#00-4. Cathay Pacific: The Marco Polo Club “GOLD member”への招待状(前編)…


[The Marco Polo Club ' Gold Member Ship ' & One World ' Sapphire Status ' Invitaion...]

 今回嬉しい知らせが私の下に届いた。

 

 中身は、タイトルにもあるようにキャセイパシフィック航空のロイヤリティプログラム「ザ・マルコポーロクラブ」ゴールド会員に招待する旨が書かれた文書だった。
 これがプラチナ会員全員に配ってるのか、チョイスされ郵送されているのか疑問に思い、コンシェルジュデスクに問い合わせをしてみたところ「プラチナ会員の皆様ではなく、プラチナの一部の会員様にお送りしています」だと…

 まぁ、ラッキーだったっつうことか。
 基準はよ~わからんが、折角招待してくれるっていうんだから図々しいワタシは言葉に甘えてしまおう。(笑)

 

 でもよ、Platinumカードの上のステータスであるセンチュリオンカード会員の場合は、更に一味違うぞ!
 Centurion Member=Marco Polo Clubの ‘Diamond’ ステータスが無条件で(インビが送付された会員に対し)自動付帯となるようだ。

 やってくれるゼ!
 アメックスはよ。

 まあ、このオレにセンチュリオンのインビがくるとは思えんが、来たらまぁ十分楽しませてもらうとしよう。(笑)
 

 

 さて、ハナシは戻るが、Cathay Pacific航空はHong Kongを拠点にアジア全域をメインとし、世界迄網羅した素晴らしい航空会社だ。

 今年のGWもキャセイ・ビジネスクラスを利用した香港への旅を1週間ほど楽しんできた。
 まだ「香港編」は連載中だが、(機材は古く残念だったが、)私好みの質の高いサービスを提供してくれ、且つ香港でもLandmark Mandarin Oriental、そしてPeninsula Hong Kong の素晴らしい滞在が楽しめた故、今後年に2~3回のペースで遊びに行きたい場となった。

 

 いや~…それはそうだが、”Emitares: Airbus A380-800 Private Suite Classの旅”がほんとうに間近となった。
 Korea, Dubai, Maldivesの3カ国を訪問するこの旅では、Suite Class & First Classを十分に楽しんでくるとしよう。

 実は、来年の”Emitares: Airbus A380-800 Private Suite Classの旅”では、韓国・ドバイ、そして”イタリアのミラノ”が決定だ。
 1年も先の話となるのだが、ヨーロッパへのEmirates Suite & First Class の「続編」として期待して欲しい。

 まして、この超円高がワタシを海外に誘っているようだ。(笑)
 飛行機の予約は、11ヶ月前より行っているため、今年の10月にはしっかりと予約で押さえておこう!! 

 

The Marco Polo Club…

 ハナシは、キャセイマルコポーロクラブのインビテーションに戻るのだが、今回の封筒には上のような細長いパンフとアメックスからの手紙が添えられていた。

 

 

 アメックスからの手紙を要約するとこんな感じになる。
 冒頭は、アメックスプラチナ会員をキャセイパシフィック航空のマルコポーロ・ゴールド会員にお迎えしたいという挨拶文だな。
 キャセイ・マルコポーロクラブのステータスであるゴールド会員というのは(「ダイヤモンド」「ゴールド」「シルバー」「グリーン」)の上から2番目に位置しそれなりの扱いが受けれるようだ。

 まあ、大雑把に言うと以下のようになる。

 

 

 

  ・ビジネスクラスラウンジが無料で利用可能となる(同伴者1名迄可)
  ・One World アライアンスのサファイヤステータス(上から2番目)も併せて取得が可能、その特典も楽しむことができる。
  ・専用クラブにて24時間受付のフライト予約が可能
  ・座席保障(72時間前迄/エコノミークラスだけど…)
  ・優先チェックイン及び優先搭乗ができる。(ビジネスクラスカウンターでのチェックイン)
  ・特別手荷物許容量(受託手荷物は+15kg、機内へは総重量10kg迄持込が可能)
  ・預けた荷物にはPriorityがつき優先した受け取りが可能。
  ・香港国際空港のArrival Lounge「ザ・アライバル」が利用可能
  ・香港ドラゴン航空のラウンジが利用可能
  ・ロンドン、フランクフルトの到着ラウンジにて、シャワーやビュッフェが利用できる。

  まあ、大雑把に言うとこんなところか。
  上記に加え、

  Cathay Pacific航空の「Business Class」の航空券がアメックス特別レートで購入できる。

 
  また、知人に聞くとエコノミーからビジネスクラスへ。ビジネスクラスからファーストクラスへ予約状況に応じてチェックイン時もしくはその後にクラスのアップグレードしてくれることもあるようだ。但し、その知人が言うには、予約を多く確保することによって起きるオーバーブッキング時や申込クラスの混雑状況に応じて、且つ上のクラスが空いていた場合に座席のアップグレード(あるいはinvoluntary upgrade)をしてくれるのではないかと言っていた。

 ここからは絶対とは言い切れないが、Cathay Pacific航空はJAL・ANAのようにアップグレードポイントやチケットを毎年会員に発行するといったものではなく、「空気を飛ばすよりは客を飛ばせ」という方針に則り、多く予約を受け入れ、かぶったときにマルコポーロクラブのメンバーをステータスやクラスに応じてアップグレードしているように感じる。

 また、偶然かもしれないが搭乗クラスのアップグレードは日本から香港へは経験がなく、香港から日本の便で起きているようだ。
 日本発の便でアップグレードを受けた人がいれば、是非情報を頂きたいものだ。

 

 まあ、香港→日本限定?っつうのは笑えるけど、ある意味キャセイらしい素晴らしい待遇だな。
 

 有り難う!  AMEX!!
 感謝だ!  Cathay Pacific!! 

 

 でも、深~く考えるとビジネスクラスかファーストをほぼ全てで利用している私にとっては必ず都度付帯するサービスなので微妙といえば微妙だ。

 そ~だな、あえてあげるとすればビジネスクラスを設けていない国内路線における”優先搭乗”や荷物の”優先受け取り”。
 同上路線の乗り継ぎ時にもラウンジが利用できるってくらいだろうか…

 まぁ、新千歳経由で’北海道(各地)’に行くときや今年行った鹿児島経由での’屋久島’。那覇空港経由’石垣島’に行くときなどに恩恵を受けることができるのかもしれんな。

 おっと、海外にいるときにも割り当てられたラウンジが気に入らんかったときに、One World Statusで利用できるラウンジに移るってこともできるな。
 やはり海外に移動して広く恩恵を受けるっつうコトになるんだろう。

 とはいえ、国内で且つ職場にベッタリと張り付いてなんぼのシゴトをしている私にとっては来年も維持しておきたいステータスだ。
 なるべく、One World加盟の航空会社を意識して使ってみることにするかな。(笑)

  

 丁度、ワタシの専任コンシェルジュよりスターアライアンス系の「First Class 世界一周航空券」の資料も届いたことだし、検討しなければあかんな。

 ただ、今回のキャセイのことを考えるとスターアライアンスではなく、「One World系の世界一周航空券」に方針転換しなければならないので、申し訳ないが「One World系列での世界一周チケット」の資料の入手もお願いします。

 m(__)m

 

 

[お知らせ]

 画像はクリックすると拡大表示されます。画像右半分をクリックすると次の画像へ、左半分をクリックすると戻ります。
 画像も併せてお楽しみ頂けると嬉しく思います。

 
 記事右側のサイドバー「Contents」(Respect Linkの上)より、過去に掲載した記事一覧(目次)が利用できるようになりました。
 一覧で表示されるので、ストーリー毎に見つけやすく、お求めの記事にそのままジャンプできます。

 また、ブログトップ画像下の「私の体験した素敵な世界に・・・」の文字をクリックすると目次ページ(Contents)にアクセスできるようになっています。お好みに応じてご利用下さい。 

 


Trackback URL

  1. Ahmed Trainer
    2012 年 1 月 4 日 22:29 | #1

    I do love the manner in which you have framed this challenge plus it really does present us some fodder for thought. Nevertheless, through just what I have witnessed, I simply hope as the responses stack on that individuals keep on issue and not get started on a soap box regarding the news du jour. Anyway, thank you for this fantastic point and while I do not agree with the idea in totality, I regard your standpoint.

  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)