#08-5. 世界7ツ星ホテル ’Burj Al Arab’ で素敵な滞在を楽しむ(2)…


[Burj Al Arabエントランス前の噴水]

 総てにおいて素晴らしい滞在がここにある。
 今回は、今後宿泊を予定している人に役立つ情報をたくさん盛り込ませてもらった。

 夜は、private beachで贅のひとときを過ごすこともできる。
 写真は’Jumeirah Beach Hotel’
 Burj Al Arabに隣接したArea’New Dubai’の最高級ホテルのひとつ。

 ここPrivate beachの話しはまた次回以降に…
 よい話もあるので、期待して欲しい。

 

 

Light up for…

 

 バージュは様々な色にライトアップされ、目でも楽しむことができる。
 まさにDubaiのランドマークだ。

 

 

 日・時間によって色が変わっていた。

 上の写真にあるように、ライトの色は電球(あるいは電球カバー)を取り替えることで行われているのであろう。
 

 

Butler Desk on each floor…

 一般的な旅行雑誌やwebsiteによく使われている写真なのだが、こうしてButler Deskが並ぶとまた圧巻である。
 Butlerは各フロアに最低4名はつく。

 Dubai到着前に様々なplanを練り、予約を済ませている場合は大きな活躍の場はないかもしれないが、レストランの予約や特別なDubai観光等交渉や依頼を伴うものについては絶大な効果が期待できそうだ。

 

 

‘Jumeirah’の3つの篝火(かがり火)について…

 バージュの資料に、以下の文言が多く見かけられる。

————————————————————————————————–

  1. お客様から声をかけていただく前に、かならず私から笑顔で挨拶いたします。

  2. お客様のご要望に最初からお断りすることは決してございません。

  3. 職場の仲間一人ひとりに敬意と誠実さを持って接します。

————————————————————————————————–

 

 正直、3つ目については何を意図してのことかつかめなかったが、No,1と2については滞在中常時感じることができたことでもある。
 Hotelの建物内に限らず、Private Beachも含めホテル敷地内でそれは徹底されていた。

 バージュのバトラーサービスやスタッフの対応について、様々なwebsiteで賛否両論のようだが、私は十分満足できたように思う。

 滞在中のヘリ遊覧のこともほぼ私の希望通りにフライトルートを設定できたのもこういった’基本的方針’から生まれたものに違いない。

 

 では、ここでHotel滞在中の注意事項を少し紹介しておきたい。

 

 

General Infomation…

 [銀行サービスとATMについて]

 1階のショッピングアーケードに、ドバイ商業銀行(Commercial Bank of Dubai)があります。
 営業時間は午前10時~午後1時30分迄。
 銀行横のATMは24時間利用が可能。

  ※確か両替レートがかなり高い(悪い)といっていたように思う。
   私は基本カードが使えるところしか動かないので、2万円分しか空港で両替せず、半額が残った。

 

 [ゲストを部屋に招くときは...]

 宿泊フロアのゲストサービス・エグゼクティブまたはバトラーまで事前に知らせる必要がある。
 情報はWelcome Centerに伝えられ、ゲストが問題なくホテルにアクセスできるように手配をしてくれる。
 また、部屋に入室許可を取るために、ゲストは下記の身分証明書の提出が求められます。

   身分証明書: (UAE国民):        Passport, 内務省発行のID card, UAE運転免許証のいずれか
            (UAE在住者):        PassportまたはUAE運転免許証、労働者カードのいずれか
            (GCC諸国の国民):PassportまたはID card
            (その他の国民):   Passport
             ※すべてコピーは不可
               ※上記のことはUAEホテルサービス法に基づく

 

 

 [Restaurantの特別見学...]

 Burj Al Arabでは、各レストランで写真撮影を含め自由に見学ができる時間を設定しています。(都度確認要)
 場合によっては、予約が必要な場合もあります。
 営業時間中の写真撮影は、基本的に他のゲストがカメラに写りこむ可能性があることから、食事中の撮影は原則不可。
  ※但し、私が食事中 大声で騒ぎ、且つフラッシュをたいて撮影している家族がいたが…
   でも、アラブの超金持ちって感じの家族だった。(笑)
  ※撮影できる曜日・時間帯は予め決められている場合があるので、日本滞在時に確認をしておくと予定を組むのに好ましい。

 

 

 [リテール・セラピー]

 Hotel内にて、Burj Al Arabの豪華な限定品の購入が目的のときは
  ・Al Konoz(アル・コノツ):   スーベニアショップ
  ・Al Dukan(アル・デュカン): ブティック

 ユニークな贈り物や高級美容製品をお求めの場合は
  ・Janna Al Juwan(ジャナ・アル・ジュワン[18F]): スパブティック

 

 また、Burj Al Arabのアッパーロビーにはショッピングアーケードもある。
  (ジュエリー)
  ・ロデオドライブ
  ・ショパール
  ・ブルガリ 他
   ※香水、アクセサリー、デザイナーブランド服もあります。

 

 

 [プライベートビーチへのアクセス]

  プライベートビーチは、ホテル向かいのメインランドにあるため、Bab Al Yam(バブ・アル・ヤム['バーアルヤン'でも通じます])より専用バギーの利用ができる。
  ※メインエントランスからもバギーが利用可
  ※いずれにしても水着を含む軽装でホテル内を動き回ることはできない
  ※ビーチまでの所要時間はバギーで約5分、歩いても10分程度なのでお好みに応じて利用するのがよい
   初めての場合は、Majlis Al Baharの場所がわからないと思うのでバギーを利用すると良い
  ※着替えはMajlis Al Bahar(マジリス・アル・バハール:ビーチサイドのレストラン・バー)にChenging Roomがあるのでそこで行い、タオルの貸し出しも当然無料。
  ※水着と日焼け止めだけを持っていけば、Burj Al Arabらしいシャワー施設を含めた完璧な施設とスタッフが対応してくれる。
  ※ビーチボーイへのチップを用意しておくと良い。
 
   (注)プライベートビーチについては、後日記事として写真入りで詳細をアップするので期待してお待ち下さい。

 

 

 [ヘリコプター、ロールスロイスによる移動]

  空港への送迎、UAE内の移動やショッピングにロールスロイスのリムジンサービスが可能。
  宿泊のフロアやルームによって付帯サービスとなったり、別途有料となります。 
  上空からのドバイ観光は勿論、ドバイ国際空港への移動(片道・往復)にはプライベート・ヘリコプターが利用可能。
   ※ドバイ観光は、時間で料金が異なります。目安は私の場合1分1万円でした。
   ※為替レートが記事アップ現在の1AED=22円であれば30分~40分のフライトで30万円前後
   ※宿泊時にButlerに相談すればよい
   ※空港からホテルへのヘリチェックインの場合は48時間前に予約・確認が必要

   (注)プライベートヘリを使用したドバイ遊覧は、後日記事として写真・映像付きで詳細をアップするので期待してお待ち下さい。
 

 

 [おまけ]

  Burj Al Arabでは美観維持の為、窓のクリーニングを定期的に行われている。
  室内より清掃スタッフが見える場合がありますが、窓は2層の特殊コートを施しているため、どのような場合であっても外からは部屋内部が見えないようになっています。(ホントか???)

 

 

Burj Al Arabでのお食事のヒント…

 Burj Al Arabのすべてのレストランでは、すべてドレスコードが設けられています。
 利用時には注意が必要。(不安な方は、レストランに行く前にButlerにチェックをしてもらいましょう。)

  

  (Sea Food Restaurant “Al Mahara[アル・マハラ]“)
    ※セミフォーマル(男性はディナー時はジャケット要、ランチタイムには襟付きの長袖シャツが基本)
    ※ジーンズは不可(穴あきジーンズはホテル内でも注意される可能性が高い)
    ※スラックスのようなジーンズは、ドレスコードを乱すことがなければ大丈夫でした。
    ※正装靴(スニーカー不可)
    ※私が食事中、男性は上下スーツで軽くくずしたような格好の人が多かった。
     (ものすごくチェックが厳しいというわけではない)
    ※Al Maharaは禁煙レストランなので、喫煙は、Juna Lounge[ジュナ・ラウンジ]で可能。
     また、Juna Loungeでは最高級の葉巻もあります。

     (注) Al Maharaでのディナーについては後日記事として素敵な写真と共にアップさせて頂きます。

 

  (Al Nuntaha[アル・ムンタハ]とAl Iwan[アル・イワン])

    ※ドレスコードはスマートカジュアル
    ※ディナー時には、男性はジャケットが必要
    ※ジーパン不可
    ※正装靴(スニーカー不可)
    ※UAEの民族衣装は可
    ※朝食時の喫煙は不可

 

 

Dubai旅行のヒントとアドバイス…

  [アルコールについて]

   自室、あるいはホテル内の認可された場所(Bar等)以外での飲酒、または酩酊状態での外出はダメ。
   飲酒はイスラムの規律に反することを十分理解すること。
   飲酒運転は勿論だが、酩酊状態で路上に出ることも厳しく罰せられるので注意が必要。

 

  [ビキニについて]

   Burj Al Arab内のプライベートビーチまたはプライベートプール(Bab Al Yam横)におけるビキニの着用は許可されていますが、公共のビーチでは罰せられる場合があります。
   当然だが、プライベートビーチでもトップレスでの日光浴は不可。
   訪問の半年前、Sex on the Beachを楽しんだアホなA国人が居たようですが、確かそのアホなA国人は、逮捕・拘留の上国外強制退去にまでなったと話しを聞きました。十分、ご留意下さい。

 

 

  [検閲について]

  イスラムの規律上、海外の雑誌や新聞は特に検閲を受けやすくなっているそうです。
  パソコンに保存されているものも含め、性的な描写モノは特に注意をしてください。
  (まあ、パソコン内部のファイルまではチェックしないと思いますけど…念のため)

 

 

  [薬物について]

  ドバイでは、薬物に対し情状酌量の余地はなく、どんな小さな違反でも許されないので注意してください。
  有罪の場合、平均で懲役4年の実刑が下されているようです。

 

 

  [ハンドジェスチャーについて]

  運転中のハンドジェスチャーや大声を出して叫ぶ行為も逮捕につながる場合があります。

 

 

  [キスについて]

  イスラムの規律上、自室で行ったほうが身の為です。(笑)

 

 

  [写真撮影について]

  思い出を残すため写真を撮影されると思いますが、軍事拠点やUAE国民を撮影する際は許可を取るようにしましょう。
  特に女性の場合は、完全に顔まで黒いネットで覆い隠している場合一切誤解を受けないような配慮が必要です。
  とはいえ、一般的な国民は喜んで写真のポーズを取ってくれる人も多く、イスラムの国でありながらも、海外の文化や宗教にひじょうに寛容です。

   ※ドバイ国民からみて、日本国民はひじょうに友好的な国民として理解されているようです。
    まあそりゃそうだよな、だって日本が石油を最も輸入している国はドバイかサウジアラビアだからな。しかも、日本はアメリカと比べて高値で石油を買っているようなので、超お得意様ってわけだ。

   ※上記のこともあるが、ドバイでも日本の工業技術の高さは定評があるらしい。

  

  

  [Taxiについて]

  ほとんどお釣りを持っていないようです。
  支払に50Dhs札以上を使用する場合は、運賃にもよりますが特に注意が必要です。
  事前に細かく両替しておくことがお勧めです。

  ※ドバイでは本当にスピードを出していますので、注意が必要です。
   タクシーでも100km/hオーバーは良く見かけます。
  ※日本人だということで、わざと遠回りする場合もあるようなので注意が必要。
  ※ドバイ市内でのタクシーでは、メーターのないものに私は遭遇しませんでした。
   しかし、メーター無しタクシーもあるようなので注意が必要。
   何よりも、タクシーで気をつけるべきは”Hong Kong”です。

 

 

  [チップについて]

  ポーターやビーチボーイ、ルームサービスのチップは20Dhs(~50Dhs)がよいと思います。
  ※私はおよそ20Dhsを基本とし、特別な依頼や無理を言ったときは50Dhs渡しました。
  ※ルームクリーニングやターンダウンといったサービスは、2名以上で1部屋を担当する場合もあるようなので、10Dhs札で人数分(20~30Dhs)用意するのが良いかと思います。

  (注) その他詳細については、質問があればコメントで投稿してください。
      都度、私のわかる範囲でお答えいたします。

  

  

 今回の記事は、Hotel Infomationを中心に記載したため文字情報が多くなりました。
 (まぁ、いつもと一緒といえばそうだが…)

 これから宿泊を予定されている方は、役立つ情報が多く盛り込まれているかと思います。

 

 まだまだBurj Al Arabの記事は続きますが、上記記載の内容について質問も大丈夫です。
 思い出に残る素晴らしい滞在に是非おつなげ下さい。

 

 

  

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。

 
 また、記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

 


Trackback URL

  1. ミニ
    2013 年 1 月 6 日 17:19 | #1

    ドバイのカウントダウンでブルジュハリファの花火を見たいのですが、
    外で見るのは混雑して大変そうなので、どこのホテルから見るのが一番良いのか
    おわかりになりますか?

    本当はバージュアルアラブかワン&オンリーザパームに泊まりたいのですが・・・

  2. Yuzo
    2013 年 1 月 6 日 20:09 | #2

    ミニさま

     ようこそ当ブログにお越し下さいました。
     Dubaiのカウントダウンイベントですね!
     フェイスブックをみても花火の写真で沢山埋め尽くされていますし、あれだったらかなり見応えがあると思いますよ。
     羨ましい限りです。

     さて、ご質問にお答えします。オススメはローフロアから眺めたいかハイフロアから眺めたいかで2つのホテルが候補にあがります。
     ハイフロアからの眺めを希望するのであれば、「The Address Downtown Dubai」に決まりです!
     ドバイモールに隣接していますし、部屋をファウンテンビューで押さえ部屋からも楽しむ。且つ屋外プールからの眺めも最高ですからその他の楽しみ方も多く見出すことができるはずです。
     多くの雑誌やフェイスブック、ホームページ等を見てもここからの眺めはホント絵になってますから、きっと満足できると思いますよ。

     また、ローフロアからの眺めを期待したいということであれば「The Palace The Old Town」が絶対オススメです。ドバイファウンテン(の人工湖)に面し、ドバイファウンテンを挟んで向こう側(奥)がBurj Khalifaです。
     言い換えるとBurj KhalifaとThe Palace The Old Townがドバイファウンテンを挟んだ格好になっています。より近い場所で楽しみたいのであれば絶対にココ!デス。
     部屋のテラスの目の前がドバイファウンテンです。面白いでしょ。
     私は昨年の9月にThe Palace The Old TownのPalace SuiteのFountain View Roomに宿泊しています。
     すぐにブログで紹介できないことが歯がゆいですが、部屋もホテルも極上でした。ここもドバイモール迄歩いて5~6分で、噴水ショーも部屋から気軽に見ることができました。
     でも、全ての部屋から必ずみれるというわけではないと思いますのでFountain Viewは絶対に外さないで下さいね。
     モチロンご希望のfireworksもバッチリ見れると思いますよ!

     Burj Al Arabが宿泊先リストに上がっているくらいですから、ここで費用が高いと感じることはまずないはずです。
     参考に今回宿泊したPalace Suite Fountain View Room(105㎡)でAED2878.80-[tax込]でした。
     日本円で当時のレートで63600円でしたから、ありえないくらい安いです。
     Burj Al Arabでしたら時期にもよりますけど2倍前後しますから、私は安いけど質の高い滞在を希望するならここが穴場と考えています。

     ネットで検索すればすぐでてきますが、今回私が宿泊したホテルと部屋の写真をいくらか紹介することは可能ですよ。もし必要でしたら言ってください。( ̄^ ̄)ゞ

     最後に眺める高さだけでなく、Burj Khalifaまでの位置関係(直線距離)を把握しておくと判断しやすいです。
     The Address Downtown Dubaiの建物からBurj Khalifaまでは400m以上はあるのではないでしょうか。400~500mくらいでイメージしてください。それに対し、The Palace The Old TownはDubai Fountainの人工湖に隣接して建てられていますからBurj Khalifaまで200~300mくらいでしょうかね。
     遠目で全体を眺めたいならThe Address Downtown Dubaiを.. 目の前で大迫力を楽しみたいのであればThe Palace The Old Townという考え方がオススメかと思います。でも、写真や映像も多く撮りたいというのであればパレスを選択するときに1点だけ注意が必要です。
     あまりにも近すぎ、且つ対象物が大きすぎるので広角レンズを使用しないとフレーム内に収めることは難しいと思いますよ。
     まぁ、それだけ近いということがご理解頂けたらうれしいです。

     私の中でドバイは世界で最もHotな都市ですから、本当にオススメです。
     Burj Al ArabやOne&Onlyを候補に挙げているくらいですからよりハイセンスな滞在をお求めかと思います。参考にして頂ければ幸いです。
     是非楽しんできてください。

  3. ミニ
    2013 年 1 月 6 日 22:42 | #3

    色々ご丁寧にアドバイス有難うございました。

    ドバイはこちらのブログを拝見して行きたくなったのです♪
    バージュアルアラブでヘリにお乗りになるなんて凄過ぎます!
    私は足元にも及びませんが、少しリッチな気分を味わえたらと思っています。

    香港のリッツカールトンのアフタヌーンティも行きたくなりました。
    先日六本木のリッツでアフタヌーンティをしてきましたが、香港の方が素敵ですね。

    色々調べてどちらのホテルにするか考えます。
    又ドバイでわからない事がありましたら是非教えて下さいませ。
    宜しくお願い致します。

    でもその前に、今年の年末に仕事で行けなくなれば、来年末になりそうなんですが・・・・

  4. Yuzo
    2013 年 1 月 6 日 23:31 | #4

    ミニさま

    ぜひドバイを楽しんで来て下さい。
    年末年始は一番高い時期なのでなかなか贅沢できませんが(笑)、素晴らしい都市なので一度行くとやめられなくなってしまいますよ。
    すべてのことを知っているとは到底思えませんが、できる範囲のことでしたら喜んでお手伝いさせて頂きます。その時は遠慮なくどうぞ、ましてこのブログを見て… なんてお言葉を頂いてしまってはお手伝いを是非させて頂きます。昨年9月の旅行は、春くらいにupし始めると思いますので、お役だて下さい。

    では。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)