#08-12. Dubai Desert Conservation Reserveでデザート・サファリを楽しむ(1)…


[Dubai Desert Conservation Reserve]

ドバイの楽しみ方のひとつとしてオプショナルツアーがあり、そのひとつに「デザートサファリ」がある。
360度見渡す限り砂漠の中で、夕日が沈む素晴らしい一瞬を体験することができた。

Desert Safari…

ドバイに来たら一度は体験したいアトラクションの「デザート・サファリ」…
他の国でも同じなのかも知れないが、砂漠の中をランドクルーザーでダイナミックに駆け抜けるというとても恐ろしい体験ができる。

絶叫マシンというか、ジェットコースターが”大”好きであれば歓迎すべき内容であろうが、そうでない人(ワタシ含む)はもう勘弁してくれっていうものだった。

(ρ_;)

JTB等のパッケージツアーで参加しているのであれば、オプショナル・ツアーとして簡単に申込ができるとは思うが、個人で航空券やホテルを手配する人は大変かもしれん。

そういう点でもAmex Platinum Concierge Deskは本当に助かるな。

年会費10万なんて絶対に安いもんだ。
だってよ、今回の旅のように毎回毎回完全に自分好みのフルオーダーメイド・トリップが楽しめるのはConcierge Deskのお陰だからな。

しかも、先日招待の来たCathay PacificのMarco Polo Club Membershipのインビもいきなりくるし、しかもGoldから始められるんだからよ。
まあ、俺にとってはあんま関係ないっていえばそうなんだが、実はそれなりにワタシでも利用する価値の高いコトを見つけちまった。(笑)

まあ、どんな内容かは追ってこのブログで紹介していこう!

デザート・サファリ始まる…

指定された時間にBurj Al Arabのエントランスにいくと、Arabian Adventuresのスタッフが待っていてくれる。
ここからは完全にフルアテンドだ。

陽気なスタッフで、車内はいつでもノリノリ。(笑)

まぁ、こういう雰囲気も悪くない。

Burj Al Arabからの参加は他におらず、車は別のホテルに進み、参加者を4名ほどpick upする。
終始、英語で一部どころか半分くらいは理解できなかったが、雰囲気でわかるんだよな。

こういう空気を読むとこから英会話が上達していくんだろうよ、きっと。
はやく「FirstClassで行く世界1周チケット」が欲しいな。
西回りか東回りかを決め、どのルートでどの国を訪問するのかを決め、様々な文化と世界観を楽しむ。
こういう過程を経れば、俺の英会話力も更なる向上を遂げるであろうな、きっと。

おっと、また話しがそれちまったゼ!

上の写真は、Dubai Desert Conservation Reserveに入り、10分ほどだろうか車を進めたところの休憩場所での1枚。
デザートサファリは1台で動くわけでなく、10~20台くらいのグループを作り、体験するようだ。
まぁ、そりゃそうだよな。
1台で行ってトラブルでも起きれば命に関わるからな。
それが最善だ。

ここでは、らくだに乗る体験(Camel Ride)が楽しめる。

まぁ、ほとんど乗ってる人はいなかったが。(笑)
みんな一生懸命写真を撮ってた。(ので、ワタシも)

でもよ、見て欲しいよこの写真(↓)…

なんか、中年のおっさんのケツそっくりだゼ。(笑)(笑)

ミョーにリアルなんだけどよ、ケツがたるんどる。
俺のみたいに「ぷりっ」てして欲しいよな。(笑)
まぁ、ブログで掲載し、それを証明するわけにもいかんが…

こうしてラクダと戯れるのもオモロイかもしれん。
でもよ、しってっか?
ラクダって口になんかしてるだろ、これとるとすっげ笑えるんだよ。

以前、ブログで紹介した’ともさんのブログ‘に載ってんだけどよ超カワイイんだよな。(笑)(笑)
「へぇ~、らくだってこんな顔してんだ」ってみんな思うよ。

是非クリックし、「らくださんのマスクをとったら・・・」のトコロをみて欲しい。(笑)

しばし時間が経過し、恐らくはこの日の全ての参加者がこの場に集まったのであろう。
この時、全体で20台前後の車があったんじゃないか…
もの凄い数の参加者だ。

今回のツアーでワタシが一番期待していたのが、「砂漠の中に沈む太陽の写真を撮りたい」ということ。
様々な場所で夕日を目にしてきたが、未だかつて砂漠に沈む夕日は見たことがないからな。
いつか「白夜」と「極夜」も体験してみたいと思っている。

写真(左)は、砂漠の中を車で走りぬけるために、あえてタイヤの空気圧を下げている様子。
普通のままだと、タイヤが空回りがしやすくなり、砂にはまってしまうとのこと。
より楽しく遊ぶには、それなりの遊び方があるっつうことだ。

そして、車に乗り込むとこれもまたEmiratesブランドのミネラルウォーターが分けられた。

車に乗り込み、いざ旅が始まる。

車内から見た外の様子はこんな感じだ。

がっ、実際はそんな甘いもんじゃないぞ!!
マジ死ぬかと思った。
(ρ_;)

(より楽しむためにわざとなんだが、)運転がめちゃくちゃなのよ。

アップダウンの激しさというか、脳が完全に揺さぶられちまうだろうな。
オレはダメ…こういうの。
マジ勘弁してって思った。
食事後にこの体験に参加していたら、確実に車内で即「ぶふぁ~(吐き出す音)」だろうよ。
オレはよ、酔い止めのクスリをしっかりと飲んで準備していたにも関わらず、そんなの誤差レベルの運転で酷い目にあった。(笑)

まあ、言葉では、そして写真ではわからんと思うので、しっかりと動画も撮っておいたのでそれを見て欲しい。

全体の流れで言うと、今回映像で紹介できたトコはまぁ’絶叫レベル’「中の上」くらいの感じかな。
だってよ、なんだかんだ言ってちゃんと撮影できているくらいだからな。
映像を見ているだけで、乗り物酔いで気持ち悪くなってくるから弱い人は見ないほうがいいかもしれんぞ。(笑)

助手席に座っていたアメリカ人の女性は泣いていたからな。
かわいそうに…

そういうレベルだ。

まぁ、こんなワタシは好まない体験を潜り抜けると素晴らしい景色が待ってくれるというわけだ。

どんな感じかというと、下の写真のようなものを見ることができる。

なかなか拝める景色じゃねーゾ。
結構どころかかなりの感動もんだよ。

おまけでもう1枚…

なっ、すごいだろ。
ほんとは、もっと素敵な写真が撮れたんだけどよ、それは次回までの出し惜しみだ。(笑)

今回は、この辺でおしまい。

次回の記事は後編として、「砂漠の砂」について。
さらに「砂漠に沈む夕日(写真&動画)」、夕日が沈むのを見届けた後の「夜の楽しみ(砂漠での’ディナー’at Al SAHARA)」を紹介していきたい。

おまけで、Arabian Adventuresの情報(申込先等)も明記しておくことにしよう。
是非、機会があれば楽しんでほしい。

[お知らせ]

画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。
記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい。


Trackback URL

  1. Rayann
    2011 年 9 月 9 日 09:53 | #1

    I feel so much happeir now I understand all this. Thanks!

  2. とも
    2011 年 10 月 21 日 23:19 | #2

    ちょっと前の記事になってしまいますが・・・
    サファリの感想、私も激しく同意です!
    私もジェットコースター系が全くダメなので、ほんっとうにイヤでした。
    まさかこんなに落下するとは思わず・・・、ただただ耐えるのみでした・・・。
    はぁ~、やだやだ!

    そして、このラクダちゃんのお尻、かわいすぎます!!
    正座みたいになっているし、また、何匹も連なっていて・・・(笑)
    これで、垂れてなくて、Yuzoさんみたいにプリプリだったら、
    逆にかわいくないですよ~!(笑)
    顔は、たぶん、私の乗ったのだけ、あんな顔だったんだと思いますょ。
    検索したら、もっと普通の顔のラクダが多かったです(笑)

  3. Yuzo
    2011 年 10 月 22 日 02:02 | #3

    ともさんのアップしたラクダ…
    ほんとにかわいいくらいの出っ歯でしたよね、Plus下唇のデカさ(笑)(笑)
    人間でも出っ歯やたらこくちびるはいますけど、動物の世界でもあるんですね。
    正座姿も笑えるし。

    ハナシは変わりますが、デザートサファリですけどワタシには正直大分きつかったです。
    TDLのスプラッシュマウンテンですらやばいですから。
    激しく揺れる車を眺めるだけの車もあってほしいと思いました。

    純粋にサンセットを見る為に砂漠を通過するツアーだと勘違いすると大間違い。(ρ_;)
    偶然このブログを訪れてくれた方で、デザートサファリを考えている人は注意して欲しいです。

    ともさん、いつもご訪問有り難うございます。

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)