#08-14. Burj Al Arab ‘Al MAHARA’で素敵なDinnerのひと時を…


[Burj Al Arab, SeaFood Restaurant 'Al MAHARA' にて]

 Burj Al Arabに宿泊の際は、是非…

 ここ’Al MAHARA’がオススメ。

 素敵な雰囲気の中、今までに味わったことのないようなDinnerを楽しめると思いますよ。

 

 Burj Al Arabに宿泊の上、Al Maharaでのディナーはまた格別。
 誰もがそう思うんじゃないかな…

 

 写真のようにレストランの中央には大きな水槽があり、それをぐるっと囲むようにテーブルがセッティングされているのだ。
 もう少しわかりやすく表現するならば、ドーナツの真ん中が水槽で食べる部分にテーブル席が配置されていると言う具合。
 

 ただ、写真を見てもらえばわかるようにこの水槽がまたデカイ(笑)

 
 更に上手い具合に光りの演出も施され、特に親しい者同士で愛を確かめ合うにはサイコーかもしれん。(笑)(笑)

 

 このブログオープン来の読者であればもうお分かりと思うが、今回アルマハラを紹介するにあたって他の利用者への配慮から(というか、自分が好きなだけ撮影したいというだけだが…)、レストラン営業時間外の枠を使って撮影をさせてもらった。

 依頼はモチロンAmex Concierge Deskから。(笑)

 Amexは、ワタシのこんなわがままにも付き合ってくれるのだ。
 私の担当コンシェルジュから海外デスクに投げてもらい、Over Sea Assist担当より交渉をしてもらうこととなった。

 

 結論はモチロンOK!!
 流石アメックスだぜ。
 いつも素晴らしい働きをしてくれる。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 まぁ、たまに「センチュリオンは勿論だけど、Platinum Cardの年会費って高すぎない??」って質問されるのだが、こうして私のささやかな願いを叶えてくれたり、ホテルのルーム・アップグレード、ANAやマルコポーロの上級会員へのインビ等グロスで考えると絶対に安いと思うよ。

 今回の3カ国の旅でも思ったのだが、宿泊した全てのホテルでアップグレードだったしな。
 多分、ワタシの場合、海外で言えばアップグレードの確率はかるく90%は超えているだろうよ。
 年間での宿泊数を最低で20~30泊と考えても確実にモトをとってると思うゾ。

 多分、国内の宿泊を入れると80~85%ぐらいに落ちると思うがそれでも高確率だ。
 特にいま世界経済は縮小に向かっていると感じるので、リーマンショック以前と比べるとホテルの空き数も多いんだろうな。
 そういう点も含め確実にアップグレードは高い確率となっているようだ。

 

 

The Entrance to ‘Al MAHARA’…

 初めてBurj Al Arabに訪れる人の為に、アルマハラへの行き方を簡単に説明しておきたい。

 メインロビーから入り、正面に噴水がある。
 そして両サイドにも水槽があることは以前の記事で紹介させてもらった。
 右手の水槽横に上りのエスカレーターを使って2階に進む。
 2階に着くと向かって左手がアルマハラ入り口となる。

 写真(↑)がその入り口となるのですぐにわかると思う。
 (オレはわからんかったが(笑))

 

 入り口に向かうと、ハリーポッターででてくる「ミネルバ・マクゴナガル」を想像してしまう女性が受付をしてくれる。
 名前を告げると、奥のエレベーターまでエスコート…

 

 バージュらしくすべてがキンキラキンの装飾…(笑)
 まさかエレベーターまでとは思わんかった。(笑)(笑)

 もしや、エレベータのドアが開き、エレベーター内部の壁や床、天井に至るまでGOLDだったらどうしようと不安に思ったがどうだったかというと…

 

 

 それは流石にありませんでした。(笑)

 

 アルマハラは地下というか地上1階?に位置するのですが、ここでこの女性がエレベーターの’M’ボタンを押してくれた場合、潜水艦イベントが体験できる。

 どういう基準で潜水艦イベントが体験できるのかわからないが、体験できるときと出来ないときがあるようだ。

 なかなかオモロイイベントでな、ワタシが搭乗したときは初っ端まずはエンスト?…(笑)
 んで、ド素人を装った操縦士がアルマハラに向かう途中に海底で岩にスコシぶつかったり、魚の大群に突っ込んで行ったりとなかなか楽しいのよ。(笑)

 オイオイ浸水しないだろうな
 (▼▼)
 って感じでなかなか楽しめる。

 

 潜水艦は5分ほど海の中を進み、アルマハラに到着する。
 潜水艦は浮上し、入り口に着くというわけだ。

 

 この写真(↓)が潜水艦のドアからでたトコロ。
 金のトンネル(笑)を抜けると正面に巨大水槽があり、この水槽をぐるっと囲むようにテーブル席が用意されている。

 

 

 丁度隠れてしまっているが、トンネルの中央左手にはラウンジが用意されていて、レストランが混んで「待ち」の時や喫煙したいときはここでゆっくりとすることができる。

 

 

 

 ここを案内されたとき、「必ずお客様がご満足頂けます葉巻も用意させて頂いておりますが、1本いかがでしょうか?」だと。(笑)

 高級葉巻だとさ(笑)
 あいにく酒と煙草はやらんのさ、オレはよ。

 もうちっとリッチにでもなったら考えるよ。(笑)ってかんじだな。

 

 写真は、まだオープン前の為誰も居ない状態で好きなだけ写真を撮ることができた。

 こういう雰囲気の中で頂く食事はまた格別だろうよ、
 で、一緒に食事する相手がまた最高であれば尚更ええな…(笑)

 

 2人で食事を楽しむときは優先して水槽真横のテーブルを用意してくれるそうだ。
 (まぁ、そんなこと言われんでも当たり前だと思ったが…)

 

 ドバイに来たときは、是非ここ’Al MAHARA’ はいかがでしょうか?

 なかなか気軽に来れるところではないのかもしれませんが、治安も良く、バージュを除き物価もひじょうに安く過ごしやすい国だと思います。
 確かに気温は高いですが、湿度が低いのでそれほど苦痛ではありません。
 どちらかというとワタシは湿度の高い真夏の日本の方が苦手かな…

 

 

 最高のひと時を、最愛の女性と一緒に美味しい料理を頂きながら過ごす…
 これこそ贅沢なひと時ですね!!

 

 是非、機会がありましたらどうぞ。
 ドバイでのオススメのひとつです。

 

 

料理を楽しみながらの光景…

 折角でしたので、料理を楽しみながらスコシお魚さんたちを撮影させて頂きました。
 理由はよくわかりませんが、写真はOK!だけど動画撮影はNG!のようです。

 ワタシの場合、スタッフが撮影し終わるまで待ってくれて、撮影が終わったら「本当はダメなんですよ!」と教えてくれました。

 よくアルマハラ関連の記事(ブログ)を見ると、食事中は撮影が出来ないとかかれているものを多く目にします。

 そういう点も考慮しながら、日本に居るときにお店のオープン前の時間を使って撮影をしたいと交渉をお願いしたわけです。

 
 また時間帯が指定されているようですが、決められた時間帯であれば、宿泊者は自由に訪問し撮影もできるそうです。

 ワタシのように撮影を希望する方は、事前に交渉や(今でもあるのかわかりませんが)自由に訪問し撮影できる時間帯があるのかを調べてもらうのもよいかもしれませんね。
 アルマハラ開業当初は、カメラでの撮影はモチロン、フラッシュ撮影は絶対にダメ!!!と厳しく徹底されていたようですが、今では大分基準も緩やかになったようです。(但し、今でもフラッシュ撮影は注意されるので気をつけてください。まぁ、それ以上にここアルマハラではドレスコードに注意しましょう。)

 

 

 

 おまけデス…(笑)

 

 

 

 

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。

 
 記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

 また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい。 

 

 


Trackback URL

  1. 2011 年 9 月 15 日 00:05 | #1

    こんばんは
    この度はブログリンクをして頂きまして有難うございます
    お互いに良いライフスタイルを保てますよう、これから宜しくお願いします

    さて、こちらの記事ですが、まずはお写真の鮮やかさに引き込まれました
    わざわざ営業時間外に撮影されたとのこと、素晴らしいですね
    AMEXもなかなかやりますね

    中東御三家の飛行機に乗ってドバイへいつか行ってみたいものです
    基本的に派手なのを好むので、贅を尽くしたホテルに泊まりたいです

    私もAMEXではかなりお世話になっていまして、年会費は安いと感じる程です

    良い夢を

  2. Yuzo
    2011 年 9 月 15 日 00:19 | #2

    Kumiさま
    当ブログに訪問下さり有難うございます。
    旅行と旅行先での写真が趣味で、旅先ではずっと撮影している感じがします。(笑)
    お陰でこうしたブログが出来上がる訳ですが。(笑)

    忙しい合間を縫って、こうして記事をUPするわけですがなんとか半年間続けることが出来ています。

    今後とも様々な国に訪れ、旅行雑誌に負けないほど詳しい記事にしていきたいと考えています。
    でも、ワガママブログになっているので困ったもんです。
    それでも、何処かでKumiさんのお役に立てれたら嬉しいです。
    こちらこそ今後とも宜しくお願いします。m(_ _)m

  3. とも
    2011 年 10 月 21 日 23:40 | #3

    Yuzoさん!2つめの動画、最高です!!
    見てる!見てる!!めっちゃ見てる!!!
    こういう、生き物の表情がある画像とか動画、大好きなんです♪
    それから、後ろから3番目の写真とか、一瞬、
    「テーブルの方に魚が出てきてる!!特撮!?」って思っちゃいましたが、
    置物みたいな物なんですね!
    写真にすると、水槽から飛び出たみたいに見えて、ファンタスティックです♪

  4. Yuzo
    2011 年 10 月 21 日 23:52 | #4

    ともさん、ご訪問有り難うございます。
    動画気に入って頂けたようで何よりです。ワタシもこのお魚さんは実は気に入っています。
    モチロン特撮ではありません。(笑)
    多分、彼?からしてみれば「おらぁ、お前はどこのシマで飯食ってんだ。大口あけて食べてんじゃねぇ(▼▼)」って感じで思っていたんでしょうかね?
    こんな感じで何度も何度も同じコトを繰り返していましたよ。(笑)

    こうやって記事を見直すととても懐かしく思います。
    既に今年のドバイ訪問からもう2ヶ月近く経つわけです。
    時がたつのは本当に早いものですね。
    お互いに素敵なTravel lifeを満喫していきましょう。またともさんのブログ、訪問させて頂きます。
    m(__)m

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)