#13-38. Le Meridien club Lounge..

Le Meridien Club Lounge_003

 今回はLoungeとConciergeのオハナシを..

 

 

 

 前回はExpediaを通じた予約でもアップグレードしてもらえて有難い..
 というお話と部屋の紹介がメインでした。

 今回は、Junior Suiteのroom benefitの紹介とクラブラウンジの紹介をします。

 

 

 その前に、今回はThe Ritz Carlton HongKongのJapanese Guest Relations向井さんの素晴らしさを改めて1つのエピソードとともに紹介させていただきます。

 今回の旅では当初香港4泊台北2泊の予定だった。

 それがFirst設定機材の変更(取りやめ)に遭遇し最上位クラスがBusiness classという不運にぶちあたる..
 設定機材の変更と同時に即座に航空会社より電話が入ったわけですが、羽田→香港のみFirst Class..
 香港→台北、台北→羽田がBusiness classなんて絶対堪えられん!元からFirst Class路線の無い台北→羽田のみにしたいということで、前後でFirst Classの設定のある便を再度予約した。

 数週間後、また航空会社から電話がかかってきて「機材変更になりました」とまたまた連絡が入り同様に更なる予約便の変更になったんだよね。
 今思うとムカつくな。(笑)

 

 

 これは香港滞在が4泊の予定が3泊に、更に変更が入って結果2泊になったという悲しいことを意味しているんだけど..
 実はこの時も、向井さんに本当にお世話になった。

 

 Ritz HKのスタッフが本当に熱意と最高のホスピタリティをもって接してくれることの現れと言える出来事とともにサブストーリーとして今回紹介します。
 今回Expediaで予約したのは1度目の機材変更後のタイミングで購入方法はAdvance Purchaseを利用した2泊..
 

 事前予約したのは年が明けてスグのタイミング.. 
 事前購入だとチョットお得だからということもあってネットから予約。
 ただ、機材変更が頻繁?に起きるCathay Pacificということで今回の不運が起きたわけですが、まぁたまにはAmexを介さないでコストパフォーマンス重視の予約でもいいだろうと面倒くさいけどホテルには直接メールで送迎の依頼をお願いしたわけだ。

 まぁ、空港→ホテルとホテル→空港の送迎くらいだったらメールで手続きできるしなんとか頑張らせていただいたわけですが..
 とりあえず予約はすべて終えた状態だった。

 その後の2度目の機材変更ということで、困った事態が起きるわけです。
 予約した1泊目の日の前日を更に追泊しないといけなかったわけだけど、Expediaには同じ部屋が上がってこない..
 Le Meridien Taipeiのホムペには予約可能(空き部屋はある)と..
 更にAmexからも確認してもらったわけだが、予約は可能..
 あ~.. ややこしいことに巻き込まれた..(ρ_;)

 と半泣き状態..

 

 PCから確認してもらうと、実はAdvance PurchaseであったとしてもAmexとの特別レートとほとんど金額は変わらなかった。
 であれば、やはり始めからAmexにお願いすべきだったのかもしれん。
 この時のPC.. 実は一生懸命頑張ってくれていたけど数々の点で物足りなさを感じていたわけで柔軟性というか臨機応変さが足らない結構アタマカチコチで困っていたので自分で手配したというのもある。

 基本、ひじょうに熱心で本当にPersonal Conciergeの役目は最低限果たしてくれていたんだけどね。

 でも、チョットだけ引っかかるところもあって「シンガポール往復の航空券」「シンガポールのホテル」「香港台北の航空券」「台北のホテル」は自分で手配した。
 これが本音かな..

 

 今でこそ黒執事(=Centurion member専属のPersonal Concierge)が特別に担当してくれているが、やはり今思うとその差は歴然..
 あ~.. Ka〇〇さんの頃が懐かしい..
 (ρ_;)

 

 とまぁ色々あったわけだけど、今回の不運に実は「前Personal Concierge」はほとんど貢献してくれなかったのだよ。
 Ka〇〇さんであれば「大丈夫ですよ!すべて私が手配しておきます!」と一言だけ告げ、やってくれていたのに..
 同じ「全力で対応」であったとしても、これは大きすぎる「差」だよね..

 ただ本来のルールであればそれは仕方のないこと故、文句は(言ってしまったけど)言っちゃダメ!ということもあり昼間のホントに仕事で忙しい合間を縫ってメールでやりとりをした。

 

 この時にしなければならないのは本当にざっくりだけど..

   ・予約した2泊の前日に同じ部屋で予約が取れるか..
   ・既に予約した空港への迎えをキャンセルし、前日に移動..

 この2点がメイン..
 まぁ、本当はこれだけじゃないんだけど。
 とはいえ、迎えには変更したフライト情報の提供もそうだし昼間の時間にそういうトコロで時間をとられたくないんだよね。
 昼間はシゴトに100%集中したいしね。
 まっ、夜中にメールでやればいいんだけどな。(笑)

 

 ただこの点で本当にスゴイのは、香港の向井さんに宿泊数の変更(減泊)を伝えた時点で向井さんが「Amexの代わりに私がすべて手続きをさせていただきましょうか」と提案してくれたというコト..
 あの頃本当に忙しかったし、Hotelにメールをするのも大変だったんで本当に助かりました。

 以前、kiraraさんがRitz HKに滞在したときディレイに遭遇しその時にも活躍されたと聞いていたけど、俺にもそれに近いコトが起き、明らかに業務の枠を超えた手続きをさらっとこなしていたんだよ。

 向井さんホントスゴイ.. と改めてオモッタ。
 そして、助かりました。
 ありがとうございます。
 m(_ _)m

 

 

 この記事を向井さんがまず見ることはないとオモウケド、Ritz HKは.. その中でもJapanese Guest Relationsのスタッフは最高のスキルをもって私たちに接してくれているということを改めてここで伝えたいな。
 是非、Ritz HKに訪問してほしい!

 私を知っている人であれば一言声をかけるので事前に必ず連絡してほしい。
 間違いなく大切にしてくれると思うゾ!

 

 向井さん、その節は本当に助かりました。
 感謝感謝デス。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

 さて、Le Meridien Taipeiのハナシに移ります。

 あっ!アップグレードの訳わかった。
 今回向井さんが台北のホテルに連絡したときに、Le Meridien Taipeiのスタッフに何か聞かれたらしく..
 その回答に、「〇〇様(=俺)は私達(=Ritz HK)にとって本当に大切なお客様でして..」って思わず言っちゃいました。ごめんなさい~。
 (>人<;)

 って香港で言ってたな.. それだ!
 間違いない。(笑)

 

 本当に以前勤めていた横松さん、向井さんは素晴らしいスキルを持っているな。
 1つ1つに心がこもっているし、お客さんをもてなすために求められるスキルはしっかりと身に着けている点も併せて素晴らしい。

 また近いうちに訪問しなければいかん!
 JALへのポイント移行ができなくなり、ビジネスクラスの航空券を直接買わなければいけないのは残念だけど..
 Ritz HKでの滞在の為に14~15万の航空券で済むなら安いもんだ。
 まぁ、裏技アルケド..(笑)

 

 

 

 さて、話は戻るが..

 Le Meridien Taipeiでのルームベネフィットを紹介します。
 部屋に入ると机にはお手紙が置かれていました。

Le Meridien Taipei Junior Suite_054

 書かれていた内容は..

  ・滞在中の12階にあるクラブラウンジへのアクセスの権利が付帯しているということ
   (営業時間は10時~22時、珈琲・お茶・ソフトドリンク、新聞雑誌等用意)
  ・ハッピーアワーには軽食、アルコール類も用意
   (17時半~20時)
  ・朝食の案内(場所:Latest Recipe)
  ・ミーティングルームを1日につき1時間無料
  ・冷蔵庫内ソフトドリンク及びビールの毎日1セット無料サービス
  ・無料靴磨きサービス
  ・無料taxiサービス
   (ホテルから台北市内のご希望の場所まで。1日1回の利用が可能)
  ・ランドリーサービス
   (1部屋につきNT$500迄無料)

 です。
 参考にしてください。m(_ _)m

 

 今回の滞在で利用させていただいたのは..

  ・Concierge Desk
  ・無料taxiサービス
  ・ランドリーサービス
  ・無料靴磨きサービス

 という内容でした。

 

 一応日本でも色々と調べ上げ、コース作りは勿論それに伴い地図も含めプリントアウトしておきましたが..
 まずはラウンジのConciergeの皆さんに協力してもらい色々と深く練らせていただきました。

 私が日本で調べたものの精査と良し悪しの判断(取捨選択)を彼女たちが引き受けてくれました。
 始めは一人だったんですけど.. もう一人増え.. 更に..
 という感じで結構盛り上がりました。(笑)

 

 ちなみにラウンジはこんな感じです。(↓)

Le Meridien Club Lounge_006

Le Meridien Club Lounge_007

 リッツのあのラウンジと比較してしまうとすべてがショボくなってしまうんですけど..
 このスタッフたちが一丸となって協力してくれました。(笑)

 Le Meridien Taipei.. 結構お勧めデス。

 

 Check-inの際、フロントスタッフに台北のお勧めスイーツショップをリストアップしてほしいとお願いし、後ほど届けてくれたのがコチラ..(↓)

Le Meridien Taipei Junior Suite_056

Le Meridien Taipei Junior Suite_057

 彼女たちは、私が日本から持ってきたリスト&マップと上のリストを照らし合わせ、コース作りまでリメイクしてくれました。
 この時、ラウンジには私一人しかいませんでしたから..
 結果、3名のスタッフが頑張ってくれました。(笑)

 

 私はいつものカタコト英語でしたが、なんとか頑張って理解してくれて全力で当たってくれたのが印象的です。
 訪問の順番にリストアップ+Google Mapにtaxiの運転手に手渡す用の資料迄用意してくれました。

 その間、私はラウンジのドリンクやスイーツをつまませていただいたわけですが。(笑)

Le Meridien Club Lounge_013 Le Meridien Club Lounge_008 Le Meridien Club Lounge_009 Le Meridien Club Lounge_010

 どこに行ってもかかわる人たちが一生懸命取り組んでくれるって本当に幸せなことだと思います。
 まぁ、間違いなくその分迷惑かけているんだと思いますが、皆さんのお陰で私の旅は極上に仕上がっていることが嬉しくオモイマス。

 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 ということで、今回の記事はこの辺でオシマイにしたいと思います。
 room benefitとラウンジの紹介はできたのではないかと..

 オモイマス!

 

 と、同時に改めて向井さんの素晴らしさとスキルの高さに深く感謝し、次回の訪問が待ち遠しくなったのも事実です。
 香港弾丸1泊くらいで行くのもオモシロイかも.. とふと思ってしまうゆうぞうでした。(笑)

 かかりつけ医のセンセイが付き合ってくれたら嬉しいんだけど..
 (;^_^A

 

 また次回オクスリをもらいに行ったときにネゴシエートしよう!


Trackback URL

  1. kirara
    2015 年 9 月 26 日 07:44 | #1

    ホント、ホント・・・ Ritz HKの向井さんは、思いやりがある素敵な方ですね(*^^)v
    いつも温かくもてなしてくださり、特にあのディレイの時は、ウルウルしちゃうくらい感激しました!
    キャセイには全く電話が通じなくて、自分達で空港まで行かないといけない状態でしたが、チケット変更など全てしてくださり、延泊のお部屋も夏休みで混んでいたのですが、素晴らしいビューの同じお部屋を用意してくださったので、移動もしなくてすみ、本当に助かりました。
    素早い対応、素晴らしい心配り・・・ 向井さんは、ホスピタリティーの鏡ですね☆
    昨年は6月、8月、11月と3回も向井さんと会うことができたけど、今年はまだ・・・(><)シュン
    Yuzoさんも、4泊が2泊になってしまい、すごく残念でしたから、
    近いうちにまたRitz HKに行き、ステキ時間を過ごしてくださいね♪

  2. Yuzo
    2015 年 9 月 27 日 23:49 | #2

    kiraraさんこんばんは!

     最近はメールも多くなりましたね!
     相変わらずの旅行頻度に脱帽を通り越してもう羨ましいの一言以外はでてきません。
     是非、ブログで楽しませてください。

     向井さんを含めほんとRitz HKのスタッフは素晴らしい..
     日本のホテル・旅館でもここまで徹底して高いHospitalityを貫いているトコロはないですね。
     流石の一言に尽きます!

     今回当初の4泊が2泊になりましたが、あの部屋を4泊利用できていたと思うと鳥肌が立ってしまいますね。次回また早めに香港に訪問しないといけないですね。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)