#02-16. Four Seasons Hotel HongKong, 龍景軒でミシュラン3つ星の味を味わう。(1)


[' Lung King Heen ' at Four Seasons Hotel]

そういえば、ミシュラン3つ星を獲得した’龍景軒’の記事を忘れていた。(;^_^A

ペニンシュラのAfternoon Teaの記事を書いていたときに、’ Lung King Heen ‘の記事をすっ飛ばしていたことに気付いた。(笑)

香港には、既に紹介したLMOのAMBER(ミシュラン2つ星)と龍景軒’ Lung King Heen ‘(ミシュラン3つ星)がある。
※ミシュラン1つ星があるかは不明。(2つ星以上は上記の2つ)

ワタシの趣味は’ 食べ歩き ‘故、当然行かないわけはない。(笑)
まずはHotelからの紹介だ。

Four Seasons Hotel…

いきなり夜の写真になってしまっているが、龍景軒(Lung King Heen/ランキンヒンもしくはロンゲンヒン)はフォーシーズンズホテルにある。
2009年、2010年と2年連続でミシュラン3つ星を獲得していることでも有名だ。

初めて訪れる人の為に、もう少し補足しておくと…

場所は香港島中環金融街に位置する。
MTRエアポート・エクスプレス・ラインの香港駅(E出口)目の前だ。
また「中環セントラル駅」(A出口)から歩いても10分かからないだろう。
Four Seasons Hotelに宿泊するには空港からの便もひじょうによいだろうな。

とはいえ、空港から龍景軒に直行する人は少ないと思うので、やはり既に記述の通り香港での移動はTaxiが速くて便利だ。
1点の問題点を除いてな…(笑)
———————
11/11/05追記:
読者の皆さんは既に承知のことだと思うが、当ブログアクセス解析ソフトでは「香港」関連のKeywordで当ブログにたどり着く方も多い。
また、同時に関連した記事を掲載したブログも見ることができるのだが、その中で面白いものを見つけた。
それは、香港のtaxi事情…

ワタシが書いたような内容よりも、更に酷いケースもあった。
香港という場所は大好きなのだが、どうもKiss国人という奴らは品がなくて好かんな。
参考にして欲しい。

[香港観光旅行ガイド「香港ナビ」より]
http://www.hongkongnavi.com/miru/1/remark/26055

———————

ハナシは戻り、
上の写真左がifcビル、そして右がFour Seasons Hotel HongKongだ。
この写真は丁度ビクトリアハーバー側の民光街(↓)辺りからの撮影だ。

さてさて、Hotelを見つけ正面エントランスから入るとこのような(↓)ロビーになる。

正面に(対岸には)The Ritz Carlton Hotel HongKongがそびえ立ち、現時点で世界で最も高いところにあるHotelとなっています。
世界で最も高いビルの中にあるHotelはArmani Hotel Dubaiですがホテルの階層は低い位置ですからね。

Ritzには近いうちに訪れたいと思っています。
実は宿泊する部屋ももう決まっているのだ。(笑)
(予約はしてないケド…)

さて龍景軒への行き方ですが、エントランスを入りすぐ右手のエレベーター(↓)からアクセスできます。

レストランは4階に位置します。
エレベーターを降りると右手に龍景軒があるのです。

龍景軒’ Lung King Heen ‘…

ワタシの勝手な想像ですけど…、金色の模様がつくガラスの壁はたぶんフカヒレをイメージしてるんじゃないかなぁ?って思いました。
全く見当違いとしても、美しいデザインかと思います。

更には目の前はビクトリアハーバーですから眺めも素敵です。
香港島側にあるので、世界1の夜景を眺めながら料理を頂くことは叶いませんが、それでも素敵な夜景を眺めながら美味しい料理を頂くことができるのです。
ミシュラン3つ星というのはこういうハード面や環境も大きく採点に加わっていますよね。

LMOのAMBERはフレンチというジャンルが異なるので正確に比較は難しいと思いますが、味については龍景軒にまったくひけをとりません。
個人的に中華よりフレンチの方が好きなので、AMBERの方が私の中ではやや勝利デス。
ただ、ホテルからの眺めが最悪(笑)なだけです。
もう、こればっかりは仕方ないですね。
でも、スタッフの対応は心がこもっていて最高でしたよ。

さてさて、龍景軒についてスコシ薀蓄を述べさせて頂くと…

龍景軒は既に述べたように2009年のミシュランガイドの3つ星を獲得し、一気にその存在を世界に知らしめたと言われています。
料理に使う食材は極めて新鮮なものにこだわり、伝統的且つ上品な広東料理を楽しむことができるということで話題になりました。
料理はまた次回詳細を記しますが、盛り付けやアイキャッチにも深くこだわっているのがわかります。
どの雑誌、本にも世界中から訪れるアジア最高峰の’味’が堪能できるところとして書かれていますね。
そして、ご存知の通り2010年も同じく3つ星を獲得したわけです。

ただ、今回ワタシはいつもの’ Chef’s Tasting Menu ‘(シェフのお任せ料理8品)をお願いしたのですが、折角ここまで来ているので’完全なお任せ料理’を堪能してみたかったですね。
費用はそれなりになってしまうかと思いますが、そう頻繁に来れるところでもないので、たまには予算10万をMaxでお願いしても面白いかもしれません。
悲しいことに中華の場合は10万で予算をとっても足らない…ってケースが多くありますよね。
ほんっと、カナシイ…
ここら辺が限界ですね。(ρ_;)

次回訪問するときは、アメックスのコンシェルジュさんにそのようなオーダーが可能か相談してみたいと思います。

さて、予約した時間になりフロントに名前を告げると、予め(強く)リクエストしておいた窓側の席にバッチリ案内してくれました。
その席がこちら(↓)です。

手前(写真左のテーブル)は、家族で予約をしていた方たちのTableで、その奥のグラスがぽつんと1つ置かれているの席がワタシの予約席でした。(笑)

この写真からは全体像がわからないかと思いますけど、アメックスが頑張ってくれたんだということが一目瞭然の席です。
海外Life Style ServiceのMs. Ta○○○○さん、いつも有り難うございます。m(__)m

そうそう、AMBERでもワタシのブログの為にレストラン側にMenuのコピーを用意し、帰る際私に手渡すようにと話を通して下さっていたことにもとても感動でした。
ワタシのこのブログもAmexあってのことなので、感謝感謝デス。

さて、席からの眺めはというと…

まだまだおこちゃまですから、まずはソフトドリンクから始めさせていただきました。(笑)
こうして、このような素敵な雰囲気の中ミシュラン3つ星の中華料理が始まったわけです。

続く…(笑)

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい


Trackback URL

  1. kirara
    2011 年 10 月 28 日 23:59 | #1

    こんばんは~ お写真キレイで感激してます♪
    龍景軒にも行かれたのですね♪
    すごく美味しいですよね~ さすが3ツ星☆
    こちらのテーブル、kirara達が座った席と同じかもしれません・・・
    眼前にハーバービューが広がり、リッツカールトンの建物が見れますよねv(⌒▽⌒*)
    素敵な席でラッキーでしたが、来月はどんな席になることやら(-c-;
    お料理レポ、すごく楽しみにしてますね♪(⌒▽⌒)ノ

  2. Yuzo
    2011 年 10 月 31 日 14:04 | #2

    Kiraraさま、ようこそお越しくださいました。m(__)m

    モチロン龍景軒にも行ってきましたよ。
    今回座ったテーブル同じでしたか(笑)、確かに目の前にRitzとビクトリアハーバーでした。
    私も香港スグにでもいきたいのですが、行けず…本当に羨ましいです。
    アフタヌーン情報やホテル情報是非色々と教えて下さい。
    とても楽しみにしています。
    さてさて、龍景軒の記事ですが本日更新しますので、楽しみにしていてください。m(__)m

  3. Mccayde
    2011 年 11 月 2 日 04:13 | #3

    I rlelay couldn’t ask for more from this article.

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)