#08-18. Burj Al Arabヘリポート発着でドバイ都心周遊を楽しむ(3)…


[チャーターヘリからの1枚 ‘ Jumeirah Islands ‘]

 この写真をみて「ぱっ!」と何かわかったらかなりのドバイ通だね!

 ここはThe Palm Islands(Palm Jumeirah、The Palm Jebel Ali、The Palm Deiraの3つ)同様、ドバイが力を入れているランドマークのひとつ。
 あまりにも大きすぎて、遠目+広角レンズでも枠に収めきれないほどの規模だ。

 Jumeirah Islandsとは、巨大な人口湖の中に50のクラスター[人口湖]群(内、46島が住宅用)を作りだし、2006年に完成、高級住宅街として売り出している。

 まるで葡萄のように連なる姿は興味をそそるが、円形のクラスター(人工島)1つに15~16の邸宅(ヴィラ)が設けられ、地中海風のというかドバイ風の高級住宅が立ち並んでいる。

 

 中には、ゴルフ場みたいの?(多分チガウトオモウケド…)もありここも贅を尽くしたひとつに違いない。

 1邸1邸にプライベートガーデンやプールも備わっているということもウリのひとつのようだ。

 


 

 ふつうにガイドブックに頼った旅をしているとこういうコトへの出会いは皆無だからな、こういうのはホント楽しいよ。

 でも30万40万あれば近~中距離のBusiness ClassかFirst Classに2~3往復できるからな。
 いま、アジアでイチバンホットなSingaporeや捨て難い台湾等ミニマムトリップとしてはなかなか楽しめるところも多くある。
 香港を拠点とするフラッグキャリアのCathay Pacificを利用することで、旅も一層素晴らしいものになるに違いない。
 香港発の多くはFirst Classがあるので併せて楽しむことができる。
 仮にBusiness ClassであってもFirst Classであっても、金額は驚くほど低く設定されているので積極的に使っていきたい。

   
 まぁ、そういうその他の選択肢を考えると1hourのチャーターにそこそこ多くの金額をpayするのは、正直難しい選択と言えばムズカシイかもしれん。
 まぁ、それぞれに良さがあるってわけだな。
 
 ニンゲンと同じだね。

 

 ただ、一度ビジネスクラスやファーストクラスに乗ってしまうと(シゴトとして割り切らない限り)エコノミーには戻れんってよく聞くからな。
 実際、こうしてヘリフライトを体験し、それをコースも含めオーダーできるようになると確かにやめられんものがあるな。

 正直、そう思うよ。

 

 

 さてJumeirah Islandsを通り過ぎ、いよいよドバイ都心に向かう。
 ドバイ都心でのリクエストは「世界一高いビルであるBurj Khalifaを見下ろす」である。

 

 

 ドバイでは、まだまだこういった開発途中のものが多くこのように放射状に広がる都市図を描いたものもあった。
 ヘリの高度はおよそ600m~800mって言ってたから、Burj KhalifaのAt the Top以上からの眺めになるってことか。

 写真の丁度中心のところには何が出来るのだろうか?
 ここも高級住宅地となるのか、あるいは…

 と、想像してしまうな。(笑)

 

 更に、

 サーキット場らしきものも作られていた。

 撮影は、もう1年も前のことだから既に完成しているんだろうな。
 ドバイは年々表情を変えるしな、まったくスゴイ都市だよここは。

 

 フライトコースのリクエストに入れたのが、「Raffles Hotel Dubai上空を飛びたい」だ。

 Raffles Hotel DubaiはAmexのFHR指定のホテルでもあり、とても素晴らしいホテルだ。
 なんでそんなことがわかるのかっていうとな、今年泊まってきたからな。(笑)(笑)

 アップグレードっていうのもあるが、めちゃくちゃ広い部屋だった。

 Burj Al Arabと同じくらいか150㎡くらいはあったんじゃないかな?
 しかも1フロアで。(笑)
 素晴らしく良かったぞ!!

 

 写真中央のピラミッドのような建物がそのRaffles Hotel Dubaiだ。

 ホテル自体をピラミッドを模して作られている通り、そのあたりはかなり本格的だったぞ。
 今年宿泊した時に撮った写真をちょっとだけ交えて紹介すると…

 

 エントランスはこんな感じで本格的な壁画が描かれている。

 2年前、そして3年前に新型インフルやサーズとかで実はエジプト訪問が実現できなかったんです。
 (ρ_;)

 近いうちに行きたいんだけど、エジプトがあんな状態になってしまったこともあり…
 今はRaffles Dubaiで心を満たし充電中ってことだな。(笑)

 

 あと、部屋の入り口横や部屋からスコシ離れたトコロにも…

 こんなデッカイ像が置かれている。(笑)
 因みに左右の扉はモチロン本物。

 実際に、人はここから出入りする。

 

 まぁ、こういった素晴らしいものがRaffles Hotel Dubaiにはたくさんあった。
 ここら辺でもスゴイって感じると思うんだが、実はこれよりももっと迫力のあるものが…

 

 それは、また今年のドバイ編の記事で紹介していきたいと思う。(笑)

 

 そして、いよいよヘリはBurj Khalifaにぐんぐん近づいていくわけだ。

 やはりこうしてみても、Burj Khalifaは高いな…

 他を一切寄せ付けない高貴たる何かがあるようにも感じる。
 (まぁ、考えすぎだな(笑))

 

 次回は、念願の ‘ The World ‘上空をメインに、そしてBurj Al Arabヘリポートに帰還だ。

 

 つづく。(笑)

 

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。

 
 記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

 また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい。 

 


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)