#08-6. 世界7ツ星ホテル ’Burj Al Arab’ で素敵な滞在を楽しむ(3)…


[private pool by the sea...]

 今回は、Burj Al Arab1階のBab Al Yanで朝食を楽しませて頂きました。

 Bab Al Yamのとなりには、private poolがあり、ここで料理も泳ぐことも楽しむことができる。

 

 ’Bab Al Yam’はインターナショナルバイキングのレストラン。

 この他にも’Junsui(純粋)’でも朝食をとることが出来、’Junsui’はアジアンバイキングのようだ。

 

 
 朝からガツガツと食べることはできないので、軽くパンとサラダを食べに行く程度で利用させてもらった。

 

 

 ’Bab Al Yam’には10時過ぎ頃利用させてもらったのだが、3~4名の女性たちがpoolで楽しんでいた。
 アラビア湾の海を含めた素晴らしい眺め+αを楽しみながら、食事にありついたわけだ。

 

 

Grand Floor ‘Bab Al Yam’…

 ’Bab Al Yam’とprivate poolは写真の通り隣接しており、食事も泳ぎも眺めも同時に楽しむことができる。

 
 店内で食事を楽しむこともできれば、この写真(↓)のようにOutside Tableでも楽しめる。

 

 朝食はG階の’Bab Al Yam’あるいはGM階の’Junsui’を選択することが可能。
 私は朝食をとらないときもあったが、Bab Al Yamをいつも利用させてもらった。

 

 
 Bab Al Yamに行くには、エレベーターで’G’ Floorを指定する。
 レストランの前には受付があり名前を告げると席まで案内をしてくれた。

 

 

 エレベーターを降り奥に進むとふたつ入り口がある。
 ※正確にいうと1つは外に続く出口とも言う。(笑)

 
 写真(↑)正面の自動ドアは屋外 & Private Pool に続き、右のドアはBab Al Yamへの入り口。

 既にレストランを多く利用している人もいたので、店内全体の写真は撮れなかったがなんとなく雰囲気がわかりそうな写真がこれ(↓)。

 

 

 Bab Al Yamに案内されるときに、’inside(店内の席)’か’outside(外の席)’のどちらがよいか聞かれる。
 私は複数回利用したので、両方とも体験させてもらったわけだ。

 

 写真の通り、内と外の境界はガラスで区切られているため、太陽の溢れる光が店内にとても多く取り込まれる。

 雰囲気は最高だ。

 

 さぁ、ここ’Bab Al Yam’での朝食はどうだったのでしょうか?

 

 

Breakfast at ‘Bab Al Yam’…

 

 朝食は、ちゃんととることができるのだが、私は朝基本的に食べないのでパンとサラダをお願いした。

 オレンジジュースは屋外のバーカウンターで、オーダーを受けてからフレッシュジュースとして搾ったものを提供してくれる。
 ツブツブいっぱいのフレッシュ・オレンジジュースだ。

 

 ここ(↑)がBar カウンター…

 夜は夜で素敵な雰囲気とお酒を楽しむことが出来るゾ!!

  

 

 これに加え、サラダを数種類複数日にわたって頂いたわけだ。

 

 まあ現物だが、イメージとしては、こんな感じ。

 ワタシが頂いたサラダはというと…

 

 

 アボガド&チーズサラダ…

 

 

 チキンサラダ…

 チキンにアクセントを加えてくれたスパイスがマジ最高~!!!
 うまうまって感じだ。

 

 

 このツナサラダも美味しかったなぁ。

 

 更にこんなものも注文してみた。(笑)

 

 生牡蠣…(笑)
 私はドバイ宝くじ同様当たることはありませんでしたが、やはり海外の生ものは色々な意味で心配だ。

 だってさ、色が怪しいんだもん。

 写真は柚子とドレッシングを掛けているので、美味しそうに見える。(笑)

 

 まぁ、味は良かったですよ!
 すべてにおいて量がすっごく多かったですけど(笑)。

 

 

 これらに加え、ちょこちょこ写っているパンの食べ放題だから正直食べきれん。

 

 毎朝、’Bab Al Yam’で朝食だったからスタッフもすぐ覚えてくれて、毎朝楽しい会話を添えながらチャージすることができたわけだ。

 

 ただ、当然のコトながらスタッフは毎日毎日私がサラダしか食べていないので…

  「なぜサラダしか食べないの?」

 と、度々聞かれていたように思う。(笑)

 別にケチってたわけじゃないゾ!
 Σ( ̄□ ̄;)チーン…

 

 

 でもさっ、笑っちまうのがこのサラダくん達の値段だ。

 若干サラダの種類によって差があるのだが、1皿いくらだと思う?

 

 なんと、140Dhs(140AED)…

 

 日本円にしてサービス料込みでおよそ4200円(爆)

 Σ( ̄□ ̄;)そぉ~なのぉ~

 

 なっ!笑っちまうだろ。(笑)

 

 私は、調子に乗ってフレッシュ・オレンジジュースも頼んでいる。

 さあ、このオレンジジュースはというと…

 

 じゃじゃ~ん、1杯40Dhs(40AED)…(爆)

 

 日本円で1杯約1200円だ。

 

 調子に乗って、オレンジジュースを4杯も飲んだので、オレンジジュースで5000円っつうことだ。(笑)

 

 

 さら~に、

 度々登場しているミネラルウォーターくん(コイツ↓)。(笑)

 値段がはっきり覚えていないのだが、確か1本(750ml)で1500円から2000円くらいだったと思う。(爆)

 なっ、なっ、笑えるやろ(笑)(笑)

 

 Burj Al Arabってこんなところ。

 面白くて、毎日ミネラルウォーターを2本かフレッシュ・オレンジジュースを3~4杯飲んできた。(笑)

 

 一応、証拠(↓)を残してきたので見て欲しい。

 クリックして拡大表示しても見難いかもしれないが、紛れもない事実だ。
 是非、Burj Al Arabに宿泊の際は、こういった馬鹿げた価格帯も楽しんで欲しい。(笑)

 

 因みに、チェックを依頼すると写真のようなものを用意してくれ、一番下にルームNo,とSignatureを書くわけだが、書いたら書いたでとっとと持っていき、明細(控え)など一切くれんからな、注意が必要だ。(笑)

 記録を残したければ、今回のようにカメラで収めておくのがエエな。

 

 この日の会計は、写真からすると440Dhsとなっているので日本円で約13000円だ。(爆)

 

 こんな楽しい日常をここバージュでは堪能することができる。

 さらにさらに笑えるお話があるゾ。

 

 ミネラル・ウォーターだが、Dinnerで ‘Al Mahara’を利用したときのこと。

 

 私は下戸でアルコールは飲まないのでフルコースをミネラルウォーターのみで楽しんできたのだが、同じボトルの水で夜になるとなんと1本4000円に変わる。(爆)(爆)

 

 そのこと知らずに3本も飲んじまったので、水だけで1万円を超えたわけだ。
 むしろWineでも頼んどいたほうが安かったんじゃないの?って感じだね!

 (^_^)∠※PAN!

 

 

Warblings to me…

 

 さぁ、帰ろっか…
 と、言うときにテーブル席に近づいてくるゲスト(↑)がいた。
 (●´ω`●)かわい~

 

 Outside Tableならではのサプライズだね。

 サラダやジュースの値段に対するサプライズではなく、こういった可愛らしいサプライズは大歓迎だ。(笑)

 

 

 

 そうそう、Dubaiの水事情について良い機会なので少し触れるとSouq(スーク)などではふつ~に自動販売機で500mlのペットボトルが売られている。

 では、ここ砂漠の国ドバイの自販機における500mlペットボトルの値段はいくらになるのでしょうか?

 

 答えは、下の写真(↓)に隠されています。(笑)

 

 なっ、なんと1Dhs(約27円)でした。

 しかも、ここ数日更新を続けている史上最高値を更新している円高($1=79円)であれば、1本約21円。(爆)
 ワタシが日本を発つときのレートが、1Dhs=27円でした。
 いや~、今の円高はホント異常だよな。

 みんな絶対海外逃亡すべきだよ。(笑)
 いますぐにな。 

 

 ね、ドバイって笑えるでしょ。

 

 

One Bed Room DX Suite 2F…

 ’Bab Al Yam’の朝食のハナシに盛り上がりすぎて、すっかり掲載順序を間違ってしまったワタシ…(笑)

 素晴らしいメゾネットタイプ・Suite Roomの2階を紹介だ。

 

 ベッドルーム…

 天井の鏡は何のために必要なの?って思ってしまう。(笑)

 

 

 ターンダウンを済ませると、ベッドの上にはチョコが置かれている。

 
 確か毎日違うものじゃなかったかな?

 

 

 んでもって、ワタシ(↓)…

 ちっこく載せてみました。(笑)
 

  

 なんか、今回の記事は(笑)とか(爆)を連発しているように思う。(笑)

 まぁ、そんだけ驚きたくさんって訳ね、ここドバイはさ。

 

 

 そして、バスルーム…

 泡がボコボコでてくるジャグジー…

 

 と、シャワールーム(↓)も

 2階の部屋全体の写真は上手く撮れていなかったので、先日紹介した’Tomoさんのブログ‘の写真が上手に撮れているので是非そちらを参考にしてください。
(リンクの許可はちゃんととっていますよ)(^-^)v

 

 

 アメニティーとして用意されていたエルメスの「石鹸」「香水」…

 ボディーシャンプー(シャワージェル)、シャンプー、トリートメントは”ケリー・カレーシュ”を使っていました。

 

 香水なんて、フルボトルで”どぉ~ん”て置かれているのでびっくりしましたけどね。
 まあ、ワタシからすればサラダやミネラルウォーターの値段のほうが驚いたけど(笑)。

 

 

 まぁ、いろいろと予想以上の現実に驚くここバージュの宿泊でした。

 まだまだドバイの記事は尽きることなく続きます。(笑)

 

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。

 
 また、記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)