#12-24. Oyster Bar Singapore.. イイカモ

Oyster Bar.Singapore_02

 LeVeL33でオイシイ地ビールと肉を楽しみ次はMarina Bay Areaイチ高い場所に向かいます。

 

 

 

 が..、今日は久しぶりに脱線から。(笑)

 ダイブ前の話になるのだが、過日ぴじょさんと「銀行での応接室に連行..」の話でちっとだけ盛り上がった?のを思い出した。
 モチロン、ワタシがぴじょさんと等しい扱いを受けているかどうかはハナハナ疑問だが..(笑)
 まぁ簡単にいうと「たまに銀行に顔出すと強制連行される」っていうオハナシのこと。

 「犯人(ホシ)確保~!」っていうほどのものではないが、その後世間一般的にはオウセツシツって呼ばれているところに連行され軟禁..
 5分10分世間話をした後にイロイロなお得情報(案内)を強制的に聞かされるという流れだ。(笑)
 その時間の間に.. というか最優先対応として銀行に来た目的がソッコーバックグラウンドで実行されているわけなので俺としては何も問題はないわけだが..
 お茶をすすりつつ旅行の話が盛り上がってきたころに.. 

 「コンコン!」とドアをノックする音が..

 通帳や書類など一式がトレイ?のようなものに乗っけられ手元に戻ってくる。
 来行(→確保≒軟禁状態開始)からものの5分程度で私の目的はソッコー終了となるわけだ。
 その間の相手は私の旅ネタを興味深く喰いつくように聞いてくれるのだが、本心かどうかはわからん。(笑)
 私の話が終わった後は今度はコッチのハナシに入るゾ!と言わんばかりの暫しの我慢タイムなのかもしれない..

 

 っていうか、そもそも「何で俺?」「過去に融資の取引(実績)があるわけでもないし、融資の相談をしたこともない..」「一応事業用に口座を複数個開設しているだけ」そして、「俺より預金している人は世の中にごまんといる」から俺は対象外じゃね?(笑)
 ってかつては思ったんだけどな。
 もう面倒だから考えんようにしたわけだ。
 (;^_^A
 
 でもここ10年くらいはネットバンキングというか銀行に行かずとも事務所から金銭の入出金ができるようになったことからそもそも銀行に行くことがなくなった。
 だから、そういうデキゴトもまったくと言ってよいほど無くなったわけだ。(笑)
 (;^_^A

 

 ところで何でそんな話になったのかというとな、2日前某〇〇銀行の支店長が突然ウチ(=職場)にやってきた。(爆)
 「俺のクルマがある」=「俺がいる」という図式が成り立ったからだと思うのだが..
 まぁ、事前に連絡(アポ)もなかったことなので正直ちと驚いたわけだ。(笑)

 

 

 支店長でなくてもそうかと思うのだが、今回はまた色々な資料を事前に用意してきたのが笑えた。

 半沢直樹がもっていたようなカバンの中には、ウチの名義でつくられた口座上のすべての金の流れが細かく記されたものもあってな..(笑)
 その流れをpick upした期間こそ聞くのを忘れたが、今日は狙ってきたな..とスグわかるものだった。
 

 オイオイ全部わかっちゃってるわけね。(笑)
 その上で今日来てるわけか.. とな。
 (;^_^A

 

 どこをメインバンクにするかはともかく、まぁこういうこともあるんで複数の銀行とお付き合いし「見えない部分を意図的に作っておく」ということもやはり大切だね。(笑)
 仮に融資を受けるとするならば、複数の銀行間で最も優遇金利を出してきたところでお願いをすればイイワケデ..

 でもまぁ、芋づる式に身ぐるみはがされた上での取り調べみたいなものだからよ、久しぶりにちっとだけプレッシャーを感じたな。(笑)

 

 

 んで、用件はというと..

 

 「事業の更なる拡大をお考えではありませんか?..」とな。(笑)
 さらに、「(俺の些細な一言から)事業地移転のオハナシに迄話が広がった。」

 話を聞いているとホント銀行ってスゴイな。
 30分程度のハナシのなかで「(銀行で)新天地(移転先)の物件の候補を探しておきます‼‼‼」だって。(笑)
 向こうは、「土地買って、そこに新しく箱建てて..」を望んでいるようだがな。
 でも、俺は賃貸物件を強調しておいた。(笑)

 とはいえ、流石万屋..
 改めてネットワークの強さというか、(当たり前のことなんだが)扱う情報量の多さに感心する。
 繁栄の裏に銀行の陰あり.. ってやつだ。
 でも、基本ウチ借り入れはしないけどね..

 

 とまぁ、こんな話が最近あったわけだ。
 この時期このタイミングでそういう話をもちかけてくるわけだから世の中の景気が良くなっているかその傾向が本物になってきたか.. という判断なのだろうか?
 ウチはまだこんなもんじゃ景気がイイとは言えないけどね。
 (;^_^A

 でもさ、支店長がチョクにこういう話を持ち掛けてくるときって、貸出金利はかなり優遇されているんだよな。
 場合によっては支店長枠/支店長決済ってのもある。
 思わず借りたくなくても借りたくなっちゃうかもしれないと感じてしまうほどにな。(笑)

 今回訪問してくれた支店長は融資をなかなか渋ることで有名な銀行..
 まぁ、一昔前の公定歩合で利率を決めていた時代と違って今は銀行独自に定める自由金利だからね。
 その辺もあの強気の発言につながるのだろうな。

 

 っていうのが2日間のハナシ..

 んで、それに続きがあるわけだ。
 この話の翌日.. 〇〇支店長は早速候補物件を1つ持ってきた。
 何人体制で動いているのかわからんが、あまりにも早すぎる行動だ。
 というか、オイオイ銀行の支店長がこんな規模?の小さなシゴトしてちゃいかんやろ。(笑)
 ってツッコミ入れたかったわけだが、あまりにも動きが早くてかなり笑えた。

 

 更にな、新しいマンションの件も調べてあったのには笑えた。

 恐るべし銀行..
 いや~.. 今後は電子記録が残らんように「現金」で処理せなあかんかもな。
 どこにどんな情報が流れるかわかったもんじゃないからな。(笑)

 お~、あと1つ心配なんで質問をしてみた。
 「貴行の行員であればすべてのひとが残高とか取引履歴とか見れちゃうの?」ってね。
 そしたらよ、「お客様の情報はすべて端末から詳細に渡り入力されていますから、どの支店からでも検索をかければ名前が表示されます。そこからは基本該当する部署の権限をもつ行員しか見ることはできませんが、今回の場合は担当部署に連絡し情報をだすように伝えています..」とな。

 まぁ、ざっくりいうとそんな感じなんだが..

 恐らくアクセス権限っていうのがあるんだろうな..
 んで、その権限によって開示できる情報の種類と幅が異なるってところか..
 
 俺の記録が簡単に照会されているっていうのだけでなく、マンションの情報も芋つる式に簡単に引っ張ってこれるところから判断するとチョイと近いうちにある程度は動かしておかなければならんかもな。(笑)

 この話はまた続きがあればupしよう。
 d( ̄  ̄)

 
 

 

 さて、本題に戻るとするか。(笑)

 LeVeL33での個人的な満足度は正直かなり高かった。
 ビールも口当たりがよく、「あ~.. またここ来よっと(。´ω`。)」と思えるものでした。

 できるならば毎度の1人旅じゃなくて誰かと来たいもんだ。
 一緒にSQ Suitesで飛んでくれる人いないかね?(笑)
 よし!掛かりつけのセンセイにお願いしよう!
 ( ̄^ ̄)ゞセンセイ、イカガデスカ?

 

 

 さて、次の目的地は1-Altitude..
 ここMarina Bay Areaの中で最も高いビルの屋上にあるBarデス..

 1-Altitudeの位置とLeVeL33からの移動コースはというと..(↓)

map

 画像左上(1-Altitude)が今回の目的地..
 昼間の下見では20分ほどで移動が可能だった。

 茶色の扇はいつものphoto spotです。
 扇の幅は掲載写真の幅になります。

 

 まずは1枚目..

Marina Bay_Sin.2014_05

 この角度の夜景も気に入っています。
 本当にMarina Bay Sandsはシンガポールのランドマークとして不動です。

 

 そして、今回紹介したいお店はOyster Bar Singapore..(↓)

Oyster Bar.Singapore_01

Oyster Bar.Singapore_02

 店内も見せていただきましたが、なかなか雰囲気いいです。

 

Oyster Bar.Singapore_03 Oyster Bar.Singapore_04

 ここも、次回寄ってみようと考えているお店です。
 ( ̄^ ̄)ゞ
 

 でも、次って.. いつ来れるんだろう..(笑)

 

 

 さぁ、とりあえずOne FullertonとMerlionに向かいましょう!

 途中..
 この素晴らしい夜景をバックにチューしているカップルがいました。(↓)
 d( ̄  ̄)

Marina Bay_Sin.2014_07

 イイコトデス!

 

 冒頭の脱線が長引いたので、今日はこの辺にしておこうかな..
 では、また近いうちに!
 m(__)m


Trackback URL

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

*は、必須項目です。

(実名の必要はありません)
(公開されません)