March.2018 amex free-stay-giftで「Prince Hotel Nagoya Sky Tower」に宿泊..(1)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_122

 名古屋出張を絡め、amex FSGの期限が迫っていたので折角だから泊まってきた。

 

 

 

 FSG(Free stay gift) という特典が年会費のupと引き換えに導入されたわけだが、過去にたった一度だけ利用したことがある。
  ※追記: 2度だった。(笑)

 具体的な場所やホテル名を出してしまうと迷惑をかけてしまうことになるので流石に控えるが、その時は「もう二度とこんなサービスは利用するまい」「どうでもいい最悪な特典だ」ということしか思えんかった。
 年会費の値上げ分を補う?誤魔化す?為の追加特典なため、当然80㎡前後の広い部屋には泊まれないんだろうなと薄々感づいてはいたが、まぁ正直期待してはあかんと思ったのも事実。

 

 FSGでどんな部屋となるのだろうか.. 一応Amex Platinum Cardの特典だし、いままでいい経験ばかりをしてきた故その時だけはその延長で捉えていた。

 某ホテルにチェックインし、アサインを受け、案内をしてもらう。
 チェックイン時に、「和」と「洋」を併せ持つ素敵な部屋ですよ!何て言われワクワクして入るのだが..

 入った瞬間凍りついた。(笑)

 Σ( ̄□ ̄;)ち~ん

 

 確かにその2つを併せ持っていたのは間違いない。

 風呂は檜だかブナだか忘れたが、そんな感じのものであったが..
 所々にカビが生えてたり、汚かったりで「追加料金を払ってでも部屋を変えるしかない(ρ_;)」とガチで思ったからな。

 まぁ、あんなこんなでその後ずっと利用しない状態が続くのだが、昨年10月に「プリンスホテル名古屋スカイタワー」がオープンし、よいうわさも多く聞こえてきたりするもんだから、そこがamex FSG(Free stay gift)の対象ホテルと聞いたとき嬉しくなったのも正直ある。

 

 もう3年も前になるのだが、引っ越しをした。
 新居から新幹線の改札まで歩いて10分で着くほどのナカナカの立地。
 故に、名古屋なんぞ泊まる必要のない距離で、新幹線に乗ればびゅ~ん!と移動し、駅から歩いて帰れば十分なんだが..

 今回は期待が大きかった。
 故に予約を取った。(笑)

 

 

 

 結論はよ、新しいホテルだけあってすんごくよかった!
 是非、みんなもここは利用してほしい!

 そう自信をもってお勧めできるホテルだった。
 その時の記事を紹介したい。

 

 

 商業ビルの一部にホテルが組み込まれているだけあって、入口等々に初めての人は少々迷うかもしれないがすべてがよかった。

 入口はもう少し豪華にしてもよいのかな?
 と思うところでもあったが、全然大丈夫!
 あとでびっくらこくでな。(笑)

 

 とりあえず入り口の入口の写真..(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_124

 

 この手前が..

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_123

 こんな感じで、「まっ、こんな感じかな?」と高を括っていた。

 

 でも、ホテルフロントが30Fだか31Fにあるんだが..
 そこまで来るとほんと驚いた。

 

 2枚上の写真を過ぎると、こんな空間が広がる。(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_106

 2枚上の写真は上の写真の奥にある自動ドアの向こう側から撮影したもの..

 この辺からなんかいい雰囲気のアゲアゲ気分が始まる。(笑)

 

 エレベーターで上がり、フロント階で降りると..(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_108

 こんな感じ(↑)
 写真右端がエレベーターの出入口..
 順路?(フロント)は写真後方へと行ったその先にある。

 

 

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_109

 なかなかどころかかなり雰囲気がいいのさ。
 こういう感じの好きで.. ドストライク的な印象を持ったわけだ。

 上の写真右手がエレベーターホール。
 撮影者後方がフロントデスクとなる。

 

 30m程だろうか..
 この場所から先に足を運ぶと吹き抜けのおっきな空間が広がる。(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_103

 

 エレベーターホールからずっと先に進んできて、まず目にするのがこの雰囲気..(↑)

 写真手前が待合スペース?
 右手にフロントがあるので込んでいる時や代表者が手続きしている時にここで待っている人が多い感じかな。

 

 

 フロントはというと..(↓)

 Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_105

 写真中央より右側がそう..

 

 ここのゾーンのこと何と呼ぶかわからないが、なかなか素敵なホテルだなって思った。

  夜中の3時頃、誰もいなくなった時分にちょっと散歩してきたわけだが、その時別の角度から写真も撮った。
 それがコレ..(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_113

 iPhoneのカメラで撮ったんできれいに撮れなかったが、雰囲気だけでも伝わればいいやって感じで採用。(笑)
 上の写真右がフロント..

 奥はラウンジスペース的な形で用意されているが、誰も利用していなかった。

 下の写真は、そのラウンジスペース?のようなところから撮影..(↓)

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_112

 上はCanon Power Shot G9Xで撮影、下はSim Free iPhone6 plus(超広角レンズ付)で撮影..

Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_127

 

 上の写真中央に、ひな壇が飾られておった。
 結婚もしとらん故、自宅にこういうものを飾ることはこの先もないんだろうな(笑)と頭によぎったが、それでもいいもんだと写真を撮っておいた。(笑)

 Prince-Hotel_NagoyaSkyTower_120

 画像加工アプリを使ってもっと脚長にできないもんかね。(笑)
 (ρ_;)まぁ、ムリか..

 と自問自答..

 

  こうやって産まれちまったもんはそれを受け入れるしかないな。(笑)
 まぁ、こういうヤツでもいいと言ってくれる人を見つけて結婚出来ればいいなと思っとる。

 よろしくだ。
 ( ̄^ ̄)ゞ

 

 次回の記事では部屋を中心に紹介しようと思う。
 ここからの夜景.. 特に「天空」からの夜景はほんと素晴らしかったのでそれを紹介しようと思う。

 

 

 

  あとよ、いっこだけ脱線させてもらおうと思う。(笑)

 最後にチョイと最近自分の周りで起きているコトについて少々触れてみたいと思う。

 関係ない読者はドつまらん内容なので読まなくていいぞ。
 あくまで勝手なぼやきだからな。
 ある人の残念さというか、悲しい考え方や行動について一部の関係者に届けたくて書くことにした。

 ご堪忍!

 

 

 その人とは出会ってもう大分経つのではなかろうか..

 その人は生まれも育ちも一部の限られた(選ばれた人たちの集まる)世界のようなところで生きてきた人なんだが、それなりに長く関わってきて(一応先輩[=年上]にあたるんでその人と書くが)「人への悪口を言うことが日常..」でな。

 悲しい人だなと思えてきた。

 

 「生まれ」や「育ち」も多分フツーではないようなのだが、だからと言って人を傷つけることを平気で言ってよいとは俺は思わんし、正直幾度か俺も迷惑被った事実もある。

 その時に「俺には○○(=ある人)レベルとは違うVIPの飲みがあるのよ!」と言っておった。
 ちなみにど~でもよいことだが、俺は更に下のレベルらしい。(笑)

 そういえば、2/24だったかな..
 地元の年商1兆円を超える企業の副社長になかなか高いシャンパンをご馳走してもらったんだが.. ということはその人はクソ!ということってことだな。
 俺と一緒に飲むくらいなわけだから。

 その時の写真..(↓)

IMG_6258

 この人をVIPと言わないんだったら誰を言うんだ?と思えるくらいの人..
 ずっと年上なんだが、周囲に柔らかい空気感を持ったかなりお気に入りの人。

 だから、今度本人にあの人がそう言っていたとしっかりとチクっておこう。(笑)
 (;^_^A

 

 

 話は戻るが、言いたいことはわかるんだが、結局ディスりたいだけ?って思える。
 仕事柄正直全く接点もないので、俺は気遣ったりする必要もないし今では正直関りを持っていないからいいと言えばいいのだが。

 読者の一部にその関係者がいるんでな。
 ここで俺個人の正直な考えを述べ、それを読んで意思を固めるところに繋がれば今後よい展開につながると思う故、書くことにした。

 

 昨今、色んな人がいるわけだが..

 その人はな、ある人たちを標的に常に傷つけることを言い続けているのが悲しいな。

 いや、関わっている人全てなのかもしれん。
 以前話をしていた時に「俺は陰で悪口は言わんし、言ったとしても堂々と本人の目の前でいう」と言っておったが、それは明らかに間違いだと思うな。

 少なくとも俺は陰でも言っているようにしか聞こえんし、本人が目の前にいれば悪口を言ってもよいという概念はない。

 

 

 まぁ、あるFをしている一部の人を特にディスるわけだが..

 どうなんだろうか、自分が同じようにもしされたら.. 或いはされていると知ったら本人はどう思うんだろうかね?
 自分がしても自分はされないとでも思っているんだろうか..
 それはそれで辛いな..

 運よくこのブログをみて、自分を顧み改めてくれると有難いんだが

 今していることは「明らかに憂い足ることにありそれがまかり通ることではなく、間違いだ」とわかってほしい。
 直接会って伝えたくはないんだが、そこまでしなくてはいけないのかね?
 辛いな..

 

 俺にはどうしてそこまで人を馬鹿にできるのかが正直わからん。(笑)

 確かにFはよいことではないが、十分周りから忠告やアドバイスも受けているだろうし、十分それでよくないか?と思うな。
 (まぁ、言いたいことはそれだけじゃないことは重々承知しているが..)
 この先、もしかしたら法的に結審を受け慰謝料を払うことになるのかもしれん。
 でも、それであっても叶えたい「思い」ってことだろう。
 俺はまず自分の結婚の方が先だが(笑)、(決してそれを許せる認められる行為とまでは断言しないしできないが)俺が勝手に思うに恐らくは慰謝料を払ってでも一緒になりたいってことなんだろう。
 相手も含め、今後しっかりと話し合って3者が満足いく結果となってほしいな。
 相手を含めみんなを応援したい。

 俺が言えるのはそこまでだ。

 あとさ、多分だけどよ生まれも育ちもよい人だからそういう自分の行いを戒めてくれる人は今までいなかったんだろうな。

 ある意味残念に思えるよ。
 雑草のごとき俺が何か言ったところで聞く耳持ちそうにないと思うしな。

 

 

 実は、その人には大親友がいるのさ。
 その人は以前、年商ウン百億の企業を経営していてな..

 色々あって数々の法を犯してしまったようだ。

 でも、その大親友はそれ以前にその人の人生を大きく変えるほどの窮地に陥ったとき、白馬の騎士の如く現れ、守ってくれたと聞いた。
 その感動の秘話も俺は聞いている..

 法を犯した人とは言え、内容が内容なだけに俺は正直深く感動したくらいだ。
 執行猶予付きだったかもしれないが、もうずっと前のことなので、既にお務めも済ませ一般社会に戻っているに違いない。

 法を犯したことは到底よいことではないが、大親友は仲間を思う素晴らしい人なんだろうとオモウぞ。
 

 

 でもよ、もしその大親友を目の前でボロクソに言うヤツがいたもんなら..
 自分がしていることをそっくりそのまま同じようにオウム返しのようにされていたとしたら、果たしてその人はどう思うんだろうか..
 大親友も自分もいない場所で、飲み屋や食事をしている時もそのネタを出し貶めるかの如く弄り馬鹿にする。

 
 仮にそれが後でばれたところで「なぁに、エスタブリッシュなジョークだよ。事実を詳細に語っているだけで嘘はついておらん。だから、怒るほどのことではないな‼」って返されたらたぶん怒り心頭・怒髪天を衝くんじゃないかね。(笑)

 
 だってよ、「されたこと」「言われたこと」に怒るかどうかは「言った人間」が決めることではないからな。
 そもそもその時点で間違っていると思う。

 こういったことも分からん様じゃ本当に悲しい人なんだろうよ。

 そうでないことを心から祈る

 

 

 この問題がこの先どうなっていくかわからんが、よい展開に進むことを期待したい。
 少なくとも俺はそういう行為行動判断基準は微塵もよいとは思えんし、今までは冒頭に述べたように世の中色々な人がいるわけだしある程度は容認しようとは思っていたが、今後は少なくともそれをよしとはできんとはっきりと意思表示しとくゾ!

 みんなはこういうのに対してどう思うのだろうね?
 俺は、悲しい人だなって思えるかな..

 

 直接面と向かって伝えてあげれる日がいつか来たらいいと思う。

 自分がしていることを正しいと思い込むのではなく、自分のしたことを自分の大切な人に置き換えたときにそれをどう感じるかで考えれる人間であるべきだと思うな。
 俺はよ..

 以前はその人もこのブログを読んでいたようだが、1年以上更新しなかったでな。(笑)
 もうやめたと思っとるかもしれん。

 今後も仕事で一切絡むことのない全くの異業種の人間同士だからこそ、まして大切にしたい先輩と思えたからこそそういうことをちゃんと伝えてあげることが自分の責任なのかなと思っている。

 

 

 以上だ。


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)