#02-17. Four Seasons Hotel HongKong, 龍景軒でミシュラン3つ星の味を味わう。(2)


[龍景軒, Four Seasons Hotel HongKong...]

ミシュラン3つ星の味はどうだったかというと…

噂に違わぬとても美味しいものを頂くことができた。
シェフのオススメメニューを今回注文したわけだが、ハッキリ言って私がこよなく愛する京都のあるレストランの方がまだまだ美味いと感じてしまったが、ただあそこは私を楽しませてくれるために料理長の腕を出し惜しみすることなく、フルに発揮してくれているからだろう。

メニューに載っていて、誰もが平等に低価格で楽しめるものという条件の中であればこれは確かに美味い!!
味に加え、眺望の素晴らしさを考慮すると、確かにミシュラン3つ星というのも納得はいく。

今回の訪問にあたり、龍景軒の情報を事前に調べていったのだが、数多くの雑誌やネット情報の中で、1つの’こだわり’として頻繁に使われていた言葉がある。
それは「盛り付け」…
盛り付けと書いているが、私の場合、料理としての美しさ(見栄えや気品)を指して表現している。
料理として求められる’味’と’美しさ’を兼ね備えたものはそうめったにお目にかかれない。

日本料理やフランス料理になると技巧的な’技’が多く、突出的に垣間見えることも多いのだが、中華料理でそう感じたものは実はほとんどないのが現実。

今回頂いた料理の中で私がその’美しさ’を感じた1つがブログトップのこの画像だ。

出された全ての料理において、味はモチロン美味しいと言えるものだった。
気になる’美しさ’を感じたのはこれでした。

で、これって何だかわかりますか?

なんとアミューズの「キムチ」デス。(笑)(笑)
メニューにも載せられていない、アミューズにちと驚いたのさ。

透き通るような白菜とその上に置かれたネギ?がとても素晴らしく感じました。
お皿の上のソースというか、これ何だったっけ、あれだよあれ…
まぁ、とにかく美しい(笑)。
ブログトップ画像に選ばれるキムチはそうないと思うゾ。

チョビッとなんで、すぐに口の中にパクッと消えていきましたけど。(笑)

写真うつりが良かったにしては、良すぎる仕上がりだ。

とは言え、キムチなんでそこまで持ち上げる必要はないか?(笑)

Chef’s Tasting Menu…

 

[本日のコースのご紹介]
————————————————————————————————————————

====== シェフのお任せ料理(8コース) =====

Lung King Heen Appetiser Combination
Crispy Suckling Pig, Barbecued Pork with Honey, Roast Goose with Plum Sauce

Braised Shark’s Fin with Shredded Chicken and Bamboo Piths

Simmered King Prawn in Black Bean Sauce

Braised Abalone Cube with Star Garoupa Fillet in Supreme Oyster Sauce

Wok-Fried Australian Diced Beef Tenderloin with Capsicums and Sarcodon Aspratus

Fried Rice with Fresh Crab Meat, Mushrooms and Vegetables

Chilled Mango and Sago Cream with Pomelo

Petit fours

————————————————————————————————————————

 

では、素晴らしいミシュラン3つ星のコース料理をお楽しみあれ…

 

 

まず料理を頂く前に注文したものは’飲み物 ‘…

このブログ読者の皆さんはご存知かと思いますが、ワタシは基本的に酒はほとんど飲まんので、
Sparkling Natural Mineral Water…を注文した。

そう、一言で言えば「炭酸水」だ。

もうここからやはり違うよな、日本だと水は無料、「色」「味」がつくものに対し有料。
まあ、基本セットメニューに含まれるよな。

まっ、水なのであまり触れずにスルーだ。(笑)

Amuse-Gueule…

中華料理でも、’ アミューズ・グール ‘って言ってもいいのかな?
この表現はフランス料理だよな…確か。
まっ、日本だと「突き出し」だな。

あと、こういうのって何て言うんだろう。
薬味でいいんかな?
まぁ、「お好みに応じてお使い下さい」だね。(笑)

ハナシは戻るけど、始めにちと持ち上げすぎたかもしれんが、キムチってこういう味もでるのね…って感じました。
出だしはOK!!

さてさて、次は前菜に移ります。

1. Lung King Heen Appetiser Combination

Crispy Suckling Pig, Barbecued Pork with Honey, Roast Goose with Plum Sauce

前菜3種です。
まずは左から。
Crispy Suckling Pigってことだから「子豚のカリカリ焼き」ってとこかな。

うん、これもオイシイ。
始めは北京ダックかな?って思いましたけど、よく見ると明らかに違いますよね。
メニューを見て、納得です。

次に、Barbecued Pork with Honey…

焼き豚をハツミツの甘みで絡めて出しています。
2切れですが、前菜としては十分楽しめます。

最後に、Roast Goose with Plum Sauce…

焼き鴨肉にソースをかけ…
前菜でこのインパクトかぁ~。
これだけアップで写しても見劣りすることなく、スバラシイ始まりを告げているのは言うまでもありません。

2. Braised Shark’s Fin with Shredded Chicken and Bamboo Piths

言わずとわかるフカヒレスープですね。
鶏肉とタケノコが細く刻まれ、触感と味をさらに引き立たせていました。
特に今までに食べたフカヒレスープと大きな違いは見つかりませんでしたが、濃厚なスープだったという印象は強く感じました。

フカヒレスープに添えられてでてきたのは香酢です。
スープにお好みの量を入れると、すっきりとした口当たりになると聞きますが、私はそのまま香酢を入れずに楽しませて頂きました。
最後に、チョットダケ舐めさせて頂きましたけど。(笑)

03. Simmered King Prawn in Black Bean Sauce…

Prawnって言ったら普通クルマエビだよな。
頭にKingがつくくらいの確かに大きいエビでした。
伊勢海老ほどの大きさではありませんが、ナイフとフォークで食べるというのは確かに納得です。

3品出てきた頃、丁度席に座り40~50分ほど経過していたでしょうか…
18時に予約を入れていましたので、外はだんだんと暗くなってきています。

Symphony of Lightsは20時からの開始なのでまだまだ十分時間に余裕があります。
さて、外の様子はというと…

こんな感じです。
ビクトリアハーバーを眼前に、おいしい料理を楽しめるなんて素敵なことですね。

写真中央右に建つ建物は、次回宿泊予定のリストに入っているThe Ritz Carltonです。
この景色からすると、本当にKiraraさん達がお座りになった席と同じなのかもしれませんね。
次第に、陽は落ち、辺りは少しずつ人の手によって生み出された’光’に満たされていくわけです。

ここLung King Heenは香港島に位置しますので、Symphony of Lightsが正面で見れませんが、一面に光りが溢れ出すまでにそう時間は必要ありませんでした。

だいぶ記事も長くなってしまいましたので、ここで一区切り入れさせて頂きますが、スコシ中途半端になっているので、龍景軒の記事は近日中に(早めに)アップさせて頂くことにします。

続く…

[googleMap mousewheel="false" directions_to="false"]Four Seasons Hotel Hong Kong, 8 Finance St, Central, 香港[/googleMap]

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい


Trackback URL

  1. YOU(♂)
    2011 年 12 月 18 日 16:35 | #1

     はじめまして。
     私も9月に香港のPeninsulaに泊まって、Lung King Heenで食事してきました。
     私も駄目駄目なブログを細々とやってますが、Yuzoさんのようなキレイな写真を撮れない(食い意地が張っててゆっくり写真を撮れない)ので、恥ずかしい限りです。
     いろいろなところに行かれているようですのでまた参考にさせて下さいね。

  2. Yuzo
    2011 年 12 月 18 日 17:11 | #2

    You(♂)さま

     はじめまして、ようこそ当ブログまで足を運んでくださいました。m(__)m
     また、ご丁寧な表現で恐縮してしまいます。
     私も今年香港の旅を楽しませて頂いたわけですが、ほんとうによかったと思っています。
     既に次回の予約も済み、さて今度は…と企んでいるところ(笑)
     
     もし、ご迷惑でなければYou(♂)さんのブログを拝見させて頂けませんか?
     多分ですけど、URLの.をスペースで置き換えて頂ければ私の下で見えるかと思います。(普通に入力すると、セキュリティーソフトが勝手に削除して[...]と私には表示されてしまうようです。)
     私のブログはシステムをwebデザイナーに作らせているので、派手派手しくなっておりますが、情報は是非お互いに共有させて頂きたいと思っています。

     自分勝手なワガママ言い放題のブログですが、そういう変わり者の書くブログもまた一興..(笑)と、時々遊びに来てくださると嬉しく思います。
     
     旅行ばかりが先行し、記事のアップが追いついていない状況ですが、皆さんが少しでも興味をお持ち頂ける様な国や場所に訪問しアップしていくことを考えています。私が訪問した場所でよろしければ、私の持つ情報はすべてopenにさせて頂きますので、ご質問などありましたら遠慮なくお尋ね下さい。
     知人ではない方からのコメントですから(笑)、大変嬉しく思っています。
     有り難うございました。

  3. YOU(♂)
    2011 年 12 月 18 日 17:18 | #3

    早速の御丁寧な返信、ありがとうございます。
    先程、自分のブログのアドレスを書くのが礼儀かと思いましたが、このコメント欄にpasteができなかったので、やめておきました。すみません。
    私のブログです⇒ http://4travel.jp/traveler/ez4ysuzuki/album/10603740

  4. Yuzo
    2011 年 12 月 18 日 17:33 | #4

    YOU(♂)さま
     
     URLの入力ができたのですね…(;^_^A
     記事内に英語表記も部分的に含めているので、海外からのスパムメールも多く、コピペを出来ないようにしてもらいました。
     URLが入力できることは私自身も知らずお恥ずかしい限りです。
     有り難うございます。

     4travelをご利用されているのですね。

     知人が利用しているので、私も昨年Dubaiに行く前に登録しさぁ頑張って帰ってきたらアップするゾ!と思いましたが、帰国後は4travelを放置し、webデザイナーに作らせ本格的にやりたくなってしまいました。(笑)

     YOU(♂)さんのブログを早速拝見させて頂きましたが、私よりも多く旅をされていて逆に私の方がご教授頂きたいくらいです。
     
     後ほどじっくりと探検させて頂きます。m(__)m

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)