訪問の際は、こういったトコロを紹介したいとおもっている。
 だってよ、次回は素敵な彼女を連れてきたときに色々なところを案内して、感動させてあげたいじゃん。
 その為の下調べを兼ねた旅行だからよ、最小限にトドメ、知ったかぶりをしながら「ワイルドだぜ~」的なオトコを演じたい。(爆)
 って魂胆だ。(笑)

 

 まぁ今回の滞在中、昼は曇りや雨が多かったんでなかなか気に入った写真が撮影できなかったこともあり、シンガポール編では昼間の写真を極力少なくするようにし、素敵な夜景が拝める(撮影できる)spotを紹介する機会を増やすという方向性で動いていきたい。

 

 例えば、上のパノラマ写真について触れるとすると..

 上の画像はGoogle Earthを元に作っているんだが、黄色の場所が撮影者の位置を、
 そして扇の幅は撮影の両端(幅)を表している。
 こんなもんを随時付与していくことにする。

 実際に、upした写真の中で気に入ったアングルや夜景があれば是非自らの目で脳裏に記憶として焼き付けて欲しいってことだね。

 

 まぁ、このブログは(カメラの性能に多くを頼りきったことで生まれる本人の能力以上に)キレイな写真が多数掲載されているのもひとつのウリなんでな、夜景撮影スポットの紹介なんぞを取り入れていくことにした。

 昼間の写真は意図的に少なくしたのでご容赦願いたい。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 また、上記の写真をパノラマで撮影すんのと下の写真のように4:3比率で撮影すんのではまた全然異なるので、写真はあくまで参考程度ということにして、是非実際に訪問し楽しんでもらいたい。

 シンガポールはほんといいところに感じる。
 シンガポールに住んでいる人の気質はいいし、食べ物も美味しい。
 食に関する味覚も限りなく日本に近いんじゃないかな..
 モチロンそうでないのも沢山あったが..

 アジアの様々な食と文化が集まるアジアで最もバブリーの都市、Singapore…
 是非お奨めだ!

 

 さて、角度を変えてMarina Bay Sandsの写真をup..

 サンズ..
 なかなかの存在感だな。(笑)
 でも、これがまだ完成していなかったときって、シンガポール(Bay Area)の魅力は半減していたのかもしれん。
 なんとなくそう感じたよ。

 
 ただシンガポールでは日本人が多いと聞いておったが、ほとんど日本人を目にしなかった。

 でもよ、Marina Bay Sands内においては全くチガウ。(笑)
 Singaporeに来ている日本人の多くがここに集まっていると言ってもよいだろうな。
 どこもかしこも日本人ばかり。(笑)
 特にInfinity Poolでは日本人だらけ。

 ある意味笑えた。

 

 さて、ぱっとしない今回の記事にトドメをさすかのように昼に撮影した写真を3枚ほど紹介して今回は終わるとしよう。

 

 

 当日、曇ったり雨がぱらついたり日が出てきたり..
 ころころと天候が変わる日となりました。

 まだこの写真は明るく撮れている方です。

 

 続いて、Singapore Flyer..

 ドデカイ観覧車なんだが、ここから外の景色を楽しむことも出来るし、実はここで料理(3or4コース)を楽しむことも可能だ。
 折角なので、ブログに訪問してくれた貴重な読者に情報を明記しておきたい。

 [Ivent Infomation]
  ・World’s First Full Butler Sky Dininng
  1) ランチ
    時間 チェックイン12:00、食事12:30~
    料金 SGD249++(2名分)
        ※但し、1人でも2名分を支払えば食事が可能
    メニュー 3コース

  2) ディナー
    時間 ①チェックイン19:00、食事19:30~
        ②チェックイン20:00、食事20:30~
    料金 SGD269++(2名分)
        ※但し、1人でも2名分を支払えば食事が可能
    メニュー 4コース

  [関連web]


[Singapore Flyer ホムペより]

 http://www.singaporeflyer.com/unique-experiences/full-butler-sky-dining/

 シンガポールフライヤーは最高到達地点165m、42階建てビルに相当する世界最大級の観覧車で、昼も絶景を拝めるが夜はまた表情を全く変え絶景の夜景を楽しむことが出来る。

 カプセル型のゴンドラ(28基)に乗り込みゆっくりと時間をかけ楽しむというもの。
  3) 観覧車(食事なし)
 料金 SGD29.5,(子どもSGD20.65)
 時間 8:30~22:15

 参考にして欲しい..

 

 

 最後に、昼のマーライオンを紹介し、今回は終了だ。

 

 昼もいいが、やはり夜の表情が全てにおいてスバラシイ..
 今回の記事を作りながら、改めて夜中心で紹介して行こうと思ったわけだ。

 

 また次回以降の記事でもマリーナエリアをどんどん紹介していくことを考えている。
 よろしくだ。


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)